訪問いただきまして、ありがとうございます。

2018年02月19日

冬季オリンピック金メダル

日本が待ち焦がれていた「金」がついに!
やはり彼だった。
羽生結弦

あの大けがから姿を消し、直前に平昌入り。
それまでの日本の金メダル候補はすべて敗れ「銀」。
それなりのプレッシャーはあったのではないかな。
それでもSPで完ぺきな演技をし、フリーでは「魅せる」
という点では他を圧倒した演技だった様に思う。

野村萬斎演じる安倍晴明の所作を入れた
十八番の「SEIMEI」
痛みどめを飲んで、テーピングをしてのあの演技、
野村萬斎の「陰陽師」の所作を取り入れた
優雅で厳かな曲に載った滑りはまさに金メダルにふさわしい。


あの涙、相当つらい期間を過ごしたに違いない。

真打ち登場と言ったところかな。
言うことありません。
プーさん一つくらいちょうだい(笑)


そして小平奈緒選手。

1000mではおしくも銀メダルとなったが
500mでは韓国のイ選手を抑えての金。

一流の選手は必ず感謝の言葉が必ずでる。

「いい時もよくない時も私を認めてくれた人たちに感謝したい。」

所属の相澤病院の事かな?
27歳で臨んだ「ソチ」で敗北をし
人間の能力としては峠を越える30歳すぎに
挑戦する平昌まで支援した理事長。

地元で頑張る人間を応援したいと
スポンサーにはなれど名前は出さず
ここまで支援してきた。
普通ならば、スポンサー企業の看板として
その責務を負うことができなくなれば
打ち切られてもおかしくはない。

この4年間どんな思いで練習してきたか
どんなに厳しい練習をしてきたか
想像を絶するものがあると思う。

そして
「長野で清水選手(男子500m金メダル)が見た景色を
 私も見リンクで見てみたい。
その景色とは観客席で応援してくれた人の笑顔・涙だとか。
いいね、自分が演じる最高のパフォーマンスをもって
他人に感動を与える、勇気を与える、元気を与える。

さらに
韓国のお国事情では、おそらくイ選手は
ライバル小平選手に負ける事は許されないことだったと思う。
敗北が決まった後、リンクで涙するイ選手をかばうような
あの小平選手のいたわり。

そしてオリンピックレコードが出たと分かった時には
本当はめちゃくちゃうれしかったが、あと2組のこっているので
それを表に出すことは控えた、とのこと。
そして2組が滑り終えた後、リンク上で喜びを爆発させた小平選手。

一流選手とは人間的にも一流なんだな。
他人のことを慮る事が出来る。

一流ならばどこかのサッカー選手のように試合に勝って
マウンドの上に国旗をつきたてるなんてことはしないだろう。

一流ならば銅メダルを取ったからって、その場でラケットを放り投げて
床にあおむけになって両手を突き上げたりしないだろう。
そんなことをしているから、14歳の少年に負けることとなる。


「克つ」事が出来てはじめて
「勝つ」ことができるんだよな。

感動をありがとう!

posted by scarecrow at 10:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

私立高校入試

今日と来週は岐阜県下の私立高校の入試。

過去20年間、落ちたためしがないので
まずは大丈夫かと思っている。

今頃生徒達は問題用紙とにらめっこ。
普段通りにやれば何の問題もない。
過去問でも特に問題は無かった。

私の高校受験の頃は、市内の中学の先生方が集まって
受験者の調整をやっていたように思う。

しかしどこにでも「当たって砕けろ!組」はいるもので
そんな生徒だけは万一の時のために
私立高校を受験していた。
私のクラスでも私立受験をしたのは
一人か二人じゃなかったかな?

私立が終わると最後の総仕上げ。
これから生徒達にはゴール前の直線を
全力で駆け抜けてもらう。

頑張れ学志舎の受験生!
posted by scarecrow at 13:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーチの結婚式

3年前まで学志舎で勤めてくれたNコーチ。
昨日お約束の披露宴へ行ってきた。

11月に届いた招待状には
「乾杯の音頭をお願いします」
と書いてあった。

当時のNコーチの友人、薬大3人娘のY、Iコーチが
12時半に自宅に迎えに来てくれた。
1時間前にホテルに着き、5分前に会場に入る。
会場入り.jpeg

12月の長男の披露宴では最後の御礼の挨拶があり、
それも当日内容を練り直したもので、
食事も楽しめず、出番までひたすら確認、そして緊張。
今回は食事をゆっくり楽しめると思っていた。

席に着くと、司会のNさんが私のもとへ来て
「少し長く話してもらえませんか?
 いったん皆さんには席に座ってもらい、
   話が終わったら立ってもらいますので・・・」
とふられる。

は?
シャンパングラスを持っていったん席に着く?
そんな乾杯の音頭を見たことがないぞ!

招待状が来た後、披露宴の乾杯の音頭は
初めてなので、ネットで調べると、

「結婚式の乾杯挨拶のポイントは「長くしない!」
の一言に尽きます。
新郎新婦をはじめ、式に参列した人たち皆が
グラスを片手に起立しています。
乾杯の挨拶は手短にすっきりまとめましょう。
一般的な乾杯の挨拶の時間は「1分」、
1分〜2分の間でスピーチ構成を考えて行きましょう!

と書いてある。
私もお決まりの定型文?に少し話を加えた
1分少々のスピーチを考えていった。
それが司会者から突然のリクエスト。

そこから10分間で一所懸命考える。
何を話そう・・・彼女のエピソードを一生懸命思い出す。

両家の来賓の祝辞が終わるといよいよ出番。
そこからアドリブで4〜5分くらい話した。
なんとか笑いも取れ、恰好はついたかと席に着く。
事務長に
「どうだった?」
「合格よ!」
ホッとするが、さすがに緊張が解けずグラスを持つ手がプルプル。

宴.jpg

うちの塾のコーチ達は私にとって子供のようにも思える存在。
本当にいつまでも幸せに!と心から思う。




追加

2月6日

Nコーチから今朝メールが届いた。


塾長

事務長


披露宴にお越し頂きありがとうございました。


あんなに爆笑の乾杯の音頭は初めてでした!

おかげで緊張がほぐれました。

中村さんも塾長の顔を見て、

1分では勿体無いと思ったのでしょうね。


Nちゃんから貰ったメッセージカードには、

学志舎のコーチやY.Sコーチからもメッセージカードがあり、

きっとお二人ともご協力下さったのだろうなと思いました。

ありがとうございます。


またご祝儀もたくさん包んで頂き、恐縮です。

ありがとうございました。


カメラマンの集合写真ができたので、送りますね!


お二人の出会いのおかげでこの前の結婚式がありますので、

本当に感謝しています。

これからもよろしくお願い致します。


 西野.jpg


nisino2.jpg


私のレス


写真ありがとう。

夫婦はお互いが鏡です。

末永くお幸せにね

posted by scarecrow at 11:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

橋本コーチ苦戦?

HPをしばらく触ってなくて、コーチの入れ替えができてなかった。
授業が終わった後、コーチ達に残ってもらい動画を撮った。

だいたいtake2か3で終了するのだが
橋本コーチが苦戦していたので編集してみた。


彼は昨年度のチーフコーチである。
生徒からは
「橋本コーチのようになりたい」
との声も聞こえる人気のコーチである。
頭の回転も速いし、仕事もできる。
将来、きっといい医者になるだろうと思う。

しかし、昨夜は・・・
ビデオ撮影の事務長はじめ、
ギャラリーは楽めたようだな(笑)

posted by scarecrow at 13:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

新市長

圧倒的な差で新市長が選ばれた。

しかし、この投票率の低さは何なんだ?
三人に一人ですか・・・。
私は選挙があるといつも生徒に言う、
「18歳になったら必ず選挙に行くように」
大人の背中を見て子供は育つ。
本当に情けない。
選挙に行かない大人、
まともな政治家を選べない大人(今回の選挙は別)。
だから世界の中で日本は凋落していく。

しかし今回の結果は演説会を聞いた通り、だな。
思いが伝わってくるか否か。

若い市長には、本当に頑張ってほしい。
市議会の自民党はどうでるのか興味がある。

前市長は初めての民間人。
新市長は、全国の県都での最年少。
岐阜市民は変化を求めているのかな。
若い力でぜひともこの岐阜を
魅力ある活気のある街にしてほしいものである。



posted by scarecrow at 15:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

市長選挙前

昨日、今日と知り合いに誘われ一騎打ちの様相を呈する、
二人の市長候補者の演説会に出てみた。
中西.jpg

柴橋.jpg

両日とも、ぎりぎりに会場に入る。
昨日の候補の場合は、後ろの席しか空いてなかったが、
今日は前しか空いてなかった。

どちらも応援弁士の演説から始まった。
県会議員、市会議員、選対部長、他。
そして候補者本人の演説。

両氏の政策は詳しく見ていないが
二日間、両氏の話を聞いて
投票する候補が決まった。

さて、いつも生徒には言うのが投票率の低さ。
私が言いたいのは、自分たちの代は仕方がないかもしれないが
子供の代、孫の代にいい社会を残してやりたい。
そう思って私は欠かさず選挙に行っている。

口先だけの政治屋を選んではいけない。
人に頼まれたからって言って
安易に投票してはならない。
一人ひとりが真剣に社会の事を考えて
投票に行けば、もっと子の社会は良くなると思うのだが。

投票率90%・・・なんて夢のまた夢ではある。
投票を義務化してもいいのではないか、ふと思う。
posted by scarecrow at 22:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

節分近し

節分が近くなると、お寺に鬼が見られるようになる。
豆をぶつけて鬼退治をするのだから
やはりヒール役の形相をしてほしい。

岐阜駅から帰る途中に赤鬼と出会った。
鬼.jpg
ふ〜む、なぜか小首をかしげている。
どう見ても強そうではない。
こんなユーモラスな鬼に豆をぶつける気にならないな〜(笑)

子供の頃は年中行事の一つ一つが楽しみだったな・・・。
posted by scarecrow at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

小室哲哉

週刊誌にやられましたな。
引退しなくともいいではないかと思う。
komurto .png

音楽活動とプライベートと切り離して考えればよい。
才能が枯渇し始めたわけでもないだろう?

政治家もそうだが、仕事さえしっかりすれば
プライベートはどうでもいいではないか?
それは家庭の問題であって、
他人がどうのこう言う問題ではない。

私生活は乱れているが、仕事はきっちりやる政治家と
身持ちは良いが、仕事ができない政治家と
どちらを選ぶかと聞かれたら、迷わず前者を選ぶ。
クリントンはホワイトハウスで何をやってたんだ?
m11126.jpg
氏の政治家としての能力には言及はしないが
めでたく任期を全うしましたな。

レベルの低い週刊誌の記事に左右されることが
なにかアホらしく思える。
それを取り上げ、延々と視聴者に提供し続ける
ワイドショーなども見るに堪えない。
脇が甘いと言われればそうかもしれないが・・・。

しかし、人のプライベートのあらさがしをして
それを公表する仕事って楽しいか?
私が万一そんな仕事をしていたら
恥ずかしくて子どもには言えないだろうな。
人に喜んでもらって、人のためになって
お天道様に胸を張って誇れる仕事をしないとね。

「DEPARTURES」
初めて聞いた時、これはいい!と思い
長良のGEOへCDを借りに行った。
ところが、曲名が分からないのに愕然。
しかたがないのでカウンターの店員さんに
曲を口ずさんで曲名をで教えてもらった。
そしてめでたくCDを借りられたことを思いだす。


同年代のミュージシャンが引退。
少し早いね、残念。
posted by scarecrow at 14:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

コーチ研修会

年4回のコーチ研修会。
コーチの成長が、生徒の成長につながる、
そう思って20年。

昨日はOK学習法の基本事項の確認。
そして初級レベルのコーチング。
2時間半にわたってのセッションと学習。

研修会.jpg


これが学志舎の根幹をなす。
教えるのではない。
子供たちの中から引き出すセンス。
教えるのではない。
寄り添って支援をするセンス。

子供たちの自律をサポートする
そんなコーチになってほしい。
それがまたコーチ達の成長となる。

今回も笑いあり、真剣な顔ありの
有意義な2時間半だったと思う。




posted by scarecrow at 16:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センター試験の応援2018

昨日今日と、高校生のセンター試験応援。
今年は岐阜大学、岐阜薬科大学、岐阜経済大学の3か所。
応援2.jpg

応援.jpg
この木曜日に神様にお願いしたばかりだが
教室に帰って、試験の時間になると
教室の神棚に向かってりまたお願いをしてしまう。

自分のことでお願いをすることはないが
生徒のこととなると、やはり気が気でない(笑)

頑張れ、学志舎の受験生!

生徒達が学習しているCOMPOシステムの
国広・島村先生から届いた応援メッセージ。
がくしょう.jpg
posted by scarecrow at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました