訪問いただきまして、ありがとうございます。

2018年09月17日

稲刈り体験

初夏に植えた苗が、秋風に黄金の波を打つ季節。

さて5月の田植え体験の苗がたわわに実った。
私はこの間毎月イネの状態を見にきた。

6月.jpg
 6月

7.jpg
 7月

8.jpg
 8月

見に来るたびにグングン伸びる苗を見ていると
子供たちのこれからを見るようでうれしくなった。

さて、10時半に前回と同じ下城田寺公民館に集合。
農協の職員の方の指導のもと稲刈りをした。
30分ほど刈ると汗ばんでくる。
子供たちは楽しそうに稲刈りを楽しんでいた。


稲刈り1.jpg

稲刈り2.jpg

稲刈り3.jpg

ふと10年以上前に見たTV番組を思い出す。
それは佐渡の「不耕起栽培」

普通作物を作るのに、田畑を耕して種なり苗なりを植える。
しかしそれは耕さず、硬いままの土壌に植える。
当初は耕した田んぼの苗の成長に追い付けない。
しかし6月、7月になると固い土の中に根を伸ばした苗は
グングン成長し、秋には追い付き美味しいお米を実らせる。

番組の最後にTVのリポーターの

「不耕起栽培とは?」

の質問に対する職員の答えが印象的だった。

「それは、イネを甘やかさないということです」

人にも当てはまりそうな…。

posted by scarecrow at 16:41| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました