訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年05月21日

甲子園よ、夏もか

コロナウィルスの影響で、春に続き夏も中止。
高校球児の心境を思うと可哀そうでならない。

私立の強豪校などの球児は
甲子園に出るがために高校へ入った。

特に3年生はやるせないだろうな。
甲子園でゲームをやったところで3蜜にはならないだろうに。

インターハイなど、中止を決めているのでその関係もあるのかね。
野球だけ特別というわけには。

この50年、お盆が終わると夏が半分終わった気分になって
甲子園が終わると完全に
「今年も夏が終わった」
と思っていた。
すると私の中で、今年の夏は終わらないのか(笑)
笑っている場合ではない。

台湾が中国をシャットアウトしたのが1月の26日頃で、
北朝鮮が同様にしたのが2月の3日あたり。
そのころ、北京大使館のHPでは安倍さん
「春節には日本へWelcome!]ってやってた。
また「北海道ではゆきまつりをやってまっせ〜」
北海道の死者は誰に殺されたのかね?
団体旅行者はだめでも個人ならOK?

日経新聞より…国民の安全を考えた政治家とそうでない政治家の違い

為政者の意識の違いというのだろうか。
その後のいろいろな対応を見ても、とてもリーダーシップをとって
獅子奮迅の・・・とはかけ離れた対応。
仕方がない。
日本の総理は国民のために政治をやっている御仁ではないのだから。

ここで罪務省と戦って「消費税」をなくせば
「戦後最長で、2度も消費税を上げ国民を貧困に陥れた総理」
の汚名は返上されるが、それもかなわないだろう。

欧米ではきつく中国を非難しているが
日本は何を忖度しているのか
何かひけめがあるのか
まったくその気配がない。
これはいったい何なんだろうか?

好き嫌いを問わず、橋下さんのような人が
このような危機に面したときはいいのかな。

為政者ばかりを責めてはいられない。
モリ・カケ問題、花見問題。
白々しいウソは明白。
財務省の公文書改竄などはあってはならない。
本来なら内閣がぶっ飛んでもよい問題だ。
そんなことがあっても支持率はそんなに下がらない。
GDPが下がりつつある中での2度目の消費増税。
「景気は緩やかに改善されつつある」
総理・財務大臣のこんな声を言葉信じる奴の顔が見たい。
こんな国民だから舐められる。

私はことあるたびに生徒に言う。

世の中のことを知りなさい。
そして18になったら選挙に行きなさい。
君たちの、そして君たちの子供、孫の時代をよくするために!


posted by scarecrow at 20:48| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました