訪問いただきまして、ありがとうございます。

2016年06月17日

イチロー

イチローが日米通算4257安打を達成。
あのピートローズを抜いた。
すばらしい記録である。
20160616-00000078-sph-000-view.jpg

めでたい話なのだが、残念なことがあった。
ピートローズ談話。
「日本の安打を加えるなら、俺のマイナー時代の安打を加えろ」
がっかりである。
現役時代のクラウチングスタイル、ヘッドスライディング、
私はピートのファンだった。
Pete_Rose_Swing.jpg

素直にイチローの記録を祝福しておけばいいものを
日米野球はレベルが違うとか難癖をつけるのは
一部のメディアに任せておけばいいものを・・・。

記録とは後進が目標にし、抜くためにあるものだと思う。
ケチないらんことを言わなければ男を下げることもなかったのに。
全く残念。
心の狭いアスリートだったんだな・・・。
舛添氏ではないが、性根がセコイ(卑しい・ケチ)

そんなピートとメディア、
イチローは談話で、痛烈に皮肉った。
「大リーガーでピートの記録をで抜く人が現れてほしい・・・
 ジーターのような人格者が理想・・・」

イチローにとって記録が大切なのではなかった。
それはサムライジャパンのあ小久保監督との話の中にあった。
「小久保さんは数字を残すために野球をやってるんですか?
僕は心の中に磨きたい石がある。それを野球を通じて輝かしたい」
小久保監督はイチローの言葉から
「野球を通じて人間を磨く」ことの大切さを学んだとか。

超一流のアスリートとはこういうものなんだな。

ともあれ何と言おうが、世界ナンバーワン、おめでとう!
posted by scarecrow at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439218734
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました