訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年10月27日

坐禅研修

恒例の坐禅研修会に行ってきた。
今回で11回目。
8時30分に岐阜駅集合。
10時20分に宇治市にある黄檗宗大本山萬福寺到着。
山門.jpg

先ずは入山の心得を吉野和尚から聴く。
入山.jpg

そして今回担当してくださった辻岡和尚から坐禅の心得。

坐禅.jpg

初めての坐禅だったが、みな姿勢よく組めていた。

坐禅の後は昼食(斎座)
斎堂への移動はみな叉手当胸で廊下の端を歩く。
廊下.jpg


斎座.jpg

いつもはおひつで出て、みなでついで食べるものが、一人前ずつ盛ってあった。
これもコロナの影響かな。

その後写経。
写経.jpg

何年ぶりだろう、私も久しぶりに書いてみた。

1時間弱かかった。

2回目の坐禅。
全員警策をいただく。
警策.jpg

修了式。

吉野和尚から一人一人修了証を授与。
修了書.jpg

最後に担当してくださった辻岡和尚と。
修了.jpg

本堂で写経したものを辻岡和尚から受け取り下山。
三門のところでふと本堂を振り返ると
和尚がまだ私たちを見送ってくれていた。

私は生徒にこのことを言った。
私たちの姿が見えなくなるまで見送ってくれる和尚の人柄。
君たちがそしてそうしてもらったとき、その人をどう思うか。
最後の最後まで教えのある研修だった。
ありがとうございました。

中央中3年女子Kさんの感想


posted by scarecrow at 15:52| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

中津川フォークジャンボリー’71

飯田に住む姉が、埼玉に引っ越すことになった。
この11年、何回か飯田に遊びに行った。
最後に一緒に昼飯でも、と思って事務長と訪れた。

姉夫婦と4人でソバを食べた。
初めて飯田で食べた蕎麦屋がおいしくて
姉にそこを指定したのだが、あいにくの休み。

別のソバ屋で11時から2時間の歓談。

その後中津川へ行った。
目的は2つ。
栗きんとんと、今から49年前フォークジャンボリーが
開催された椛の湖畔の会場がどんなところだったのか見るため。

1971年の第3回ではなんと2万人を上回る若者が集まった。
出演者は
吉田拓郎 五輪真弓 ガロ 長谷川きよし 小室等と六文銭
岡林信康 山本コータロー はしだのりひこ かまやつひろし他
錚々たるメンバーが集まった。

「椛の湖」を目指して車を走らせる。
そこは今ではキャンプ場になっていた。

サブステージで伝説が生まれる。
前奏者の時からウィスキーをラッパ飲みしていた吉田拓郎が
酔っぱらって歌い始めた。

するとアクシデント、PAが故障したのである。
そこで小室等と六文銭を呼んでマイクなしで演奏を続行。
そこから「人間なんて」1曲を、こんな短い曲を延々2時間歌い続けた。
それを聞きつけ、サブステージに人がどんどん集まってきたという。


今では何の変哲もない広場である。
よくここに2万人の若者が集まったものだと思う。
今では林となっている斜面は当時木が生えてなかったらしい。
(キャンプ場の係りのお兄さん談)
ジャンボリー1.jpg
ジャンボリー2.jpg

8月7〜9日、熱い熱い夏の3日間だったに違いない。

目を閉じると、酔っぱらった拓郎が、六文銭の演奏をバックに
途中でギターを置いて「人間なんて」を絶叫する、そんな光景が浮かんだ。

ここで一句

夏草や若者どもが夢の跡???

おあとがよろしいようで。


ちなみに私は拓郎の曲の中で「マークU」が一番好き。

中学生の頃、兄の影響で拓郎を聴き始めた。
この歌を初めて聞いたとき、最後の詩にしびれてしまった。

♪年老いた男が 川面を見つめて

 時の流れを 知る日が来るだろうか♪

私の頭の中で

季節は晩秋、周りには人影はない。
石でできた低い橋の上に、コートの襟を立てた初老の男が一人。
枯葉が一枚流れる川面を、過去を振り返るように静かに見つめている。

そんな光景が浮かんだ。

自分にそんな年代が来るなんて想像もつかなかった。
しかし、もう遠くないんだな…。


初めて聞いたときのアコースティック1本でのライブ版もいいが
10年後のこのライブでのアレンジも結構好き。



posted by scarecrow at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月12日

日本学術会議

今話題の学術会議。
野党はなぜ6名を外したのかを必死に追及している。

こんなことをしているから野党はなんともならん。
もっと大事なことがあるだろう?

いつもながら民主党にはがっかりさせられる。

さて学術会議に関して、櫻井よしこ氏の
週刊新潮の連載コラム。


氏の言うことはもっともである。
私が日本学術会議に疑問を持ったのが2年前。

国際リニアコライダーの誘致に反対した時。
その理由がなんと
「技術的・経済的波及効果については現状では不透明な部分があり限定的」

?????

学者ならば、逆に世界のトップの物理学者が岩手、宮城に集結し、
宇宙の謎に迫る大型加速器の誘致を進めるべきであろう。


日本が手を上げないと、どうなるのか?
日本学術会議がその研究に貢献する
赤の大陸国家へ行く可能性がある。

うがった見方をすれば、赤の大国のために反対をしたのか?

これからの世代を担う若き物理学者、宇宙に思いをはせる
子ども達、世界でナンバーワンを目指さなければ何ともならない。
日本のためには全くマイナスの判断をくだした。

私はこの団体、なくてもよいのかも、と思っている。

ちなみに民主党のお嬢ちゃん、かつて事業仕分けで
「2位じゃだめなんですか?」

2位の技術に何の価値があるんだ?
国会でやはり声を大にして、学術会議問題に関して
菅さんにかみついている。

なんとかならんか?

posted by scarecrow at 15:55| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

ボーリング大会

昨日は学志舎第14回ボーリング大会。

いつものように集合時間の1時間前にボーリング場に行って
長机を借りて商品を準備する。
やってよかった好評の、ストライク賞のティッシュペーパー
スペアー賞のトイレットペーパー、優勝他の目録を並べる。
商品.jpg
こんなご時世なので、密を避けるために
いつもは1レーン4人なのだが2人にしてもらう。

今年も私は事務長とペアを組んで出場。
過去6度の出場で優勝5回(もちろん辞退)準優勝1回。
もちろん私たちにハンデはない。
1,2年生1ゲームにつき 70P
3,4年生  〃    50P
5,6年生、女性 〃  30P

本当にボーリング大会は盛り上がる。
あちこちから、悲鳴やらハイタッチ、ガッツポーズ。
伊藤君.jpg

ボーリング4.jpg

ボーリング3.jpg

そして表彰式。
優勝 I君お父さんペア 
賞品 山田農園ミカン15s
優勝.jpg

2位 K君お父さんペア
賞品 宮本農園高級ミカン 甘平5s
2位.jpg

3位 Iさんお母さんペア(I家は3年連続入賞)
賞品 山田農園ミカン10s
3位.jpg

BB賞 W君とお兄ちゃんペア 
賞品 愛媛ミカンジュース1箱
BB.jpg

私たちJJペアは?
熱いハンデに守られたI君とお父さんペアに敗れ2位でした。

ボーリング場の人に聞いてみた。
こんなご時世で大会を開催する団体はいないそうだ。
感謝されたな(笑)
ではまた来年。

posted by scarecrow at 23:37| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

彼岸花

昼過ぎに長良川の左岸を上流に向かって走っていた。
すると左手に、緑の中に真っ赤な光景が。

DSC_9682.JPG

長良川にかかるJRの鉄橋の南側である。
思わずウィンカーをだして道を降りる。
そして南へ向いて策があるところまで行き、そこから歩き。

まるで絨毯のようだった。

その向こうでは、ススキが出番を待っているかのように
その穂を伸ばしていた。

秋だな。

自然の美しさに触れると、「日本人でよかった」と思う。

ハワイで生まれ育っていたら・・・
う〜ん、年中「夏期講習」かな(笑)


posted by scarecrow at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

中秋の名月

昨夜は十五夜、中秋の名月。

塾が終わって夜空を見上げると

満月.jpg

いや〜きれいな満月。
思わずキ〜ンと冷えた、おいしい日本酒が飲みたくなった(笑)
23時からはいつものアルコールタイム。
あいにく日本酒を切らしていたので赤ワインで乾杯。

事務長思わず

「あっ、お団子買うの忘れた!」

昔の人はこの月を見て「うさぎ」の影が見えたのかな?




posted by scarecrow at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました