訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年12月30日

2017最後の授業

本年最後の授業、8時45分からの朝礼。

普段は呼吸を整えて、静かに黙想するのだが
今日は最後ということで変更。

自分一人では生きていけない。
誰かに支えてもらって、応援してもらって
人は皆生きている。
そんな周りの人に、感謝の気持ちを込めて黙想。


本年一年、ありがとうございました!
posted by scarecrow at 20:55| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

類は友を呼ぶ

7月から自宅のリフォームをやっている。
築40年くらいの住宅である。
依頼した一級建築士は、私の大学の後輩であり
(私が卒業して2年後入学、私がかつて住んでいたアパートに住み始めた)
事務長の高校時代の同級生。
現在工務店を経営している。
私と事務長がが出会う場を提供した
実質仲人みたいな存在。
私と同じ商学部出身でありながら、
卒業後岐阜に帰り1級建築士の資格を取った。

昨日で外壁の塗装から始まったリフォームも
2階、1階、玄関と内部は、げた箱以外は終了。
来年からげた箱、北側の塀、南側の屋根で、
きっと一年がかりになるんだろうな。
特に急いでないので、彼の都合でやってもらっている。

さて本日、年内最後の工事、
昨日終わった玄関周りのタイル張りの
チェックに彼は午後からやってきた。

点検が終わり、コーヒーを飲みながら話をする。
すると彼に電話がかかってきた。
しばらく部屋を出て話をし、部屋に戻ってきた。

昨日彼の高3になる息子の懇談で岐高に行った時のこと、
駐車場で隣の車を軽くこすってしまい、
車の持ち主を待っていたが、懇談の時間が迫ってきたので
名刺に内容を書き、ワイパーに挟んでおいたそうだ。
で、電話がかかってきたそうな。
相手の方からの電話の内容は
「ディーラーに修理に持っていったら
 簡単に直してもらい、費用もかからなかった」
とのことだった。

「正直申告」、私もそんなことがあった。
スーパーとかの駐車場で、傷をつけられることがある。
そのたびに黙って逃げた奴に対して、頭に来ていた。
だから自分がやった時は、正直申告をしようと。

10年くら前のこと、北方の喫茶だったかな
お菓子屋の喫茶だったかな、その駐車場で
止めるときに隣の車のバンパーと接触。
しばらく待っていたが、帰ってこないので、
店に入り、店員さんに訳を話し、車の持ち主を
呼び出してもらい、バンパーを傷つけてしまった事を告げた。


話は戻るが彼は言った。
「山田さん、でも一瞬ですけど誰も見てないな
 と思いましたよ。」
私のように、やった時は正直申告しようと
決めてなければ誰だってそうだと思う。
誰も見てはいないが、昔の人は言ったもんだ。
「お天道様は見ている。」
そこで人間性が出るんじゃないかな。

やはり私と彼は「類友」かなと思った。
そんな人間に事務長と合わせてもらい
現在リフォームをやってもらっている。


posted by scarecrow at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

長男の結婚式

昨日は名古屋で長男の結婚式。
1週間前にメールが届いた。
「親父、親族紹介と最後の挨拶頼む」

前日に謝辞の最終原稿をワードで打つ。
何度か練習するが、覚えきらない。
詰まったりすると6分オーバーになる。
ネットで見ると3〜4分が相場らしい。
さらにYouTubeで見ると、
必要最低限の内容で、1分以内のお父さんもいる。

8時半にホテルに到着。
モーニングに着替えようとしたとき
靴を忘れてきたことに気づく。
あわててホテルにレンタルシューズをお願いする。
控室で謝辞の確認をする。
ところが上の姉が執拗に話しかけてくる。
いい加減な返事をしながら、頭の中では反芻。

11時半結婚式。
親族紹介は何とか名前を間違えずに済んだ。(当たり前)
kekkonnsiki2.jpg

まさとし.jpg

長女の時のように、涙は出なかったが何かいい感じ。
ただただ息子と嫁の今後の幸せを祈る。

その後の披露宴。
ここでも頭の中で何度か反芻する。
披露宴で長男と嫁は「ダム」がどうのこうの・・・。
ケーキもダムの形。
これは謝辞に何とか取り込もうと考える。
そうすると全く食欲なし。
kekkonnsiki 1.jpg
料理も無理やり食べてた感じ。
最後の方は二男に食べさせた。

披露宴も最後、いよいよ出番。
なんとかかまずに喋れたような。
途中で結構受けはじめ、客席の反応にだんだん調子が出る。
アドリブも交え7分近くに及んだスピーチは終了。

部屋の外で息子夫婦の隣に立ち
お客様を見送る。

結構スピーチに関しておほめのも言葉を頂く。
息子の会社の上司の方からは
「スピーチ参考になりました」
息子の友人曰く
「漫才聞いてるみたいでめっちゃ面白かったです」
そういうつもりではなかったんだが(笑)
とりあえずホッと胸をなでおろす。

遠路から来てくれた二人の姉夫婦と6人で夕食。
飲みながら話していると、30年前
京都での私たちの結婚式の後
京都駅近くの居酒屋で飲んでいた家族に呼び出され
皆で飲んだことを思いださす。
・・・あれから30年たったんだ。

今年上の二人の子供たちが巣立っていった。
あと二人。
いつかは私達夫婦二人になる日が来る。
特に寂しいとは思わない。
結婚した時は当たり前の話だが二人だけだった。
そして子供たちが4人生まれ、6人家族となった。
結局元に戻るだけだと思っている。
事務長と二人で子供たちの幸せを祈って
のんびりできる日が来るのかな?
私はそれでいいと思っている。

posted by scarecrow at 19:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

伊方原発3号機差し止め

伊方町は私の実家から海を隔てた所にある。
原発は瀬戸内海側。
しかし、何か事故があれば被害は免れない距離である。

3号機が差し止め判決。
その理由が、阿蘇山が過去最大の爆発を起こした場合
その火砕流が豊予海峡を埋め尽くし
伊方原発まで届くらしい???
ほう、東宝映画では阿蘇山に潜む
「ラドン」もびっくりの判決ですな。
515HmrmQooL__SY445_.jpg
全く現実味を帯びていない。
こういう裁判官がいるからおかしくなる。

すべての原発を稼働せよとは言わないが
総電力量の三分の一ずつは原発と火力で
残りをその他でまかなうとかね。
そうしないと日本のエネルギーの安全保障は保たれないと思う。
なんでも反対すればよいものではない。
大局からものを見て判断すべきである。

原告は広島県の4人だとか。

返す返すも残念な判決ではある。

posted by scarecrow at 20:43| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

昨夜は保護司会、岐阜中分区の忘年会。
小学生の一コマ目が落ち着いてから家を出る。
30分遅れて会場に着く。

駆け付けビールを2杯。
手術をしたから、もうビールも怖くない。
両隣りは初めて会った人。

宴もたけなわになった頃、今年から岐阜に配属になった
若い女性の保護観察官と話をした。
そしてなぜ保護観察官になったのか?理由を聞いた。
大学時代、当初は警察官を志望していたそうだが
ふとしたきっかけで保護観察官という仕事を知った。
そして同時に、犯罪者の再犯率の高さを知り(40%強)
再犯をなくせば、よ世の中の犯罪は大きく減るのでは?
と思い、道を変えたそうだ。

う〜む、警察官といい保護観察官といい
社会に貢献することを考えていたんだな。
彼女の「志」に感銘した。

現在警察官や、この道の方々のおかげで
犯罪数は年々減っている。

自分のためではなく、社会のために働く
まさに我が塾の
「智をつけよ そして人のために活かせ」
ではないか。

自転車での帰り道、寒い北風の中
「ほっこり」した気持ちで帰宅した。


posted by scarecrow at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

白鵬よ、お前もか

「貴乃花親方の下では冬巡業に参加できない。」
横綱白鵬の言葉。
いったい自分を何様だと思っているんだ。
思い上がりも甚だしい。
横綱の品格?
まったくありゃしない。

大横綱大鵬は行司が差し違えをした時
「そんな相撲を取った自分が悪いんです」
と言った。
これが横綱です。

暴言を吐くような横綱と八百長まみれの協会幹部では
改革ができないのは仕方がない。

私は白鵬には悪いイメージを持っていなかったが、
何とも言えない気分になったな。

八角理事長、日馬富士の引退に際して
「3人の横綱が休業していた場所、一人で頑張った」
???
ほう、理事長は横綱を幼稚園児並みに扱うのかいな?
きっと自分が横綱時代、そういうことがあったら
自分をほめたんだろうな?

普通の横綱なら、当たり前のことではないか?
このコメントにも、八角親方の理事長としての資質が
ないことが現れている。

孤軍奮闘の貴乃花親方、現役時代と同じように
孤高の人生を今後も歩むのであろうか。

しかし、白鵬九州場所で
「膿を出す」との発言は
いったい何だったんだろう?
posted by scarecrow at 14:14| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました