訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年04月14日

ありがたい言葉

コロナでの休校で、午前中からの特別授業体制が続く。
春プロ(春期講習)がずっと続いている感じ。

生徒を送って来たお母さんと話をした。

「いつになったら収束しますかね。」

「ほんと、早く収まってほしいですね。
 でも学志舎さんが授業をやってくれるので
 本当にありがたいです。」

「内心毎日ドキドキものです。
 うちからコロナが出たら即おしまいですからね。」

「本当ですよね。スーパーへ行くと子供連れの方を見ますが
 いかがなものかと思います。
 学志舎さんに迷惑がかからないように
 子供の体調には私も十分に気を付けています。」

「ありがとうございます。
 皆さんのご協力で授業ができること感謝です。」

本当にありがたい言葉である。

そしてお母さん、コロナについてマスコミをはじめ
少し神経質になりすぎなようにも感じると言っていた。
もちろんコロナウィルスを軽視するわけではなく
細心の注意を払うことは当たり前かつ必要だが、
亡くなっているのはほぼお年寄りで
若い子は無症状か、軽く済んでいるという現実。

今回(4/7日より)私は授業するかどうか悩んだ末にやってみた。
そして医師の子供さんが全員授業に来てくれたことで
来週からの授業延長も決めた。

さて、ここまでウィルスが蔓延してきた原因。
初動に失敗した政府の責任は重い。
ほかの国々が中国からの入国を禁じた後も
なぜか我が国は受け入れ続けた。
台湾が入国を禁じ、北朝鮮も禁じたあとも
北京大使館のHPでは安倍総理のコメントを掲載していた。
「春節にはどうぞ日本へ!」

おまけに防護服やらマスクを中国に送る始末。
わが国民のためのものをなぜに???

この件について私は2月6日のブログに書いている。

さらには他の国々が痛烈に中国を批判している中
わが国だけは全くと言っていいほど批判をしない。
いったいどうなっているんだ?
政治家とかの国に、何かあると疑わざるを得ないね。
国民の安全を守る国家としての機能が全く働いていない。

一にも早い収束を願うばかりである。
posted by scarecrow at 19:06| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました