訪問いただきまして、ありがとうございます。

2015年08月29日

夏プロ終了

今年の夏プロも、昨日をもって終了。

「夏プロ]=summer project=夏の計画学習
と言う意味である。

「夏期講習会」と違うのは、個人で4〜5週間の
自分だけの計画を作り、それをこなしていく。
自律学習の為には不可欠な部分でもある。

うちも10年程前までは、全員に夏期講習会用の
テキストを渡して、同じことをさせていた時期があった。
生徒は一人ひとり能力も個性も違うのに。

夏プロ.jpg

生徒の自律を目指すようになって、
自分で考えて計画を立てさせる様になった。
全員が違う一か月の学習をするようになった。
全てうまくいくわけではない。
計画通りにいかないときもある。
その時が大切なのである。
いかに修正して、〆切までもっていくか。

自分で考えて、失敗も修正できる力をつける
それが「夏プロ」の目的である。

今年も何人か、修正しながらゴールにたどり着いた。
この経験は、高校に入ってから、社会人になってから
必ず生きてくると信じている。
posted by scarecrow at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月16日

戦後70年

昨日からTVでは終戦70周年の特番のオンパレード。
少々辟易としている。
どれもこれも過ちは2度と侵してはいけない調。

番組によってはまさに自虐的な論調、
いかがかなものかと思う。
お盆前の広島・長崎だってそう。
広島の平和記念公園には
「安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませんから」
と書かれた石碑がある。
yjimage.jpg

それをいうならアメリカに、だろう?
ハーグ条約を破っての、市街地大空襲
神をも恐れぬ人体実験さながらの2種類の原爆投下。
何か間違ってはいないか?
米軍のGHQの6年半に及ぶ日本人への洗脳は
ここにも生きているのかと残念に思う。


しかし安倍総理の談話はお見事でした。


事変、侵略、戦争。いかなる武力の威嚇や行使も、

国際紛争を解決する手段としては、もう二度と用いてはならない。

植民地支配から永遠に訣別し、

すべての民族の自決の権利が尊重される世界にしなければならない。

 先の大戦への深い悔悟の念と共に、

我が国は、そう誓いました。自由で民主的な国を創り上げ、

法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを堅持してまいりました。

七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、

私たちは、静かな誇りを抱きながら、

この不動の方針を、これからも貫いてまいります。 


日本では、戦後生まれの世代が、

今や、人口の八割を超えています。

あの戦争には何ら関わりのない、

私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、

謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。



「第2次世界大戦を忘れてはならないが、

その子孫にまで責任を引き継ぐ必要性はない。

責任問題は講和条約などで解決済みである。」

という安倍さんのメッセージは世界へ伝わったと思う。


あとは集団的自衛権に代表される安保法案。

分かってない国民に、深く知ろうとしない国民に

完全に平和ボケして、頭の中がお花畑の国民に

どう説いていくか・・・。


安全保障、外交に関しては◎の安倍さん

経済(景気対策=デフレ脱却)に関しては

なんでからきしだめなのか不思議でしょうがない。


posted by scarecrow at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰省5

4日目は八幡浜から大阪へ向かう。
高速を松山道から徳島道へ。
大鳴門橋を渡ったSAでお土産を買う。

明石大橋を渡り、大阪は堺市の大仙古墳へ。
私が学生時代は「仁徳天皇稜」と習ったな。
10年前に塾生を連れてきて以来。
25017000201.jpg

この古墳は空から見なければ、
二重の堀とその中にただの小高い森があるだけ。
10年前と違っていたのは、古墳の周りの道を
ジョギングする人が多くなったということかな。
そして関西国際空港内の宿へ。

最終日、5日目は関空から高野山を目指す。
さすがにお盆で、観光客がいっぱい。
通常の駐車場はいっぱいで、
臨時の駐車場として高野山大学の構内にとめる。

バスで奥の院へ行く。
奥の院.jpg

そして金剛峯寺
金剛峯寺.jpg

金堂と壇上伽藍

金堂.jpg

大伽藍.jpg

さすがに世界遺産。
最後に霊宝館を見学して高野山を後にし、岐阜へ。


posted by scarecrow at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

帰省4

3日目は奥道後から、四国カルストを目指す。
途中でガソリンを入れたがなんと155円/L。
愛媛の山の中の街のGSはえらく高い。

くねくね道を2時間半車を走らせて四国山地は
愛媛と高知の県境、四国カルストに到着。
写真の右が愛媛で、左が高知。
のんびりと牛が放牧されている。
四国カルスト.jpg
私が来たかったのは、そこから西へ30分の大野が原。
中1の夏休み、学校のキャンプで来た所だ。
雨のため、テントが張れず小学校の体育館で雑魚寝。
帰りはバスが待つ所まで3時間余り雨中行軍。
当然のことながら小学校の校舎、体育館は新しくなっていた。
校庭は変わりなく、懐かしい記憶が蘇る。
ネットで調べた店の自家製プリン、しぼりたて牛乳等で遅い昼ごはん。

そして故郷八幡浜へ向かう。
松山から四国カルストまでの道もくねくねの連続だったが
八幡浜へ向かう道は狭く、さらに急カーブの連続。
道を間違って、狭い林道に入ると道路わきになんとこんな看板が。
龍馬.jpg
間違ってみるもんだな。
坂本龍馬はこんなところを歩いて脱藩したんだ。
あと2か所、看板があったが、まさにけもの道。
ここが一番道らしくて広かった。

夕方実家に到着。
母とお約束のまずは実家のお墓まいり。
お墓.jpg

そして母の実家のお墓参りへ行き、ホテルへ。
母と事務長と次男の4人で食事をして、母を送って3日目終了。





posted by scarecrow at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰省3

2日目は鳥取で朝を迎えた。

鳥取県知事の「スタバ」はなくても「すなば」はある、
そして今年スタバ一号店ができて有名になった「すなば珈琲」。
鳥取に来たなら絶対に行かなくては、と
ホテルは、朝食は無しで予約をしていた。

8時半、すなば珈琲駅前店へ行くとすでに行列。
すなば珈琲.jpg
日差しはきつく、汗がだらだら。
我慢できずにホテルへ退散する。

携帯電話で「すなば珈琲」の別の店舗を探す。
10数キロ離れたところに「我露店」があった。
行ってみると店内はガラガラ。
窓側の席に着くと、クモの巣。
別の席へ移動する。

モーニングを注文する。
コーヒーの味は・・・モーニングの内容は・・・。
事務長曰く
「岐阜・一宮地区では生きていけないよ」

かえすがえすも30分ほど我慢して並んで
駅前店に入ればよかったと後悔する。

店を出ると音楽が流れていた。
そう、「すなば珈琲」のテーマソングか?



砂丘に向かう。
事務長が大学を卒業する間際に2人で来て以来。
風が冷たい1986年の3月だったかな。
人の姿もまばらだったような。

暑い、とにかく暑かった。
砂も熱い、サンダルに入ると熱くて、砂を払っては砂丘を登る
スニーカーを選択せず、あえてサンダルをはいてきたことを後悔(笑)
砂丘.jpg

汗びっしょりになり、車の中で着替えて一路愛媛へ。





posted by scarecrow at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰省2

9日に事務長、次男と3人で岐阜を出発し、高速を西へ。
米原から北陸道へ、敦賀より舞鶴若狭道へ。
舞鶴若狭道を綾部で京都縦貫自動道に乗り換える。
向かう先は日本三景でおなじみ「天橋立」

上の3人(長男・長女・二女)が小さい頃来て以来。
18,9年ぶりかな。
当時は閑散とした観光地だった。
今回は人・人・人で溢れかえっていた。
お盆休みと、京都縦貫自動車道が開通したばかり
ということで、駐車場探しも一苦労。

天橋立海水浴場にも多くの人が。
途中まで歩いて引き返す。
天橋立.jpg
土産物屋でカキ氷を食べる。

そして天橋立が一望できるビューランドへリフトで登る。
ここから見える天橋立は龍が天に昇る姿のように見えることから
「飛龍観」と呼ばれている。
また「股のぞき」とよばれる、股の間から見る眺めは
海と空がひっくり返り、天橋立が天に浮かぶ
浮橋のように見える・・・とか。
天橋立 また覗き.jpg

天橋立を後にして、豊岡の「玄武洞」へ向かう。

ここは長男が1歳の12月に、城崎温泉に行く途中に
寄って以来なので24年ぶりかな?
途中で雪が積もっていて、車から降りて
長男に初めて雪を触らせたことを覚えている。
玄武洞.jpg
玄武洞、青龍洞、白虎洞、南朱雀・北朱雀洞
をみて鳥取へ向かう。
青龍洞.jpg
    (青龍洞)




posted by scarecrow at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

帰省

明日から愛媛に向かって岐阜を脱出。
今年は都合で実家には泊まれないが、
母とお墓参り(掃除)をするために故郷には帰る。

87歳になる母には電話でいつも言っていた。
「夏には帰るけん、お墓の坂が登れるようにしときなはいよ」

私の実家のお墓までの坂道はそうきつくはないが、
車で30分ほど離れた母の実家のお墓は、相当にきつい。

母は毎日起きると、天気のいい日は海岸線の県道を
私との約束を守るために500mほど歩くらしい。
そして実家のお墓にもちょくちょく足を運ぶとか。
あと何回会えるかわからないが、一年でも長くと思う。
昨夏以来母の顔を見る。
posted by scarecrow at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

オールナイト学習会

今年もやりました、真夏の夜の「8耐」

22時30分より生徒宣誓。
以降朝の6時半まで。
今年は途中で差し入れをした。

そう「かき氷」
ねじり鉢巻をして、この日のために購入した電動かき氷機を回す。
オールナイト1.jpg
メロン・イチゴ・レモン・ブルーハワイの
シロップと練乳を用意いした。
意外と人気だったのは「ブルーハワイ」
2種、3種類のシロップをかける生徒も。

オールナイト学習会、これに参加したからと言って
急に成績があるわけでもない。
確かに宿題ははかどる。
夜中に襲いかかる眠気と、どう向き合うか。
歯を食いしばって、睡魔に打ち勝ち迎えた朝は
実にすがすがしいものである。
そして永遠に記憶に残るであろう。
参加した者でないと分らない。
オールナイト3.jpg

さて生徒の感想をどうぞ。

梅林中2年 H.Mさん

「オールナイト学習会」初めてこれを聞いた時、
私は率直に「大変そうだ」
何のために徹夜をする必要があるのだろう?
そう思いました。
徹夜をする、私にとって徹夜はそう珍しい事ではありません。
いつもは本を読んだり、マンガを読んだり・・・
残念なことに勉強をして徹夜をしたことアありませんでした。
遊んでいる間に少し、ほんの少しだけノートをあける、
そういうことはありました。
勉強がほとんどで、仲間と助け合いながらやる学習会。
単語テストはとても大変で、最後は中2の3人で勝負。
6時間かけて合格できました。
取り組みはじめには想像もつかないくらいに
やり切った時はうれしかったです。
そして徹夜を勉強だけで乗り切ったということは
私にとって自信となりました。

posted by scarecrow at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました