訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年12月13日

伊方原発3号機差し止め

伊方町は私の実家から海を隔てた所にある。
原発は瀬戸内海側。
しかし、何か事故があれば被害は免れない距離である。

3号機が差し止め判決。
その理由が、阿蘇山が過去最大の爆発を起こした場合
その火砕流が豊予海峡を埋め尽くし
伊方原発まで届くらしい???
ほう、東宝映画では阿蘇山に潜む
「ラドン」もびっくりの判決ですな。
515HmrmQooL__SY445_.jpg
全く現実味を帯びていない。
こういう裁判官がいるからおかしくなる。

すべての原発を稼働せよとは言わないが
総電力量の三分の一ずつは原発と火力で
残りをその他でまかなうとかね。
そうしないと日本のエネルギーの安全保障は保たれないと思う。
なんでも反対すればよいものではない。
大局からものを見て判断すべきである。

原告は広島県の4人だとか。

返す返すも残念な判決ではある。

posted by scarecrow at 20:43| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました