訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年07月15日

不覚をとる

泣くまいと思っていた。
いや泣かないだろうと思っていた。
しかし不覚を取ってしまった。

先月のブログを書いているときに、
結婚式のときに流す分の涙は出しつくしたと思っていた。

バージンロードをエスコートして歩く。
組んだ腕をほどき、娘の手を新郎に渡すとき
やばい、と思って必死にこらえた。

式が終わり、新郎新婦が退場する前から
長女の昔からの思い出が頭をめぐる。
こらえきれず涙が流れる。

退場していく二人に顔をそむけてしまった。
すると目の前は事務長。
しっかりと見たれてしまいましたな。

親としてはただただ娘の幸せを祈るだけ。

次女のときもこうなるのかな・・・。

DSC_0539 (1).JPG

posted by scarecrow at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました