訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年05月20日

これがしごき、体罰?

大阪の高校のバレー部の練習が体罰ではないかとの
ニュースを見た。

これを見たバレー経験者の我が家の二人の反応。
小・中でバレーをやってた次女
「は、これが体罰?当たり前の練習じゃん」
小・高でやってた事務長
「うん、これを問題にする人っておかしいんじゃない?
 下手したらパイプいすまで飛んできたよ。
 当たらないようにだけど」

二人の話を総合すると
これを問題にする人は、よっぽど弱い部活か
まともな練習はしていないとのこと。
強いところならごく普通、当たり前の練習らしい。
ニュースに取り上げるまでもない映像だとか。

私の印象も何も問題にするようなことでもないと思った。
100本ノックなどどちらもヘロヘロになるまでやってたな。

こんなので非難されたら、この先生が可哀そうだと思う。
この生徒もしごきだと思ってないらしいのにね。
世の中の「甘ちゃん」の非難に負けず頑張ってほしいね。

話は変わるが・・・
私は中2の時に担任の先生に本気で往復ビンタをやられた。
メチャクチャ痛かった。
もちろん悪いのは私である。
夕飯の時になぜか母から、先生から往復びんたを
食らったことについてこれまた叱られた。

近所に住む野球部のチームメイトが
親切にも私の母にチクッていたのであった(笑)

今だと考えられないことだろうな。
昔は教師も尊敬されていたし、それなりに
威厳をもって生徒に接していた。

いつしか「子供の人権」とやらがさけばれて
教師が生徒のレベルまで下がってしまった。
小学校では男子生徒を「さん」づけで呼ぶ。
聞いていて気持ちが悪い。
小学校の低学年の時は「君」「ちゃん」「さん」づけが多かったが
高学年からは呼び捨てが当たり前だったな。
それが大人だと思っていた。
なんとかならんか…と思う。

posted by scarecrow at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450254493
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました