訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年12月21日

高校女子駅伝2020

昨日高校女子駅伝が京都にて開催。
今回で4回目の愛媛の母校(高校)の応援に行ってきた。
14年連続で出場。
愛媛では目下敵なしだが、全国ではまだまだ。
今回予選タイムが19位で、監督も初の20位以内を目標としていた。

今年は武漢ウィルスのお陰で、西京極の競技場は入場禁止。
烏丸紫明あたりで応援。


通過順位は26.7位だっただろうか。
目の前を通過するときに
「八高がんばれ〜」
と大声で応援するも、選手は走るのに必死で気付かない。

最後の沖縄県代表が言った後に、烏丸通を南へ歩く。

今回は応援ともう一つの目的が次女とのデート。
前夜から上洛して夕食を次女と食べる。
うちの子、小さいころから愛媛の田舎で青物を食べなれているせいか
ハマチ、アジ、サバ、イワシなどが大好き。
ホテルの近くの居酒屋を京都への電車の中で検索していると
近くに「サバ」専門の居酒屋があった。
そこで美味しいサバに舌鼓を打ちながら、地酒を飲んだ。

さて、次女と母校(大学)の西門まで歩く。
キャンパスの入り口には、部外者へのお断りが貼ってあった。
「入らないで!」とのこと。
本当ならば、キャンパスを正門まで歩いて、
御所の入口へ行く予定だったが、今出川通りを歩いて御所に入る。

がらんとしたキャンパス。
同志社.jpg

蛤御門から御所を出て、丸太町まで行き、電車で河原町へ。
37年前、事務長と初めて待ち合わせをした喫茶「フランソワ」へ。
コーヒーを飲んで、南へすぐの村上重(お漬物屋さん)へ。

目当ては私の大好きな「千枚漬」。
美味しいお酒とここの千枚漬があれば至福の時(笑)
数あるお漬物屋さんの中で調味料なし、良質の昆布と塩だけで漬けた
シンプルな千枚漬けはここだけであろう。
ほかの店より値段は少々高いが、文句なく美味しい。
千枚漬を買って四条通を西へ、寺町通りへと向かう。
するとバイクの大きな音とともに、なんとサンタのコスプレをした
ハーレーおじさんたち。

ha-re- サンタ.JPG
小さな子供が手を振ると、愛想よく手を振っていた。

次女が甘栗屋さんの手前で
「あそこがお母さんのお気に入りのお店」

早速店に入ると、天津甘栗の横に岡山産甘栗が並んでいる。
「何度かお母さんに買って帰ってるけど、初めて見た」
と次女。
店員に聞く
「どっちが美味しいの?」
「中国産のほうが小さくて甘みはあります」
値段を見ると岡山産甘栗のほうが倍高い。
国産甘栗は食べたことがないので、事務長へのお土産に買う。

寺町通りを上がり、錦市場へ。
「カキの大安」でお昼ご飯。
生ガキ、焼きガキ、カキフライ、田楽。
美味しくいただきました。

2時過ぎに次女と別れ帰宅の途へ。

いつ以来だろうか次女とのデートは。
小学校5年生だったか、夏休みの最後に
小牧の温水プールへ行って以来かな?
帰りに名神一宮IC近くの横綱ラーメンへ行ったな。
あれから15年、早いもんだ。
白髪が増えるわ、薄くなるわ、子供が大きくなる分、親は年を取る。
いつかは親から離れていく、それももう近い。
posted by scarecrow at 14:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました