訪問いただきまして、ありがとうございます。

2014年09月16日

コーチ研修会2014.9

14日はコーチ達の座談会のあとに本年2回目の研修会。
毎月恒例の座談会は、コーチ達の自主運営の勉強会のようなものである。

研修会前半では、各コーチが担当でない生徒のことも分かるように、
情報の共有が出来るよう生徒別の資料を作っていた。
これも自分たちで自主的にやっている。

後半の90分は私が講師を務め、コーチングの研修。
今回は傾聴、質問作りの2点。研修会.jpg
皆真剣にセッション、ワークをこなしていった。

参加者のうち女性の2名は、今月で5年間勤めてくれた。
5年前の11月、京都からトレーナーのNさんに来てもらい
この教室でコーチングの初球知識編を取得。
一人は製薬会社に内定しており
一人はこれから薬剤師の国試に臨む。
もう一人、日曜日は来ていないが、医師の国試に臨む者もいる。

もしかしたら、今回が彼女たちの最後の研修会になるかも、
と思うと、何か感慨深いものがあった。
5年前、大学1年生の頃の彼女たちを思い出すと
本当に「人」として大きく成長してくれた。
私たちがいない時間も、安心して任せられる存在である。
万一何かトラブルがあっても、無難に対処してくれると信じている。

ほとんどの学生が、途中でやめることなく卒業まで働いてくれる。
ありがたい限りである。

うちのコーチ達、よそのどこの塾の教師よりもレベルは上だと思っている。
彼ら、彼女らあっての学志舎でもあり、私の自慢でもある。
posted by scarecrow at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました