訪問いただきまして、ありがとうございます。

2016年06月05日

保護者懇談会

5月17日に始まった保護者懇談会も
昨日をもって終了。
今回も9割を超す、多くの保護者の方に来ていただいた。
ありがたいこと事だと思う。
懇談会.jpg

今回は4月の全国模試の結果をもとに話をした。
テストと言えば「中間・期末」の定期テスト。
もちろんそれも大切だが、私は模試・実力テストを重要視する。

定期テストは、その範囲を頑張れば恰好はつく。
しかし模試・実テは、範囲が広い。
だから本当に力が付いてないと点が取れない。

私は万一定期テストの点が下がっても、
模試の偏差値が下がって無ければ心配しない。
その逆は大いに心配になる。
最終は「入試」なのだから。

どんな生徒でも上がり続けることは難しい。
上がったり下がったりで、右上がりのグラフが書ければよい。
大切なことは一喜一憂しないこと。
大人が揺れると、子供はもっと揺れる。

時に生徒の試験結果を見て「アチャー」と思うことがある。
しかし、そういうことはおくびにも出さず
「大丈夫、次は必ず上がるから」
とニコニコ笑顔で、次回への作戦を立てる。

生徒には
「何があれば、次回は同じ轍を踏まないか」
自分の中の答え探しをしてもらう。
ああやれ、こうやれではない。
自分の中の気づきが大切なのである。
それが自律への道でもある。

というわけで、今回のご参加あがとうございました。
また秋にお会いしましょう。


posted by scarecrow at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439216651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました