訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年02月06日

日経新聞コラムより

いつからだろうか、日経のコラムが面白い。
今日のコラムも風刺が効いていてgood!


最後の件は拍手喝采だな。
後ろから六行目に「かまびすしい」という表現を使っている。
これも単に「うるさい」ではなく、筆者のセンスがうかがえる。

ふと思う。
この言葉の意味を知っている若者はどれだけいるであろうか?
TVを見ていると、特にバラエティ番組では
「この先日本語は大丈夫か?」と思うことがある。
世界に例を見ない歴史ある日本の美しい言葉。

今日は本当に冬らしい寒さが厳しい日である。
こんな日晴れた空から花びらの様に舞い落ちる雪を「風花」という。
kazabana.jpg
また雪の別名を「六花」ともいう。
六角形の雪の結晶を想像するとよい。
何とも風情がある。

他に私の好きな言葉を少し。
「時雨」
これは冬に降る短い雨の事を指す。
時雨.jpg
北西の季節風に流された雲が日本海側から太平洋側へ移動する際に
盆地で雨を降らせることで、日本海側や京都盆地、
岐阜、長野、福島などの山間部ではよく見られる現象だそうだ。

「黄昏」
夕刻の薄暗くなった時間帯を指す。
黄昏.jpg
語源は「誰そ彼」
万葉集にも出てくる。
「誰そ彼とわれをな問ひそ九月
 露に濡れつつ君待つわれそ」
愛しい人を待つ切ない恋心が伝わってくる。

黄昏はまた何かの終焉近くの意味にもつかう。
私の人生は・・・うん、当分は黄昏ないな。

話は変わり・・・
こんな美しい日本をちょう落させる迷走する政治。
新型コロナ・・・アメリカ他、先進諸国と言わず
北朝鮮に至るまで、対応は早かった。
すぐに中国人が国内に入るのをシャットアウトした。
我が国では「花見の会」の追求で野党は必死。
こんな大事な、国民の安全を脅かす事態だというのに。
野党ばかりではない。
与党の大物second fioor氏は防護服などを中国に送ることを決めた。
なんと、この事態で日本国民の安全を優先しないで何を考えているのか?
今の政治屋の先生方には目を覆いたくなる。

選挙の時には「強盗」か「スリ」か「詐欺」かそのレベルで
どの政党が被害が少ないかで選ぶしかない。
私はだからいつも白紙で出す。
「美しい瑞穂の国」
長きにわたって権力の座にしがみつき、
美しい国を「種子法」「水道法」など諸外国企業の利益のための法案を通し
外国移民の受け入れ、2度による消費税の税アップなど
米国の様に国民の二極化を誘い、貧困の国へと貶める首相が
就任演説で言ったこの言葉が、空しく響く今日この頃である。



posted by scarecrow at 23:06| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました