訪問いただきまして、ありがとうございます。

2007年08月23日

2007夏の甲子園

公立普通科高校の佐賀北高校が、
私立の古豪広陵高校を下して優勝した。

私は昨日もちろん授業で試合は見ていない。
途中まで4−0で勝っており、しかもヒット1本に抑えていた
広陵高校がなぜ8回裏に5点を入れられ逆転されたのか?

通常ならば無事広陵高校が勝利で終わる展開である。
「流れが変わる・・・強力な何かがあったに違いない」
そう思って帰宅後、熱闘甲子園を見ていた。

なるほど、あった!
長男が私が帰るやいなや
「広陵のピッチャー可哀想やった。
完全なストライクがボールやもんな」と言ったが、
8回裏の満塁からの押し出しの「ボール」は
まさしく「ストライク」だ。
私だけではなく、TVを見ていたほとんどの人は
ストライクだと思ったことだろう。
きっと実況放送でその場面、NHKはリプレイを
流さなかったのではないかな?
NHKは、ジャッジミスを思われるはシーンは
リプレイをほとんど流さないから。
その点民放は正直だ。
ボールのコールの後「エッ、そんな?」と言わんばかりの
驚きの表情の広陵高校のエースと、
くやしさにミットを地面に叩きつける
キャッチャーの姿を放映していた。
間違っていたらごめんなさい。
あのバッテリーの表情と、行動から推察するに、
それまでは、あのコースのボールの球審のジャッジは
きちんと「ストライク」だったんじゃないのかな。

広陵高校監督が「悔いはあります」とコメントしていたが
その気持ち分からないでもない。
暗に「ミスジャッジに負けた」と言いたいんだろう。
あの一球のミスジャッジがなければ、
副島選手の満塁ホームランは十中八、九出ていないだろう。
そして真紅の大優勝旗は広陵高校が持ち帰っていたはずだ。

私はもちろん公立高校の佐賀北高校に勝って欲しかったが、
少々後味の悪い勝ち方である。
とはいえ、審判は神様ではないから、ミスは責められない。
地方大会の審判に比べれば、正確さは数段上ではある。
アンパイアも映像を見て悔やんでいることだろう。
もしかしたら、コールの後で「しまった」と思っていたかもしれない。
一生忘れられないジャッジになるであろうな。
そう考えると、アンパイアも広陵高校も可哀想だな。

しかし、11年ぶりの公立高校の優勝はめでたい。
勉強もそこそこできて、練習時間も格段に少ない、
県内の生徒だけの普通科高校が、
野球特待生の私立高校に勝ったのだから。

午後からの授業は受けなくてもよく、
野球の練習だけに精を出しても、
負けるときは負けるんだよな。

あの1球さえなければ・・・
そんな今年の甲子園の幕切れだった。
posted by scarecrow at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
最後まで読んでいただきましてありがとうございました