訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年06月22日

開幕第2戦

落とせない一戦、オーダーを組み替えての戦い。
相手は昨年度年間優勝決定戦を戦ったチームだった。

1回表1点を先制される。
2回にも追加点。
4回さらに1点。
ここでピッチャーを変える。
これまでうちは、チャンスが1回。
2回裏の1死1、2塁。
後続が立たれ0点。
5回にも1点を追加され0-4。
最終回2死ランナー無しから10番DHがねばって四球で出る。
1番、よく選んで四球。
2番、死球。
突然の相手投手の乱れで2死満塁。
3番バッターが3-2から振り逃げ。
きわどいタイミングで1塁を駆け抜けるが
ボールの方が一瞬速い。
しかし送球がそれファーストの足が離れた。
コーチスボックスにいた私にはそれがはっきり見えた。
ところが、二人制の審判で満塁のため内野の審判は1、2塁間にいた。
その位置からの角度ではファーストの足が離れたことが見えない。
「アウト」の判定。
一瞬私は審判を見て
足が離れたジェスチャーをした。
審判の方は
「そうなのか?」
というような表情を見せた。
しかしそのまま試合終了。

キャプテンは、
「監督抗議しないんですか?」
私は首を振った。
そして試合後アンパイアの所へ行って確認をした。
「さっきの判定、内野の審判から足が離れたのが見えない角度でした。
 こんな場合はアンパイアに抗議してもいいのでしょうか?」

アンパイアの方は言った。
「監督の気持ちはわかります。(アンパイアもセーフだと認めていた)
 しかし、内野の審判が下した判定を
 私が覆すわけにはいかんのですよ」

「そうですよね、わかりました。ありがとうございます。」
と言って私はベンチに戻った。

こういう場合、ローカルルールを作るのが望ましい。
きちんと見えるところの審判の判定を優先すると。
予算の都合で2人なんだからしょうがない。

しかし…開幕の連敗は痛い。
リーグ戦の優勝は完全に遠のいた。

posted by scarecrow at 22:59| Comment(0) | 塾長の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

高橋尚子ロード その後

1月下旬のことだった。

私の大好きな「尚子ロード」の距離表示が消えていた。
日本女子陸上界で最初の金メダルを取った
高橋尚子の名前を冠したジョギングロードにおいて
他府県からのジョガーも走るのにまずいのではないかと


そして結果がこれ。
0.jpg500.jpg

1000.jpg1500.jpg

2000.jpg2500.jpg

塾生のお父さんが、表示が新たにできたことを教えてくれた。
これまでは、忠節橋を過ぎて2つ目の花壇が2.5kmだったが
測りなおすと、少し手前が折り返し地点だったようだ。
上右写真の2500mの表示と、その向こうに見える
花壇の往復の距離だけ長かったんだな。

納得です。
と言うのも、2kmから3kmのタイムがいつも
ほかの所より時間がかかっていた。
だからこの間は少し距離が長いと思っていた。

距離がきちんと表示され気持ちがよい。
Mさん市役所のWさん、ありがとう!

尚子ロードでジョギングをお楽しみの方、
距離表示が復活し、正しい場所に訂正されました!

posted by scarecrow at 18:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月19日

紫陽花

6月最初から待っていた。
2週間前にあさ日中友好庭園まで歩いた。
その時はまだツボミだった。

いっぺんに咲いたな。
なんて表現すればよいのだろう。
梅雨の季節の紫陽花って、本当にきれい。
雨上がりに葉っぱの上をカタツムリが這う姿は
ユーモラスで、何やらほんわかしてくる。

アジサイ1.jpg

アジサイ2.jpg

今年は何十年ぶりかに奈良の矢田寺に行きたかった。
関西では「紫陽花」で有名なお寺。
ところが武漢ウィルスのおかげで
今年は入山できなくなった。
残念である。

3アジサイ.jpg
四季折々の日本の美しさ。
雨の合間のほっとするひと時。
posted by scarecrow at 21:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

コーチ研修会2020夏

本年第一回の研修会。

前半のコーチたちのお題は
「塾長・事務長が交通事故で3か月入院したら
 コーチたちだけで同塾を運営するか」

研修会2.jpg

いきなりのお題で、各自戸惑う。
最古参橋本コーチの
「とりあえず、1週間の期間を乗り越える
 という方向で考えて」
の提案で、具体的なことが決まっていく。
最終ホワイトボードが埋まる。


後半は私の
「コーチング初級編 傾聴と質問」
研修会1.jpg

コーチとは何ぞや?から始まった。
そして初級知識編当たりのレベルのコーチング研修。
まずは傾聴の三要素。
私の体験を話した後、2人ペアを組んでのセッション。
そして質問の作り方。
未来&プラスゾーンの質問。

あっという間の3時間。

コーチの成長なくして生徒の成長はない。
そう思ってこの13年間、コーチング中心の
コーチ研修をやってきた。
卒業していったコーチたちの評判の上々。
私のコーチングは役に立つといってもらえる。
今回も橋本コーチが
「医者もコーチングが必要なんです!」

次回は秋です。
posted by scarecrow at 20:55| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

どうにかならんかこの国?

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父、滋さんが亡くなった。


23年前、自宅近くで拉致された。
まともな国なら、何としてでも救出に向かうだろう。
ところがこの国は何もできない。

つらかっただろう、悔しかっただろう。
北朝鮮に、娘が、この国の国民が拉致されているのが
わかっていても何もしてくれない祖国が。

長男が滋氏と酒を飲んでいた時
「金正日をぼこぼこにしてやりたい」
といったそうな。
それに対して滋氏は
「それだけじゃあすまない」
と返したとか。

その気持ち、子を持つ親なら誰しもが思うであろう。

いつぞや殺人事件(幼い子供が殺された)のニュースを
TVで見ていた時、事務長は言った。
「私、うちの子が殺されたら、犯人を殺すと思う。
 そのあと私はどうなってもいい。絶対に許さない」

それが自分の腹を痛めて産んだ子供を思う
母親の本当の気持ちであろう。

アメリカによって作られた憲法は化石のごとく存在する。
先進諸国では、時代によって憲法を改正するのが当たりまえ。
9条…これがために何もできない。

私にとっては改憲だの護憲だのどうでもよい。
他国にによって作られた憲法を後生大事にしないで
自分たちの手で創憲することが望ましい。

現行の憲法下では、武装した相手に対して
自分から先に発砲することができない。
武装地帯で、相手に銃を向けるということは
どういうことを意味するのかは言うまでのこともない。
自分でなくとも、たとえ仲間に向けて相手が銃を向けて、
まさに発砲しようとしていても助けることができない。

相手が銃を乱射してきたとしよう。
それに応じて迎撃したとして、
相手の中に民間人が何かの間違いで紛れていて
民間人に流れ弾が当たったとしたら…
普通の国ならば、現地で軍法会議が行われ
いたしかたのないことで無罪放免となる。
しかし現憲法下では、国内に帰国し
その地方で殺人罪で裁かれる。
この場合、絶対に無罪にはならない。
自分の命、同僚の命を守って有罪になるって…ありえない。

こんな憲法下で、政府の言う非武装地帯
現実ではそうではない地域に自衛隊は派遣されている。
結婚している方で、奥様の気持ちを思うと
私はやるせなくなってしまう。

現実を見れば、もはや9条は絶対に変えるべきであろう。
今の世界では、外交は「力」なくしてできない。
「武」の圧力があってこそ成り立っているのが現実。

しかい護憲派の識者は言うだろう。
「あなたの子供が戦地へ行くかもしれないんですよ!
 それでいいんですか?」
日本国から他国を侵略することはあり得ない。
他国から侵略されないための軍事力なのである。

フィリピンを見ればよい。
アメリカが撤退した後、そしてオバマが
「アメリは世界の警察ではない」
とコメントした後、南沙諸島(ミスチーフ礁)はどうなったか。
中国に占領され、今や軍事基地化している。
国連海洋法条約に基づくオランダ・ハーグの仲裁裁判所
フィリピンの領海であり、国際法違反である、との判決が出ても
国連常任理事国である中国は全く無視している。
(国連ルールを無視する国が常任理事国だって、ブラックジョークか?)
中国は尖閣諸島を、そして沖縄まで自国の領土であると言っている。
そして我が物顔で領海侵犯を繰り返している。

日本人の手による「日本国憲法」…かなわぬ夢なんだろうな。
私たちの代ではそうかもしれないが
子供の、孫の代では自立した日本国になってほしいと切に願う。

posted by scarecrow at 22:03| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

開幕戦

武漢ウィルスの影響で、3月29日の開幕戦が
やっと昨日岐阜市民球場で行われた。

いつもなら開会式でプラカードを持って入場。
今年は開会式がないのと、試合前のチームの挨拶もない。
少し寂しい試合前である。
相手は昨年4位のチーム。
連覇を狙うわがチームとしては絶対に負けられない。
初戦は昨年とほぼ変わりのない打順、守備位置で対戦した。

1回表、うちのエースが撃ち込まれ5点を取られる。
その裏ワンアウト2,3塁のチャンス。
ここで2点入れば…。
4番三振、5番ライトフライでチャンスがつぶれる。
その後3点を追加され、万事休す。

私が監督になって、初めての1回もサインを出さない試合だった。

相手はすでに何回か試合をしていた。
それに対してうちは今シーズン初の試合。
う〜ん、言い訳はやめておこう。
2週間後の第2戦は、昨年2位のチーム。
これ落とせば今季のリーグ優勝は消える。

昨年度のうちの個人成績を見直して
各自が今まで以上のパフォーマンスを発揮できる
守備位置と打順を考えるのが私の仕事。
過去にとらわれず、少し変えようかな。

posted by scarecrow at 14:02| Comment(0) | 塾長の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

ネット上の誹謗中傷

某女子プロレスラーが自殺したとか。
ここのところネット上の誹謗中傷が多々あるとか。

私のブログのアクセスは0時を過ぎると多くなる。
夜中に見に来る方々って?
そう塾関係者であろうと推測される。

9年も前のこと、このようなコメントをもらった。

「中小零細塾は、すぐにコロコロ内容を変える。
 だから一貫性がない。
 大手のようにしっかりとしたものがないからだろう。
 だから小さな塾はだめなんだ」

実際はもう少し長くて、嫌みな言い方だったな。
投稿の時刻は夜中、内容から推測するに、
大手塾の、比較的若い教師のように感じた。

私はコメントでは返さなかった。
すぐにブログでそのコメントに対する私の考えを書いた
彼に対しての返事のブログだったのである。
特に最後の「虎屋」の社長の言葉は present for him.

さあ、これにどうコメントを返してくる?
私はワクワクして彼のコメントを待った。
しかし彼からのコメントは以降なかった。

私は思う。
コメントするなら、特に批判を言いたいのなら
自分の名前を書いてこい!
返信を受ける度胸がないのだったら、はなから書かなきゃいい。
要するに卑怯者だよな。
自分の姿をはっきりとさせず、暗闇から攻撃しているようなもの。
相手に対して、正々堂々正面からぶつかれないのだから。

ネット社会ではこういう輩が増えたのかな?

posted by scarecrow at 09:30| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

次亜塩素酸水報道

ここのところニュースやワイド賞に結構露出。
しかし、バッシングの嵐である。

学志舎でも3月から机の消毒と、
加湿器による噴霧で使用している。

今回の取り上げ方に、私は違和感を感じた。
一方的に悪役にされているような感じ。

病院や老人施設などで以前から使われている。
パナソニックは次亜塩素酸専用機器
「ジアイーノ」
を販売している。
f_mv4100_main.jpg

これなんか30万前後する。
それでも飛ぶように売れたらしい。
その影響で健康を害したというニュースを聞いたことがない。
私も、4年前から「放課後等デイサービス」の事業所で
手指や物の消毒用と、所内の噴霧に使っているが、
気分を悪くしたり、何か問題が起こったことがない。
ある歯科医のHPより。

NITEを見ると中間発表時点で「有効性は確認されていない」という書き方。
京都女子大の名誉教授、山形大学の天羽准教授が反対派。
北海道大学玉城名誉教授は実験の結果、有効性(コロナウィルスが不活化)が認められ
食品の洗浄、手洗いなどで有効としている。

そのほか岡山大学の実験でも効果を認めている。
さて、不思議なことに京都女子大、山形大学のお二方は
実験の結果として発表してない。
反対派の教授の見解は報道しても。
肯定派の意見をマスコミはほとんど流さない。

また次亜水の噴霧についてマスコミではWHOの見解をもって
危険としている。

WHOの見解
「COVID-19(注:新型コロナウイルス)について、
 噴霧や燻蒸(くんじょう)による環境表面への消毒剤の
 日常的な使用は推奨されない」
さらに、
「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。
 これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、
 感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」

う〜ん、消毒剤とはいっても次亜水と言ってないな〜。

ふと思う。
この異様なバッシングで利するものは誰?
アルコール製造業者?
このままでは、安全で安価な次亜塩素酸水に
とってかわられ、売り上げが落ちてしまう。

誰かが何かをしたいとき、ほかの権威を借りて物を言わす。

安倍政権での2度の消費増税を思い起こせば...

財務官僚は200〜300人規模で
政治家、大学教授、その他の識者などに
プライマリーバランス黒字化のために
消費増税は絶対に必要と洗脳して歩いた。

「国民一人当たり800万円の謝金を抱えている。」
「このまま負の遺産を未来へ残すわけにはいかない。」

TVで新聞でウソの大合唱。
経団連の会長まで言い出す始末。
白のものを何回も言えば黒に思えてしまう。

一回言った輩は自分の言葉を否定できない。
特に社会的に高い立場の方は変な矜持を持っているのであろう。
昨年MMT理論で有名なNY州立大学のケルトン教授が来日して
京都でシンポジウムを開いた。
財務省の言うウソがはっきりと明らかになった。
しかし、やはり一回言った自説(洗脳された)を曲げない。

東大名誉教授の吉川洋氏などはその筆頭である。
緊縮財政(プライマリーバランス黒字化)の必要性を説く
財務省のお抱え教授?
吉川洋.jpg

元内閣官房参の京大教授藤井聡氏とのTV論戦では
藤井聡.png
ぐうの音も出ないほど叩きのめされるが
(当たり前である。正しい理論の前にウソは通用しない)
東京のキー局ではすべてカットされるらしい。
財務省にとっては都合の悪いことだから。
プライマリーバランス黒字化のために
消費増税が必要と、嘘八百を言って
国民を欺くやつらにとってはウソがばれてしまうから。

またIMF(交際通貨基金)が日本のプライマリーバランスに言及し
消費税を上げろ!なんて、
IMFにいる財務省出向者が、さもIMFの見解のように言ってるだけである。
従わないと国際的信用が落ちてしまうと、財務省は政治家に言わせる。
嘘まみれで国民を貧困に陥れる財務省に、日々怒り心頭なのである(笑)

このような事実から、今回のバッシングの裏に
何かありはしないかと思うのは下種の勘繰りであろうか?


posted by scarecrow at 16:25| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

雀のヒナ

10時ごろの事だった。
事務所で仕事をしていて、宅急便が来た。
外へ出て荷物を受け取る。
ふと、なんだか雀の鳴き声がするぞ?

塾の南側の駐車場に立つ。
ん?
雀のヒナがうずくまっている。
見上げると、親鳥であろう、心配そうに(まさか)
下を見ながら鳴いている。
親スズメ.jpg
よくよく見ると塾の建物の梁の隙間から
白い鳥の糞が垂れた跡が…雀の巣があった。

巣.jpg
ここから誤って落ちたんだろうな。
5〜6メートルも上にある巣へはとても戻してやれない。
このまま放っておくと、野良猫かカラスの餌食になるので
とりあえずヒナを段ボールに入れて事務所へ。

子スズメ.jpg

インターネットで調べる。

雀のヒナを育てるには練り餌が必要だとか。
巣の中では何匹かのヒナが寄り添っているので
暖かくしてやらねば死んでしまうとか。
「そうか」
と外の日が当たる場所へ置く。
しかし、成鳥になるまでに死ぬ方が多いとか。

そこで市役所に電話してみる。
市には担当の部署がないので県に訪ねてみてください。

県庁に電話をする。
何課だったか忘れたが、電話をつないでもらう。
そこで言われたのが

野鳥なのでどうしようもない。
近くの草むらに逃がしてやってください
としか言いようがないんです。

そうなんだろうな。
でも、生きたヒナを見たからには
放っておくわけにはいかない。

事務長に話しをする。
飼うしかないのかな?
半分覚悟をした。

事務所に戻って塾の入り口から外を見た。
北側の道の前方になんと梯子を積んだ赤い車が
マンホールのふたを開けてホースを突っ込んでいる。
「もしかして救世主になってくれるのか?」
外に出て隊員の人に話しかける。
そして切り出す。
「あの梯子って使えないですよね。実は・・・」
と事情を話す。

隊員の方はそれには触れないで
保健所に電話をしてくれた。
結果は・・・県庁と同じ回答。
隊員の方にお礼を言って家に入る。

頭の中にひらめいた。
実は8時半から、2年前に家の改装をしてもらった業者に、
豪雨の後膨らんだ3Fの家の壁を見てもらったのだ。
社長に電話をする。
「忙しいときにすまんな。長い梯子って持ってないか?」
「え〜と、どのくらいですか?」
「6メートルもあればいいやろう」
「あります、どうされました?」
ここでも事情を説明する。
すると
「12時半ごろだったら行けますが」

そして12時半過ぎに社長がトラックに梯子を積んできてくれた。

巣に向かって2段の梯子を伸ばしていく。
「山田さん、僕が上るんですかね」
「ん〜、俺は高所恐怖症やからな」
事務長が来る。
「中村君、忙しいのにごめんね」
彼は事務長の高校時代の同級生、で
私の大学の後輩でもある。

「万が一のことがあった時のために遺言言っときましょうか?」
「もう、私が上る!」
といって事務長すたすた梯子を上った。
事務長.jpg

そして巣にヒナをかえす。
私と彼はお互い目を見合わす。

朝からの騒動はこれにて終了。

ちなみに彼は、仕事は丁寧、人格良し。
職人さんもみな良い人たちだった。
彼は商学部でありながら、卒業後1級建築士の資格を取った。
「大学受験よりも必死に勉強しました」とか。
彼がいなければ、私は岐阜にいない。
私の人生を大きく変えた人物である(笑)

R's(アールズ)建築設計工房 よろしく!

なんのこっちゃ?
posted by scarecrow at 21:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

学校に行ける日

ついにこの時が来た。
来週から学校が再開。

3月から3か月、「やっと春期講習が終わった」
という感じかな。
なにせ朝の9時から20時まで授業をやってたから。

しかし、この期間に使徒たちは頑張った。
小学生は夏までの学習を終えた生徒が多い
中には12月あたりの学習を終えた生徒もいる。

生徒にとっては待ちに待った学校だな。
1年生は初めて友達との邂逅。

今後第二波、三波が来なければよいね。

気を緩めず、今後も皆が気を付けて
秋にはマスクもせずに、気兼ねなく外出できますように!



posted by scarecrow at 17:47| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました