訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年06月18日

父の日

早朝野球から帰ってひと眠りから覚めると
長女からの荷物が届いていた。

私の大好きな「ちりめん山椒」
「お父さんありがとう」の文字が透けて見える。
父の日.jpg

送り主の名前は「山田」ではなく
この3月に変わった名字。
分かっていても何か不思議な気がする。
「お父さん、お父さんとお母さんの結婚記念日に
 私入籍していい?」
その時は
「うん」
と言う以外に言葉が見つからなかった。

ちりめん山椒の箱を見ていると
小さいころからの思い出が走馬灯のように…。

かつてこんなブログを書いていたが・・・。


その時期は過ぎて、新しい世界へ旅立っていった娘。
井上陽水のこの曲が頭に浮かぶ。


来月結婚式を挙げる。
その件で先日電話があった。
「お父さん、途中まで私と一緒に歩いてくれる?」

そうなんだよな、親は途中までなんだよな。
いつか子どもたちは旅立っていく。

本当にいろんなことがあった。
いいことも、その逆のことも。
もっともっと父親としてしてやれることがあったんじゃないか?
本当に全力でこの子と向き合ってきたんだろうか?
ただ、今は娘の幸せを祈るだけ。
ごめんな、父親らしいことが満足にしてやれなかったんじゃないかな。
でも、お父さんの娘として産まれてきてくれてありがとうな。

この曲聞きながらキーボード打っていたらもうだめ、
涙が止まらなくなってきた。
私は立派な親バカです。
ごめんなさい、今日はこれにて終了。

posted by scarecrow at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

卒塾生の夜襲

事務長の電話に
「今から行っていいですか?」

卒塾生2013年組のメンバーから。

日付も変わろうかという時間に3人が訪れた。
教員となったNさん。
会社員のM君。
医学部の5年生で学志舎のコーチK君。
もう飲むしかない。
「何がいいんや、日本酒?ワイン?焼酎?ウィスキー?」

「日本酒がいいです!」とNさん。

NETで仕入れたばかりの日本酒(夏酒)を用意する。

卒塾生.jpg

懐かしい話やら今の話に花が咲く。
夜中に大笑いの連続。
日本酒を1本、2本、3本、4本、そして白ワイン。
気付くと3時前。

3人に布団を出して我々も寝た。

今朝は6時半に起きて早朝野球。
ズキズキする頭を抱えてグラウンドに向かった。

しかし、嬉しいもんだな。
またおいで!!!
posted by scarecrow at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ジーンズがはけた

何年ぶりだろう70sを切ったのは。

実に気分がよい。
特に今年は正月から食って飲んでの連続でデブになり始め、
1月末には今まで履いていたズボンが全く入らなくなり
洋服のリフォーム屋さんに2本持っていき3p出してもらった。

2月上旬には瞬間最大風速?76s超えを記録した。
そこから6s強の減量。

メタボの二男がダイエットを始め
事務長がおかずに油ものを完全に控えた。
それにともないスナック菓子他、間食のお伴を買わなくなった。
自分が逆流性食道炎になり、暴飲暴食を控えた。
などなど、それなりのものが重なって、ついに昨日達成。
ヘルスメーター.JPG

この冬場には全くはけなかったジーンズがはけた。

7,8年前だっただろうか、70キロを切りたくてこのジーンズを買った。
当時私のサイズは32インチで、痩せようと思い31インチを買ったのだった。
なんでもBig Jhonの倉庫で偶然2ロール見つかった70年代に特別生産された生地。
それをブラックラベルと銘打って数量限定で販売されたもの。
ji-nnzu.jpg

生地は18ozくらいあるのかな?結構厚みがある。

秋にはズボン2本を今度は3p元に戻してもらわなければならない。

事務長曰く
「いい加減にしてよね!」

はい、無駄な浪費、すみません。

さて、これからの目標は65s。
すべては自分の限界に挑戦するべく
ウルトラマラソンのために!!!
posted by scarecrow at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

試験対策講習会

来週が山場の中間試験。

試験対策講習会に9時から21時まで、
生徒によってはその後も残って学習をしている。

試験前.jpg


自分なりの計画を立て、粛粛と実践する。
我々がああせい、こうせい、とやらせるわけではない。

「させる」を手放し、「する」を支援する。

手をかければかけた分だけ、子供たちの自律への道は遠くなる。

子供たちを信じて見守る、そのスタンスで勉強会は始まり終わる。

さあ、自分の力で納得のいく試験勉強をやりきりなさい!

posted by scarecrow at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

保護者懇談会2

一応懇談会の設定の日時は5日(月)で終了。
その間都合の悪い保護者の方のために
別日で実施している。

今日の懇談のお母さん、帰り間際に
「塾長、前回の銀色の道、その通りだと思いました。
 それが言いたくて…。」
何のことかいな?と思っていると
「集団的自衛権」の話。

私は集団的自衛権を前回の塾内報「銀色の道」で
「戦争をしないための一つの手段」
として書いた。
お母さん、岐阜で友達と集団的自衛権の話題になったときに
「自分の子供が戦争に行くのはNG」との話になったらしい。
お母さん「そんな話じゃないでしょ!」
しかしどうも分かってもらえずじまいだったとか。
岐阜から遠く離れた実家へ帰って友達と話をすると
ほとんど理解を示す人ばかりだったとか。
曰く「世界地図を見て話をしてほしい」
確かに私もそう思う。
世界地図を見て、とは世界の情勢を知ってということだが
まさにその通りである。
国会議事堂の前で
「子供たちを戦場に送るのははんた〜い!」
などどデモをしていたおばちゃんたちの頭の中は
きっと平和ボケしたお花畑なんだろうな、と。
岐阜地区は一番読まれている新聞が左よりである。
そのせいかもしれないな。

また、「一帯一路」の話題にも。
私にはこの現代版シルクロードという胡散臭いものが
「of China by  〃    for  〃 」としか思えない。
日米主導のADBが賄いきれないアジアのインフラ整備のため、
と言う立派なお題目を唱え中国が設立したAIIBなど、
まさに自国の利益の為の銀行に他ならない。
お母さんも同感だとうなづいていた。
しかし安倍さんのあの発言はどう取ってよいものか?
裏があるのだろうか?とか。

結局懇談が終わって30分間、政治、経済、安全保障などの話で延長?
しかし楽しいひと時だった。
いや〜お母さんとこんなジャンルの話ができるなんて・・・いいな。
ありがとうございました、次回も楽しみにお待ちしております。
懇談1.jpg


・・・中国は近隣諸国から遠く離れた国々まで
経済協力という甘い名目で確実にその国を浸潤しつつある。
ウィグル自治区などで行った絶対に許されないジェノサイドが
また行われるのではないかと思うのは私だけだろうか。
posted by scarecrow at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

保護者懇談会

火曜日から始まった懇談会、半分が終了。
明日の土曜日もぎっしり。
懇談2.jpg

今回も現時点までは概ね笑顔の懇談会。
しかし、我々が気づかない点の指摘もあった。
ありがたいことである。
塾が成長するために必要なことだと思う。

月曜日で一応終了だが、毎度なのかんのいって
一カ月弱はかかる。
この期間に都合の悪い保護者のための懇談。

そして多いのが、
「すみません、子供のカバンの中から今
 懇談会のお知らせを見つけました!」
と恐縮して連絡を下さる保護者。
いえいえ、遅くなっても連絡を頂き来塾頂けることは
我々にとってはうれしいことです。

今回私から親さんへの多く要望したことは
「結果ではなく過程に価値観を持たせてほしい」
ということ。

簡単にいえば、試験の点数ではなく
試験前日までにいかに頑張ったかということ。
結果ついてくるもである。
大切なことはそれまでの努力。
努力をすれば結果はタイムラグがあっても
必ず出るものである。

過程に価値観を持った子供は
失敗を恐れずチャレンジできる子供に育つ。
学びの内容も深くなる。
自立するのが早くなる。
だから先々伸びる子になる。
21年間塾をやっていてはっきり断言できる。

とはいえ、勉強は決して楽しいものでもない。
だから
「学びの目的」
を子供たちに考えされることが大切なのである。
それが塾の使命だとも思う。

「学び」の目的は高校へ入るためでもない。
大学へ入るためでもない。
その先にあるものである。

仕事を通じて社会の、人の役に立つことである。
そして死ぬまでにいかに多くの
「ありがとう」を言ってもらえるか。
それが人生の質である。
「ありがとう」を言ってもらえる人生って
そう「幸せ」な人生である。

私はそう信じている。

だから目先ではなく、その子の人生を見据えた
教育をしていきたい。

子供たちから、親さんから心の底から
「ありがとう」
って言ってもらえるそんな支援を。
続きを読む・・・
posted by scarecrow at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました