訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年08月30日

安倍首相辞任

このお方突然の辞任、2度目である。

_114152119_p08pwd5b.jpg

検査入院した時から
「もしかしてあるかな?」
と思っていた。

だから別段驚きはない。
首相在任最長不倒を打ち立ててのとっとと辞任。
彼らしいと言ったら彼らしいか。
…辞任理由は本当に病気かどうか疑わしいとも思う。

しかし国民はよくぞこんな首相にこれまで
高支持率を与えていたものだ。
ここにきて下がってきたのは時すでに遅し?
もっと早く支持率を低下させ、辞任させるべきであったと思う。

この方、日本の国民のために何をした?

2度目の就任時にデフレ脱却内閣とうたい
その「3本の矢」を見た時には私も期待した。
ところが、いつの間にやら3本の矢の最も大切な1本
「財政拡大」が「「緊縮財政」に入れ替わっていた。

日銀に金融緩和というアクセルをふかさせながら
政府は緊縮というブレーキを踏み続けたのである。
そして挙句のはてに、愚策の真骨頂
「消費増税」、それも2回。
まさに国民を貧困に誘う、政策を立て続けにやった。

さて、安倍総理の負の総遺産を見ていただこう。
以下評論家のO,I氏のメルマガより。

●緊縮財政系:
・プライマリーバランス黒字化目標堅持。
・新規国債発行減額。
・二度の消費税増税。
・公共投資、地方交付税交付金、科学技術予算、教育支出、
 防衛費、防災費、診療報酬、介護報酬などの抑制と削減。
・公共病院統廃合と病床の削減。
・国民の社会保障負担の引き上げ。

●規制緩和系:
・派遣拡大、残業代ゼロ制度。
・混合診療拡大。
・水道民営化。
・非正規公務員割合の拡大。
・モンサント社(現バイエル)の農薬グリホサートの安全基準引き上げ。
・種子法廃止(種苗法改定法案も閣議決定)。
・農協改革、農地法や農業委員会法の改定。
・漁業法改定。
・国家戦略特区にてグローバリズム政策を実行。
・電力自由化。
・民泊拡大や白タク解禁の検討、シェアリング・エコノミー推進。
・IR法(カジノ解禁)。
・法人税減税。

●自由貿易系:
・TPP、日米FTA、日欧EPAなどの自由貿易協定。
・移民受け入れ拡大。
・インバウンド依存推進のためのビザ緩和。
・外国人の土地購入推進。

いやはや偉大なレガシーです!
これだけ国民を苦しめる政策を一貫して取り続けた政権は、
歴史にその名を刻まれて「名誉ある地位」を占めるでしょう。
その結果、何が起きたかも見ておきましょう。
・25年続くデフレの継続・悪化
・実質賃金:マイナス15%
・2019年10〜12月期におけるGDP:前期比年率マイナス7.1%
・2020年1〜3月期におけるGDP:前期比年率マイナス2.2%
・民間最終消費支出2014年4〜6月期:前期比マイナス4.8%
・民間最終消費支出2019年10〜12月期:前期比マイナス2.9%
・鉱工業生産指数2014年消費増税時:前期比マイナス4.9%
・鉱工業生産指数2019年消費増税時:前期比マイナス9.1%
 (東日本大震災時よりも悪化)
・民間設備投資2019年消費増税時:前期比マイナス4.7%
・世帯収入中央値:95年550万円から、2017年には423万円に
・2017年世帯所得分布:年収100万円台〜300万円台が41%に
・ワーキングプア:96年の800万人から安倍内閣発足後1100万人を突破し、以後高止まり。
・生活保護世帯数:97年(63万世帯)以降激増し、2014年160万世帯を突破、以後高止まり。
・金融資産ゼロ世帯割合:95年に8%、以後急増し、2012年に30%を突破、以後高止まり。
・非正規労働者割合:2014年に37%を突破、以後高止まり。
・非正規労働者の平均賃金:正規労働者の65%(2018年)、地方公務員は三分の一未満。
・子ども食堂:2012年ごろ開設。2016年319か所、2019年3700か所。

というわけで、「一億総活躍」してきたわけでございます。
そこにコロナがやってきて、2020年4〜6月期
GDP前期比年率マイナス27.8%という仕儀に至りました。
上記総裁候補のだれも消費税に手を触れようとしませんし、
仮に触れたとしても、期間を1年に限って2%の減税がせいぜいのところでしょう。
これでは、景気回復効果はゼロに等しく、
財務省やそのまわりをうろつくゴロ学者、マスゴミどもに
「ほら、減税してもやっぱり効果がなかったじゃないか。
さあ、これからはコロナ税で取り返さなくっちゃ」
という口実を与えてしまいます。
池上彰センセイ、万歳。おまけに、
「財政出動、緊急時だからこそこれだけやってあげたんだぞ」
とばかり、再び「財政健全化」に勢いづくこと疑いなしです。



これだけの総理を、この最近まで支持率を下げることなく
最長の任期を与えた国民もどうかしている。

重大な事実を伝えることなく、ただ森加計問題やら
花見などのどうでもよい(上記の問題に比べれば)
ことしか伝えなかったマスコミ、
そして国会で本当に大切なことを追及できない
野党の責任は非常に重たい。

ため息が出る。


posted by scarecrow at 15:09| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月21日

夏プロ2020終了

長いようで、振り返るとあっという間の夏プロ2020だった。
次回への反省点が1点。

それは・・・計画学習の徹底。

案内には必ず
「前日までに計画表を提出の上夏プロに入ること」
と書いてあり、生徒にも口頭で促していた。
今回はどれだけの生徒がやれるかとみていると…う〜ん。

冬は春と同様に講習会に入る前に
「計画立案講習会」をやらなければ、と思った。

計画を立てるということは簡単ではない。

塾の課題、学校の課題、自分でやりたいこと等
すべてを入れ込む。
塾に来る日に合わせて、どこまでやるか。
講習会最後の日までに、すべてのテストをクリアーするためには
いつどの勉強をして、いつテストを受けるか。
しっかりとした計画を立てるのには時間かかる。
しかし、しっかりとした計画ができれば半分は成功。

休日の計画をさぼって、遅れてしまい
途中で修正する場合もあるが、それはそれでよし。
失敗してそれを修正して実行する力が子供達には必要だと思う。

すべての生徒にドサッとやることを与えて
できなければ呼び出し補修をさせる。
これをすればどれだけ楽か。
生徒にゴールを見せ、自分で完結できるよう支援する。
それが学志舎の「自律型個別」である。
一人一人の提案書を出し、申し込みコマ数によっては内容を変える。
そして報告書。
「個別」をうたっている以上は、それだけのことはしなくてはならない。
さて、これから一人一人の夏プロ報告書を頑張って書くぞ。

よって、まだ私の夏プロ2020はまだ終わっていない。
posted by scarecrow at 10:05| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

原爆投下の日に

75回目の広島原爆の日。

18歳の時に初めて原爆資料館を訪れた。
あまりのむごさに鳥肌が立った。

そして数年前に訪れた時に違和感を持ったことがあった。
それはこれ。
800px-Cenotaph_Hiroshima.jpg

アップすると
wQu3_MFA

安らかに眠ってください。
過ちは繰り返しませんから。

問題は二行目。
生徒たちにも言った。

過ちは繰り返さない…それはアメリカが言うべきことだと。

以下2017年の私のブログより。






18歳の夏休みの終わり、京都に帰る途中広島に寄った。
そして原爆ドーム、平和記念資料館を見た。
鳥肌が立った。
この世のものとは思えない地獄絵図。
0a135e078cbcb7857eaebb597c5e2ee8.jpg
b_08279127.jpg
当時の交戦国家間の取りきめ、国際条約の
ハーグ条約にはこういう文言がある。

23条に禁止条項として
2.敵の国民を殺傷すること
5.不必要な苦痛を与える兵器、投射物、その他の物質を使用すること

またこういう文言もある
 規則の条項に違反した交戦当事者は、
 損害ある時は賠償の責を負うべきものとする。

戦後日本はGHQによって、

「日本は他国を侵略する悪い国である」
「だから反省と陳謝をしなければならない」

7年間も洗脳し続けられた。
また、日教組もその片棒を担ぎ続けた。
そして今の様な事実にそぐわない教科書、
それを学習させ祖国に誇りを持てない若者を育てた。
謝るべきは米国である。
罪を償うべきは米国である。
国際条約を破って罪なき日本国民を大量虐殺した。
原爆だけではない。
東京をはじめとする大空襲。
我が国民が大量に殺された。

私の母は学徒動員で愛媛師範学校時代に
名古屋の三菱の飛行機工場で働いた。
名古屋の空襲で逃げ惑う母から50mくらいの所に
爆弾が落ち、もう命はないと覚悟したこともあったとか。

平和記念公園の石碑に刻まれた言葉
1111633295404_1111632890024_image1.jpg

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませんから」

トルーマン大統領に捧げたい。
いや、彼が言うべき言葉であろう。

d75504f9738ce7e116156c1be3a528ea.jpg

     罪なき犠牲者の方々に 合掌


posted by scarecrow at 22:23| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました