訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年07月17日

平成の大横綱

昭和の大横綱と言えばもちろん大鵬。

さて平成は?
勝ち星、優勝回数で行くと白鵬なのだろうか?
maxresdefault.jpg

しかし、昨日の宇良戦を見てがっかり。
立ち合いで変わるか?


勝負の決着は豪快な投げで、視線はそちらに行ったが
どうにもあの小細工は頂けない。
横綱の相撲とは思えない。

するとやはりこの人しかいないだろう。
tak912-jlp01142854.jpg

貴乃花光司

曙、武蔵丸の全盛期に、優勝22回は立派なもの。
一切小細工なし、受けて立つ相撲は見ていて気持ちが良かった。
横綱としての品格も文句なし。
千代の富士の様な八百長相撲は一切なし。
ガチンコ相撲一筋だった。
まぎれもなく彼が大鵬に続く大横綱と言えるであろう。

返す返すも昨日の白鵬の相撲はがっかり。

posted by scarecrow at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました