訪問いただきまして、ありがとうございます。

2018年05月23日

許されないタックル2

昨日日大の宮川選手が会見をし、
本日内田監督、井上コーチの会見があった。
20180524-00000002-wordleafs-05b2e69f80148eede5fa881b588df4eeb.jpg
呆れてものが言えなくなった。
これまでの対応を見ていて
ひたすら保身に走っていると誰もが思うだろう。
トカゲのしっぽ切りで終わらせるつもりですか?

またすごいのがあの司会者。
xDd4ZmrwUQAATHbP-1024x530_jpg_pagespeed_ic_gKi18aljpJ.jpg
う〜ん、謝罪会見にしてはあり得ない(笑)
恐るべし日大の広報。
きっとこの人もやり玉にあがるんだろうな。

先週ブログを書いた時には監督、コーチからの
指示があったことがまだわかっていなかった。
今の状況では、宮川選手に同情の余地あり。
アメフトをやめるか、関学QBをつぶすか
2者の択一を指導者から迫られたのである。

しかし、やったことの責任は重大ではある。
3週間のけがで済んだが、相当危険なタックルである。

生徒には言った。
あの監督はそうとう驕っている。
「実るほど首を垂れる稲穂かな」
この諺を聞かせてりゃりたいね、と。
選手と話をしない監督。
時代錯誤も立派なものです。

あまりにTVで流れすぎで、少々食傷気味。
こんな指導者のもとでよく優勝できたな。
選手は頑張ってるんだろうね。

しばらくは続きそうな雰囲気かな。




posted by scarecrow at 23:25| Comment(0) | スポーツ関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました