訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年05月29日

今期初のマウンド

昨日朝8時に起きて野球のユニフォームをバッグに詰め込む。
そしてソフトボールのユニフォームを着る。
ソフトボールと野球の久々のWヘッダー。

9時半過ぎに笠松のトンボ天国のグラウンドへ。
いつもならファーストなのだが人数が9人ぎりぎりで、
メンバーの関係で監督からレフトを命じられる。

本当によく飛んできた。
何本ダッシュをしたことか。
試合は5回表まで6−10だったが、
裏の攻撃で3点を入れられコールド負け。
両太ももは右へ左へ、前へ後ろへのダッシュのためプルプル。

そこから高桑グラウンドへ。
1時からは野球の試合。
昨年11月23日の練習試合以来のマウンド。
一回表マウンドに立つとホームベースまでが
異様に遠く感じる。
こういうときはえてして調子は良くない。
最初から先発で2回までと決めていた。

一回表コントロールが定まらず、トップバッタカウントは3−1。
エイヤッツと投げたストレートはアウトコースに構えた
キャッチャーミットとは逆のインコースへ。
「しまった」と思った刹那、相手バッターが打ち損じてサードゴロ。
続く二人も凡退で3人で終わる。

その裏味方が4点を先取。

二回表、4番バッターに1ー2から真ん中低めのシュートを
うまくすくいあげられ、レフトへ大飛球。
レフトが背走に次ぐ背走。
向こうを向いたままグラブを差し出し
そんままつんのめって転んだ。
抜けたと思った。
レフトが起き上がりボールの入ったグラブを上げる。
見事なファインプレー。
その後三振一つをとり、三人で終わる。

2回裏、またも4点追加で楽勝ペース。

キャプテンが
「監督もう一回行きますか?
 もう一回投げると勝ち投手になれますよ」
「いや、いいときにやめとくわ」

相手は20〜30代の若者達。
いつ打たれるやらわからないから、そうそう投げてられない(笑)
試合は9−1の5回コールドゲームで勝ち。

さて、水曜日の岐阜新聞の軟式野球連盟の紙面に
久しぶりに名前が載るな。(バッテリーのところ)

今期はもう一回投げられるかな?

夜は7〜9時、試験対策講習に入る。
講習前に附属中の野球部のM君と野球談議に花が咲く。
彼は今日も絶好調で打率は5割を超え
審判のミスジャッジでホームランをファールに判定されたと
ぼやいていた。

来月は各中学、続々と中間試験が始まる。
こちらも気合を入れなくては。
今日は痛くて腕が肩の高さより上がらない・・・。


posted by scarecrow at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450339843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました