訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年06月04日

次亜塩素酸水報道

ここのところニュースやワイドショーに結構露出。
しかし、バッシングの嵐である。

学志舎でも3月から机の消毒と、
加湿器による噴霧で使用している。

今回の取り上げ方に、私は違和感を感じた。
一方的に悪役にされているような感じ。

病院や老人施設などで以前から使われている。
パナソニックは次亜塩素酸専用機器
「ジアイーノ」
を販売している。
f_mv4100_main.jpg

これなんか30万前後する。
それでも飛ぶように売れたらしい。
その影響で健康を害したというニュースを聞いたことがない。
私も、4年前から「放課後等デイサービス」の事業所で
手指や物の消毒用と、所内の噴霧に使っているが、
気分を悪くしたり、何か問題が起こったことがない。
ある歯科医のHPより。

NITEを見ると中間発表時点で「有効性は確認されていない」という書き方。
京都女子大の名誉教授、山形大学の天羽准教授が反対派。
北海道大学玉城名誉教授は実験の結果、有効性(コロナウィルスが不活化)が認められ
食品の洗浄、手洗いなどで有効としている。

そのほか岡山大学の実験でも効果を認めている。
さて、不思議なことに京都女子大、山形大学のお二方は
実験の結果として発表してない。
反対派の教授の見解は報道しても。
肯定派の意見をマスコミはほとんど流さない。

また次亜水の噴霧についてマスコミではWHOの見解をもって
危険としている。

WHOの見解
「COVID-19(注:新型コロナウイルス)について、
 噴霧や燻蒸(くんじょう)による環境表面への消毒剤の
 日常的な使用は推奨されない」
さらに、
「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。
 これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、
 感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」

う〜ん、消毒剤とはいっても次亜水と言ってないな〜。

ふと思う。
この異様なバッシングで利するものは誰?
アルコール製造業者?
このままでは、安全で安価な次亜塩素酸水に
とってかわられ、売り上げが落ちてしまう。

誰かが何かをしたいとき、ほかの権威を借りて物を言わす。

安倍政権での2度の消費増税を思い起こせば...

財務官僚は200〜300人規模で
政治家、大学教授、その他の識者などに
プライマリーバランス黒字化のために
消費増税は絶対に必要と洗脳して歩いた。

「国民一人当たり800万円の謝金を抱えている。」
「このまま負の遺産を未来へ残すわけにはいかない。」

TVで新聞でウソの大合唱。
経団連の会長まで言い出す始末。
白のものを何回も言えば黒に思えてしまう。

一回言った輩は自分の言葉を否定できない。
特に社会的に高い立場の方は変な矜持を持っているのであろう。
昨年MMT理論で有名なNY州立大学のケルトン教授が来日して
京都でシンポジウムを開いた。
財務省の言うウソがはっきりと明らかになった。
しかし、やはり一回言った自説(洗脳された)を曲げない。

東大名誉教授の吉川洋氏などはその筆頭である。
緊縮財政(プライマリーバランス黒字化)の必要性を説く
財務省のお抱え教授?
吉川洋.jpg

元内閣官房参の京大教授藤井聡氏とのTV論戦では
藤井聡.png
ぐうの音も出ないほど叩きのめされるが
(当たり前である。正しい理論の前にウソは通用しない)
東京のキー局ではすべてカットされるらしい。
財務省にとっては都合の悪いことだから。
プライマリーバランス黒字化のために
消費増税が必要と、嘘八百を言って
国民を欺くやつらにとってはウソがばれてしまうから。

またIMF(交際通貨基金)が日本のプライマリーバランスに言及し
消費税を上げろ!なんて、
IMFにいる財務省出向者が、さもIMFの見解のように言ってるだけである。
従わないと国際的信用が落ちてしまうと、財務省は政治家に言わせる。
嘘まみれで国民を貧困に陥れる財務省に、日々怒り心頭なのである(笑)

このような事実から、今回のバッシングの裏に
何かありはしないかと思うのは下種の勘繰りであろうか?


posted by scarecrow at 16:25| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました