訪問いただきまして、ありがとうございます。

2019年04月20日

消費税...もしかして?

  1. 萩生田幹事長代行が、消費税の延期に言及。
日銀短観の内容次第では延期もあり得るとのこと。
AS20190419002923_commL (1).jpg

いや〜本当にあり得るのなら安倍さん
任期が長いだけで、景気をダウンさせ
デフレ脱却できなかったダメ総理の
烙印を押されなくてすむかも。
それどころか逆に、国民を貧困化させる
増税にまい進する財務省を欺き
直前で延期を表明。(できれば凍結、減税すればなおgood)
それまでの消費税対策と、延期によるマインドのアップで
景気は回復、実質賃金アップ、デフレ脱却
なんてシナリオが頭にうかぶ。

財務省の全ての悪の根源、全くする必要のない
   「PB黒字化」
が税収入の大幅な上昇によって解決。
こうなると日本の未来は明るい。


菅さんはすぐに打ち消したが、いやいや
もしかして期待が持てそう?
yjimage.jpg

当初安倍さんずっと「・・・の予定」と言い続けていたが
いつからか予定の言葉がなくなった。
その時点で
「財務省には勝てないのか」
と残念に思っていた。

ここにきてもしかして?
日本経済は後に「大蔵省に騙された」と言ったとかの
火だるまになっても行政改革をやると言って
大蔵省のマリオネットよろしくやらんでいい財政改革を実施し、
日本の経済を火の車にした1997年の橋本内閣以来
長いデフレのトンネルから脱却できるかもしれない。

さて、日本経済新聞に物価は上がっているとのこと。
すなわちデフレではないと言いたいのだろうが…。
しかしその指標は生鮮食品を除くコアCPIが指標となっている。
世界基準は「生鮮食品+エネルギー価格」
そう、不安定要素をできるだけ除いたコアコアCPIである。

上昇に寄与した第一位が「ガソリン」すなわち本来ならば
0.8%の上昇ではなくマイナスとなっていたはず。
ここらあたりにも国民を欺く財務省の意向が反映されてるんだろうな。

この秋、日本は安倍内閣の決断で大きく変わろうとしている。
「美しい瑞穂の国…」
もいいのだが、それだけではなく
「日出づる処の天子、書を日没する処の天子に致す」
そう書簡を送った聖徳太子のごとく矜持を持ち
傍若無人の振る舞いをする、かの赤の大国を押さえ
経済大国日本復活へ、安倍さん頑張れ!!!

posted by scarecrow at 11:51| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました