訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年04月06日

長野・ 善光寺へ行く

昨日長野へ行ってきた。

飯田に住む姉に用事があったので
ついでに長野市まで足を伸ばした。

長野の目的は善光寺。
それは・・・事務長の以前からの要望。

9時に岐阜を出発。
飯田で姉に会いそばを食べ、1時間ほど話をして善光寺に向かう。
片道4時間の車の旅。
善光寺2.jpg

善光寺・・・高校の修学旅行以来42年ぶりかな。
1975年10月23日の午後だった。
22日に愛媛を出発して松本泊。
翌日美ケ原高原美術館、松本城見学の後に善光寺へ。
そして志賀高原泊。
徹夜で賭けポーカーに興じていた私と友人は
翌日の午前中の観光はパスしてバスの中で爆睡。
そんなことを許してくれた担任もおおらかだったな〜?(笑)
24日は湯元温泉泊。
25日は東京泊、私の17歳の誕生日会
を友人がやってくれてうれしかったな。
26日大阪行きの寝台列車泊、愛媛へ帰る。
5泊6日の旅だった。

修学旅行の数日前に、友人宅に7,8人が集まり
とりとめもない話をしたことを覚えている。
その時に一人が
「21世紀には俺たちは40過ぎのおっさんやな〜」
そんなのありえないってかんじで皆で笑った。
そんな日が来るなんて、その時には想像もできなかった。
自分がオッサンになるなんて。

今となっては40歳って若いと思う。
人生の折り返し地点をとっくに過ぎ
残りの人生を考える年となった今
何のために仕事をしているのか
自分なりの明確な答えがある。

人材育成。
そう、エリートを育成したい。
私の言うエリートとは世間で言うのと少し違う。
世のため人のために、自分の人生を賭して
仕事ができる人間。

世に出て役に立たない偏差値馬鹿(お勉強だけはよくできる)
だけは作りたくない。

以下は誰が言ったか知らないが、
数年前にネットで見たこと。

成功者には3種類の道があります。

1.この世において地位名誉、財産を残した生き方をして成功した人。
2.この世において社会に貢献する組織を残して成功した人。
3.この世において後世に社会に貢献する人材を残して成功した人。

このことを昔の偉人は
小さく成功した者は“お金”を残した人である。
中くらいに成功した者は“組織”を残した人である。
最大の成功者は後世に向かって“人材”を残した人である。
と言い伝えられています。

さて、あなたはどの
成功者の道を選びますか。



だから私の塾は、子供たちの
「自律」
を全力で支援する。
posted by scarecrow at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449364819
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました