訪問いただきまして、ありがとうございます。

2018年05月14日

許されないタックル

ワイドショーで信じられない光景を見た。

日大のDL宮川選手がボールを投げて数秒たった
関西学院大学QBに信じられないタックルをした。
映像を見る限り、あきらかに故意である。
3週間の怪我で済んだが、一歩間違えると
再起不能になりかねない、悪質な行為である。

試合後の日大の内田監督のコメントに驚いた。
「あれくらいやらないと勝てない」
????????????????

この監督にしてこの選手である。

直接のコンタクトがあるアメフト、ラグビーなどのスポーツは
他のスポーツにましてルールを厳守することが求められる。

本当に強いチームの指導者は、プレー以前に
一人の人間としての成長を求める。
ラグビーで前人未到の10連覇を達成した
帝京大学の岩出監督。
陸上では、箱根で3連覇の青学大の原監督。

    「人として」
これがあってのスポーツであると私も思う。


posted by scarecrow at 21:51| Comment(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました