訪問いただきまして、ありがとうございます。

2019年11月27日

無罪放免

9年前、京都で飲んでいて尿閉になった。
県総合病院へ駆け込み、パンクせずに済んだ。
それから7年、5回の尿閉を経験し、薬を飲み続け
2年前に名古屋セントラル病院で前立腺肥大の手術を受けた。
本日1年おきの定期検査の日。

実は9月、血尿がひどくて近くの泌尿器科へ行った。
エコーを見ると、膀胱に何やら小さなキノコみたいなものが。
定期検査を前に名古屋へ行き先生に診てもらうことにした。
内視鏡を膀胱に入れると、それが…にょきっとある。
「山田さん、これは石ですね、ガンではありません。」
止血薬を出してもらって帰宅。
その後一時止まったが、今月初めにまたもや出血。

さて、本日採血、採尿をして診察室の前で待つ。
30分ほどで、呼ばれる。
「先生、先月診察して頂いた後、今月初めに
 解禁前だと言うのに3日ばかりボジョレー全開でした。」
先生に大うけしたのかゲラゲラ笑い出す。
笑いながら
「山田さん、それは運動した後ですか?」
「いえ、してないときです・・・」
話はしばらく続き先生
「山田さん、よかったですね。やっと数値が下がりましたね」

そう、PSA(腫瘍マーカー)の数値が
初めて尿閉を起こした9年前からずっと4以上だったのが
初めてグレーゾーンを脱し4以下になった。

9年前には県総合病院で生検を勧められたが
ずっと拒んでいた。
生検、そう肛門から針を入れられ
直腸を貫き、前立腺に針を刺し検査をする。
10数か所も「バチン、バチン」とやられる。
怖くて逃げ続けていた。

2年前の手術の後、数値が6以上に上がり先生に
「本来ならドーンと下がるんですが、ガンの疑いがあります。」
と言われ、生検を勧められた。
しかし怖さが勝り、ここでも逃げの一手。
帰宅後事務長には
「なんで検査をしないの!」
と叱られる始末。
しかしそれが功を奏して、一月後の検査で数値が下がり
経過観察の身となった。
この9年間ずっとグレーゾーンだった私の数値が
今回初めて無罪放免、4を切ったのだ。

先生にこやかに
「ともかくよかったですね!
 次はまた来年、11月の…18日でいいですか?」
「はい大丈夫です。先生、一年に一回の診察って
 織姫と彦星みたいですね」
先生又笑いだし
「私と山田さんはそうロマンチックな関係じゃないと思いますが
 そうなんです、私の患者さんには織姫みたいな人が多いんですよ」

明るい会話の診察室っていいな〜。

posted by scarecrow at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

コーチ座談会

今夜はコーチ達が集まっての座談会。
今隣の部屋で何やら話しあっている。
何年前からだろう?
福林コーチがチーフの時だったように記憶している。
すると10年前かな。

コーチ達が自主的に夜集まって話し合う。
何って?
塾のこと、生徒のこと、イベントのこと。

最終はびっくりした。
私が頼んだわけでもないのに、
自分たちで勝手に集まって
授業の終わった後にミーティングをしている。

良い子たちに恵まれたな、と事務長と相好を崩したものだ。
それが今もなお連綿と続いている。

私も彼らに負けてはいられない、気合いを入れて頑張るぞ!
posted by scarecrow at 22:53| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

伊奈波神社と禁酒最終日

本年1月より、雨降り以外は
毎日伊奈波神社へ参拝に行っている。

今朝ふと気付くと紅葉がきれい。
今朝急に色づいたわけでもないのだが
なぜに昨日、一昨日、それ以前にそう思わなかったのだろう?
心の余裕がなかったんだろうか?
参拝を終え、家に帰ってカメラを持って神社に行く。

伊奈波1.jpg

伊奈波4.jpg

伊奈波2.jpg

伊奈波3.jpg

本当に日本に生まれて良かったと思う。
四季おりなす美しい自然の姿。

自然を見て「美しい」と感じる心、
子どもたちに持ってほしい。
四季を五感で感じてほしい。

写真を撮っていると何年振りだろう、
10数年前のこと、青山中のYさんのことを
なぜか思い出した。

12月上旬だっただろうか、
授業を終え皆帰った後
伊奈波中のTさんとYさん2人が残っていた。
Yさんが帰り際、ドアを開け外に出るやいなや振り返り

「塾長来て、冬の匂いがする」

その夜の空気はまさにキーンと冷え込んでいた。
Tさん、その言葉につられるように外に出て

「ほんとう、冬の匂いがする」

私も外に出て、空気を吸ってみた。
そして思った。
「この二人、すごくいいな〜」

透明感のある、張り詰めた空気の感覚。

今年で30歳になるのかな。
なんだろう、二人ともいいお母さんになるだろうな
となぜか思ってしまう。



さて本日は禁酒最終日。
辛かったのは5日目くらいまでで、
以降は思ったほどでもなかった。
煙草をやめたときと比べ物にならない。
今から思うと、ニコチンの威力は強大であった。

こんな機会でもないと、禁酒の機会はない。

明日飲む酒は決めてある。
ビール、赤ワイン、そしてウィスキー。

多分、今回の2週間の禁酒で今後酒の量が少し減りそうな予感。


posted by scarecrow at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月09日

禁酒

中間テストが近づいてきた。
学志舎では生徒にテスト対策講習会にあたって
誓約書を書いてもらっている。
3つの事を守るパターンと、2週間TV見ないというものがある。
今回は「3つ」のパターン。
IMG_0714.JPG
        申込書
IMG_0713.JPG
さて、今回生徒ばかりに誓約書を書かせても、
と思い、私をはじめコーチ達にも誓約書を書いてもらった。
それがこれ。


すでに月曜日より私の筋トレは始まっている。
今週分、最後の背筋をさっき終わらせた。

事務長の誓約は私が決めた。
彼女は最後まで
「私は絶対にいやだ!」
と抵抗していたが、木曜日にノンアルコールビールを
1ケース一緒に買いに行ってやっと観念した。
昨夜授業の後飲んだが、ま・ず・い。
IMG_0712.JPG
一缶でやめた。
しかし呑まずに寝ると朝の目覚めはすこぶる良い。
この2週間はめちゃくちゃ長いんだろうな。

生徒が頑張っている以上泣き言は言えない。
私も最後まで頑張ろう!
posted by scarecrow at 15:43| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月03日

ラグビーWC

南アフリカの圧勝で幕を閉じたWC。
戦前の予想ではイングランドが有利だった。

いや〜セットプレー、それにもましてディフェンスだよな。
日本と同様にイングランドは
南アフリカのディフェンスをこじ開ける事が出来なかった。
ゲインラインを越えられないという光景を何度も目にした。
完璧なディフェンスだった。

初戦、南アはオールブラックスに完敗した。
それから立て直しての優勝はお見事。

前回のWCで南アに勝って、ラグビーブームに
火がつくかと思われたが、鎮火。

今回は少し違うように思う。
この世界最高のプレーを間近に見た人たちは
きっとラグビーのファンになると思う。
少々ルールがわからなくても
ラグビーの迫力、面白さが分かったんじゃないかな。

しかし、日本チームの今回の活躍は
日本の人々に感動を与えたね。

私の好きなプレーヤー松島、堀江選手も活躍したし。
松島.jpg

堀江選手.jpg

いや〜ラグビーは最高に面白い!
ブレイブブロッサムズの選手たち、本当にありがとう!
posted by scarecrow at 22:01| Comment(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

職場体験で機関砲操作

朝日新聞デジタルより

掃海艇すがしま.jpg

京都市舞鶴市の海上自衛隊舞鶴基地で今月、

職場体験で訪れた男子中学生2人に掃膿「すがしま」

の機関砲を操作させていたとして、

市教職員組合が事実確認の調査や職場体験の中止を

求める要望書を市教委に出した。

「人を殺傷する能力のある銃器が公教育の場で使用され、

断じて許されるものではない」としている。

一方、市教委は

「安全性は十分に確認しており、問題ない」

としている。

 海自舞鶴地方総監部によると、今月3、4日の2日間、

市立中学校の2年生の男子生徒2人を職場体験として受け入れた。

中学生2人は掃海艇を見学し、機雷を除去するために装備されている

機関砲操作の模擬体験をした。

向きを手動で変えたり、レバーをひいて銃身を回転させたりした。

実弾は入っていなかったが、薬莢(やっきょう)は排出させたという。

同総監部は今年度、この学校のほかに

3校から職場体験の中学生を受け入れたが同様の行為はなかった。

同総監部は

「我々が働いている現場を理解して頂くもの。

安全を確保しており、問題はなかった」

としている。

 市教職員組合は17日、市教委に対し、

事実確認の調査や海自での職場体験の中止を求める要望書を提出した。

市教委は

「実弾は入っておらず、安全性を十分に確認したうえでの活動なので

問題はないと認識している」

としている。



私としては何が問題なのか全く分からない。

教育委員会、海自の言うことは正しい。

こういう輩(教職員組合)がいるからおかしくなる。

だったら家庭科の授業で包丁を持たせないこと。

図工の時間にカッターナイフを持たせないこと。

充分に殺傷能力があるからね。


私が教師だったら生徒にこう言うだろう。

「機関砲を操作した時重たくなかったか?

その重さこそが世界平和の、人命の重さなんだよ。

その感触を忘れるなよ。良い経験をしてきたな!」


posted by scarecrow at 13:56| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました