訪問いただきまして、ありがとうございます。

2016年09月08日

野球・骨折

日曜日、野球の試合があった。
相手のチームは人数が集まらず不戦勝。
よって練習試合となった。

3回裏の攻撃中、若いチームメイト(卒塾生)が
「監督投げないんですか?」
「そうやな、練習試合やしな、投げようか。
 1点取られたら降板するわ」

4回の表、5月以来の登板。
3人をすべて内野ゴロで3アウト。
ベンチに戻ると
「次の回も行きますか?」
「いい時にやめとくわ」

家に帰ると肩と背中の筋肉痛と何やら胸に違和感。
月曜日、胸が痛い。
火曜日少しおさまったのでジョギングをする。
また痛くなる。
水曜日相変わらず、深呼吸をしただけで痛い。
10数年前、風呂場で転んで肋骨を折った時のような痛み。

今朝、整形外科へ行く。
受付で私より少し年上(だと思っている)の事務員さん

「山田さん、今日はどうされました?」

「胸が痛いんです」

「恋煩いですか?」

私は刹那人差し指を唇に立て、トーンを落とし

「近所の人もいるかもしれません。大きな声で言わないでください」

「ごめんなさい、そうですね」

横にいた若い事務員さん、笑いをこらえていた。
好きだな、こういうジョークを飛ばしてくるオバチャンって。

順番が来て診察室に入る。

「どうされました、山田さん」

「野球で、全力投球した後胸が痛くなったんですが・・・」

胸を少し触って、痛いところを探し当てると

「〇△×◇ですね」(よく覚えていない)

さすがに先生は「恋煩い」との診断はしなかった。

要するに疲労骨折のたぐいだとか。
骨の表に亀裂が入っていて、
レントゲンでも見えないことが多々あるとか。

ふ〜む、バアサンが咳をすると、ろっ骨が折れる時がある
その親戚かいな?
久しぶりの全力投球で骨に亀裂が入る?
年はとりたくないね・・・。

胸にサポーターのようなバンド?をして帰宅。

もうすぐ58歳、還暦まではなんとか現役でやりたいと思うのだが。
posted by scarecrow at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました