訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年08月22日

民進党代表選

前原氏と枝野氏。
民進党の次の代表になるのはどちらか?
pic01.jpgque-1167097411.jpg

どちらになっても、今のままの民進党では
泥船での出航の様な気がする。

蓮舫氏を代表に選んだ時点で半分終了してたかな?
「2番じゃだめなんですか?」
かつてあの言葉に私は耳を疑った。
資源のない日本は何を持って何を売って生きるのか?
技術は1番だからこそ求められ、売れるんでしょ?

国籍問題にしても本人はわかっていたはず。
よくもこんな人間を代表に選んだものだと。

かつて民主党が第一党となり政権を担った。
それまでの自民党のおごりに国民は(私も)お灸をすえた。
ところが民主党のあまりのひどさに
選んだ国民は逆にお灸をすえられた(笑)

その象徴である鳩山氏は今もなお海外で、
我が国に害を及ぼす行動で活躍中である。
菅氏のおかげで電気代には不必要なものが付いている。
何を狂ったか原発を全部止める暴挙に出て
外国からは足元を見られ、高い燃料を買わされ続けた。
野田氏、財務省のいいなり?で
財政健全化(PB黒字化)を唱え続けた。

前原氏、消費増税を言い始めた。
この時点で氏は、はい終了である。
枝野氏は消費増税反対。
消費増税には法人税減税がセットであることに言及。
デフレから脱却できないわが国で今一番大切な経済。
消費増税は絶対にやってはいけない政策である。
いかに消費を喚起するか。
デフレ下では税収が下降線をたどるのは必然。
財務省の抵抗を押し切っての
政府の大胆な財政出動が待たれる。

港湾を整備するもよし。
新幹線の整備をするのもよし。
高速道路網を広げるのもよし。
今は過去の遺産で我々の便利な生活は成り立っている。
これからの世代のためにそういったインフラ整備のために
財政を出動させ、需要を喚起しデフレを脱却をしないといけない。

安倍政権は5年間経済策を間違った。
まやかしの実質GDPの上昇を声高にいう。
名目GDPが落ちて、デフレによる物価下落で
そのフィルターを通して実質GDPが
上昇しているにすぎない。

日本は地方から確実に疲弊している。
大企業が集まる都会に住んでいると
それを感じないかもしれない。

だから小池知事の本当は安全な豊洲移転延期のつけ
100億円もなんのその、都民ファーストに
あれだけの票を入れた。
これが鳥取県だったら100億をどぶに捨てられるか?
知事の首は一発で吹っ飛ぶわな。

一つの小学校、大学の問題より大切な日本の経済、
言うならば国民の暮らし、安倍政権の5年間の失敗を
なぜ追求しないのか不思議でならない。
我が党ならは○○◇◇の政策を実行し国民生活を
豊かにします!ときちんとした対案を出せばよいものの、
言い方は悪いが枝葉末節の問題ばかり追求し
国民にとって最も重要な問題に目が向いていない。
こんな政党にだれが政権を担当させるであろうか?

よって、今の状態では民進党には残念ながら
期待はほとんどできないような気がするね。

本当は頑張ってほしいのだが・・・。


posted by scarecrow at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました