訪問いただきまして、ありがとうございます。

2019年05月27日

保護者懇談会2019夏

昨日から始まった保護者懇談会
トップバッターは高2と中3のN姉弟のお母さん。
いつもNさんとの懇談では笑いが絶えない。
Nさんの表現が独特で、昨日も最後まで笑わせてもらった。
とはいえ中3の受験生と志望校を決めないといけない高2。
笑いの合間に真剣な話がテンコ盛り。

懇談会.jpg

さてこれから3週間、保護者の皆様と
大切なお子様のこと、夏プロの話等をさせていただく。
今回は懇談率100%になるか?

posted by scarecrow at 15:57| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

田植え体験

今年もこの季節がやってきた。

学志舎の「社会体験プログラム」=「生きる力」
生産者〜消費者経験を体験しよう3部作の第一段

    「田植え体験」

これは9月下旬の「稲刈り体験」
12月上旬の「おはぎ作り」に続く。

五月晴れの元、10時に集合。
農協の職員の方の指導のもと田んぼに入る。
指導員さん.jpg

子供たちはハイテンションで苗を植える。
1年生のR君水の中にに腰まで入りドロドロ。
笑顔で田植えをしていた。


いいな〜これだよ。
子供はこれでなくちゃ。
小学生時代、全身どろにまみれて遊んで帰ると
私の姿を見た母は一瞬「えっ」というような表情を見せ
後は笑顔で「どこで遊んできた?」
手間だったろうに、たらいで泥を落とし
洗濯機で2度目の洗い。
決していやな顔をしてなかった。

思う…

子どもが子供らしくいる
自分の目で、耳で、鼻で、手で、足で
体全体と五感のすべてで自然を体験すること。
その体験が感動を呼び起こし、子どもらしさを形成する。
そしてそれが心にゆとりをもたらす。
様々なことに追われ、心にゆとりをなくすと
子どもは心を彩ることができなくなる。
その透き通った器を曇らせ、素直に表現ができなくなる。
心にゆとりが持てると、様々な情報が苦も無く頭に入り
前向きに様々な挑戦をしてみたくなる。

自然の中で五感を使って感じ、自然と一体化する。
そしてその尊厳と美しさを当たり前のように心に刻む。
そんな経験を全ての塾生にさせてあげたい。


さて今回も農家のSさんの田んぼで実施させてもらったが
sさん
「この中から将来農業の後継者が一人でも出てきてくれたら…」
これを受けて最後に言いました
「みんな将来農学部を受験して下さいね(笑)」

Sさん、農協のKさんありがとうございました。
9月の稲刈り体験も、よろしくお願いいたします!

posted by scarecrow at 15:46| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

戦争でこの島を取り返す?

お騒がせな議員は次から次へと出てくる。

今回は維新の会から丸山議員。
20190520-OYT1I50029-1 (1).jpg
北方4島ビザなし交流に参加した際に
国後島で酒に酔い交流訪問団長にこの発言。

「団長は戦争でこの島を取り返すことに
 賛成ですか?反対ですか?」

う〜ん、そう思っていても
酔っていいところと悪いところ
言っていい場所悪い場所、
言っていい時悪い時
そんなことがわからないあまりに低レベル。
国民を代表する先生にあるまじき行為である。
さっさと辞任するのが良いと思う。
ただし、内容は私は否定しない。

終戦間際のどさくさに日ソ中立条約を破り
抵抗できない日本を侵略したのは
まぎれもなく当時のソ連、現在のロシアである。

現在の状況では、いやこれから永久に
戦争以外に取り返すすべはないのは明白。

これまで日本政府が人道支援とかお馬鹿な名目で
国民の血税を使ってインフラ整備などしてきた。
おかげでロシア人がまともに住める場所となったのである。
ほっとけばよいものを、盗人の国のために・・・。
お人よしにもほどがある。

返せ返せというから足元を見られる。
いらんカネを出さずにほっとけば今頃
どうなっていたであろうか。
人が住めるようなまともなインフラはなく
ほぼ無人の島になっていたかもしれない。
そうなれば、日本で売られる「ロシア産のカニ」
は国産のカニとして売られていたかも。

国土の問題はまず解決はしない。
島根県の某島も自衛隊が出来る前に武力で奪われた。
歴史的にも我が国の領土であることは
明白であるにもかかわらず実効支配を続けている国がある。

南に目を移せば
これまた他の国の領土を武力にものを言わせ
自国のものとしている国がある。
70年ほどの歴史しかないにもかかわらず
4000年の歴史だとか。
その場所に民族が違った国が出来ては
滅ぼされての4000年ではなかったかな?

我が国もうかうかしていては南の
小さな島を力で奪われかねない。
なにせ沖縄までも自国のであると本気で言ってる国である。
ほとほと石原知事の時代に東京都が買っておけば・・・。

しかし、こんなお偉い先生をだれが選んだんだ?

はい、国民です(笑)











posted by scarecrow at 13:55| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月04日

GWも後半

11時前、いつものように伊奈波神社に参拝。

日本晴れの気持ちのよい天気。
伊奈波神社.jpg

奥の本殿に上がると結婚式があったんだろう
花婿、花嫁と親族友人たちがぞろぞろ出てきた。

これからの人生、山あり谷あり決して平たんではないけれど
二人で乗り切って、どうぞお幸せに!

伊奈波神社3.jpg

伊奈波神社2.jpg

雲ひとつない真っ青な空。

午後、孫が帰って来た。

そのために、事務長は朝から久々に鯉のぼりを出した。
28年前、愛媛の両親が長男に買ってくれた鯉のぼり。
流石に色があせてきている。
鯉のぼり.jpg

ここ10年くらいは日の目を見なかった。
本当は3階にポール立てがあり、
そこに立てると四方から見る事が出来た。
風の強い日にはポールがしなり、風車は勢いよく回り
鯉のぼりと吹き流しは飛んでいきそうなくらいになびいて
この辺では今年も山田さんちの鯉のぼりが・・・と
5月の風物詩となっていた?
今日は2階のベランダにおとなしくつながれていた。

さて、今夜はこれから婿殿と一杯飲むかな。
posted by scarecrow at 19:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

令和

令和の初日は雨。

新しい時代の幕開けなんだろうけど
新年の様な新たな気分と言うわけではない。

最初に見たもの…事務長
   食べたもの…トースト
   呑んだもの…コーヒー
   着たもの…ジャージとラガーシャツ
   聞いた曲…Lemon

事務長に言われて二男と国旗を出す。

国旗2.jpg

昔は祝日にはどの家も国旗を掲げたものだ。
世界で一番美しい国旗だと思う。

夕方には雨も上がり 
   走ったところ…尚子ロード
尚子ロード.jpg

やっぱりここがいい。
岐阜で一番好きな場所。
雨で芝生が濡れていたので、
アスファルトのロードを走る。

平成の様な停滞ムードを吹き飛ばして
令和がいい時代になればいいね。


   
posted by scarecrow at 20:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました