訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年03月03日

ひな祭り

今日はひな祭り。
我が家では長女も次女も成人して
「ま、いいか」てなかんじで数年前から
お雛様を出さなくなった。

私の故郷、愛媛県八幡浜市真穴地区の雛祭りは4月。
「座敷雛」といって、長女の時だけ
座敷いっぱいに風景を作ってお雛様を飾る。

県外から観光バスが来る。
姪の時、甥の長女の時も座敷雛を作った。
雛大工の下、親戚や近所の人も手伝って
3か月がかりで作る。
4月の2日の夜には「夜雛」のお披露目。
3日は本番。
4日の午前中には取り壊し。
その夜は「雛嵐」といって親戚縁者で大宴会。
甥の長女の時は120人くらいで宴会。



さて、端午の節句は子供の日で祝日なのに
女の子の桃の節句は何故に休みにならない?

「こどもの日」は子供の人格を重んじ、
子供の幸せを図るとともに、母に感謝する
事を趣旨として1948年に国民の祝日として制定。

こどもの日を制定するにあたって、
「3月3日」 「4月1日」 「5月5日」が候補に挙がった。
北海道、東北などの寒冷地でも温暖な時期である
ことを理由に「5月5日」が採用されたとか。

要するに、「こどもの日」と「端午の節句」は
同じ日であるが、意味合いが異なるものである。

ということでこどもの日が5月5日に制定されたため
ゴールデンウィークができたんだな。
桃の節句だと、GWは無かったのかな・・・。

しかし、こどもの幸せと、「母に感謝」、これいいね!

posted by scarecrow at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447656797
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました