訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年04月04日

久々の休日2020

今日は必ず行くと決めていた。
そう桜の花見へ。

そして絶対に仕事をしないと決めていた。
1月3日以来の完全休日。

事務長と墨俣までの短いドライブ。
うん、桜がとっても綺麗だった。
あと何回桜を見る事が出来るんだろうな〜なんて(笑)
墨俣.jpg

帰りにスーパーで買い物をして帰宅。

3カ月休みなし。
ブラックって言われそうだが、いたって気にならない。

私の仕事はこの国の未来を作る
近未来の大人を育てる事だから。

偏差値なんかじゃない。
学んだものを人の為に活かせる、
  「ありがとう」
って言葉をいっぱい言われる
そんな近未来の大人を育てること。


posted by scarecrow at 22:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月20日

さざれ石

♪ 君が代は 
 千代に八千代に
 さざれ石
 巌となりて
 苔のむすまで ♪

先々週、受験生のお守りを頂きに
北の天満宮へ行った時のこと。
平日で参拝客も少なく、無料駐車場も
結構奥の方へ停めることができた。

すると、斜め前にあったのがこれ。
さざれ石.jpg

看板に
「国家 君が代に詠まれているさざれ石」
なんと、君が代の「さざれ石」はこれなのか?
しかし、さらに続いてその横には
「奉納 タワラ産業株式会社
      細谷信彰」

ん?奉納?会社?代表?

これが君が代のモデルになったさざれ石なのか?
何か違うぞ!
すぐさま携帯で調べると、
全国各地にさざれ石は結構あるが
そのモデルになった場所が分かった。

揖斐川町春日河合の「さざれ石公園」
え?近くにあったんだ!

というわけで岐阜に帰ったら行ってみようと思って
本日めでたく事務長と行ってきた。

揖斐川といっても、場所的には垂井の北
と言った方が分かりやすいかな。
伊奈波神社から約40q、1時間10分。
最後は車の行き来がないような川沿いの細い道を走り
ついにさざれ石公園に着いた。
広くない駐車場には車一台ない。
そこから200m、坂道階段を歩く。

携帯で見たその景色が目の前に。

さざれ石2.jpg

これは大きい。
石碑には
「さざれ石
 国家君が代発祥の地
 内閣総理大臣
 中曽根康弘」

間違いない。


以下ネットより

さざれ石は君が代の歌の中に登場する石の名前ですが、

このさざれ石は平安朝時代、

一人の歌人によって詠まれた歌に登場します。

その歌人は文徳天皇(ご在位850〜858)の皇子

惟喬親王に仕えていた藤原朝臣石位左衛門という人物で、

お椀やお盆を製作する事を生業とし、

良い材料を求める為に江州(滋賀)君ヶ畑から

美濃の春日村に移り住みました。

ある日、石位左衛門は江州の君ヶ畑へ向かう途中の渓流で

石が凝結し苔のむす巨岩を見て、

これは素晴らしい、めでたい石だ!と感動し、

「わが君は千代に八千代にさざれ石の

 いわおとなりて苔のむすまで」

と詠まれたそうです。

後にこの歌は「古今和歌集」の選者の一人である

紀貫之によって選んだとされ、

巻第七「賀歌」の冒頭に読人知らずとして登場します。

このように、さざれ石は石位左衛門がたまたま通りかかった所で見つけ、

感動した事により、歌の中でその魅力を

伝えられたのではないかと思われます。

そしてこの歌が千年以上の時を経て日本の国歌「君が代」として

国民に歌われるようになり、多くの方にさざれ石という言葉が

認識されるようになりました。

そう考えると、石位左衛門は国歌の元となる歌を作り上げたという

偉業を成した人物ではないかと思われます。

ちなみに、石位左衛門という名前はこの歌によって

朝廷から位を賜った以降に名乗った名前であるので、

詠った当初の名前は分からず、

古今和歌集には読み人知らずとして載せられたそうです。






posted by scarecrow at 21:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月27日

無罪放免

9年前、京都で飲んでいて尿閉になった。
県総合病院へ駆け込み、パンクせずに済んだ。
それから7年、5回の尿閉を経験し、薬を飲み続け
2年前に名古屋セントラル病院で前立腺肥大の手術を受けた。
本日1年おきの定期検査の日。

実は9月、血尿がひどくて近くの泌尿器科へ行った。
エコーを見ると、膀胱に何やら小さなキノコみたいなものが。
定期検査を前に名古屋へ行き先生に診てもらうことにした。
内視鏡を膀胱に入れると、それが…にょきっとある。
「山田さん、これは石ですね、ガンではありません。」
止血薬を出してもらって帰宅。
その後一時止まったが、今月初めにまたもや出血。

さて、本日採血、採尿をして診察室の前で待つ。
30分ほどで、呼ばれる。
「山田さん、血尿ですか?」
「はい先生、先月診察して頂いた後、今月初めに
 解禁前だと言うのに3日ばかりボジョレー全開でした。」
先生に大うけしたのかゲラゲラ笑い出す。
笑いながら
「山田さん、それは運動した後ですか?」
「いえ、してないときです・・・」
話はしばらく続き先生
「山田さん、よかったですね。やっと数値が下がりましたね」

そう、PSA(腫瘍マーカー)の数値が
初めて尿閉を起こした9年前からずっと4以上だったのが
初めてグレーゾーンを脱し4以下になった。

9年前には県総合病院で生検を勧められたが
ずっと拒んでいた。
生検、そう肛門から針を入れられ
直腸を貫き、前立腺に針を刺し検査をする。
10数か所も「バチン、バチン」とやられる。
怖くて逃げ続けていた。

2年前の手術の後、数値が6以上に上がり先生に
「本来ならドーンと下がるんですが、ガンの疑いがあります。」
と言われ、生検を勧められた。
しかし怖さが勝り、ここでも逃げの一手。
帰宅後事務長には
「なんで検査をしないの!」
と叱られる始末。
しかしそれが功を奏して、一月後の検査で数値が下がり
経過観察の身となった。
この9年間ずっとグレーゾーンだった私の数値が
今回初めて無罪放免、4を切ったのだ。

先生にこやかに
「ともかくよかったですね!
 次はまた来年、11月の…18日でいいですか?」
「はい大丈夫です。先生、一年に一回の診察って
 織姫と彦星みたいですね」
先生又笑いだし
「私と山田さんはそうロマンチックな関係じゃないと思いますが
 そうなんです、私の患者さんには織姫みたいな人が多いんですよ」

明るい会話の診察室っていいな〜。

posted by scarecrow at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

伊奈波神社と禁酒最終日

本年1月より、雨降り以外は
毎日伊奈波神社へ参拝に行っている。

今朝ふと気付くと紅葉がきれい。
今朝急に色づいたわけでもないのだが
なぜに昨日、一昨日、それ以前にそう思わなかったのだろう?
心の余裕がなかったんだろうか?
参拝を終え、家に帰ってカメラを持って神社に行く。

伊奈波1.jpg

伊奈波4.jpg

伊奈波2.jpg

伊奈波3.jpg

本当に日本に生まれて良かったと思う。
四季おりなす美しい自然の姿。

自然を見て「美しい」と感じる心、
子どもたちに持ってほしい。
四季を五感で感じてほしい。

写真を撮っていると何年振りだろう、
10数年前のこと、青山中のYさんのことを
なぜか思い出した。

12月上旬だっただろうか、
授業を終え皆帰った後
伊奈波中のTさんとYさん2人が残っていた。
Yさんが帰り際、ドアを開け外に出るやいなや振り返り

「塾長来て、冬の匂いがする」

その夜の空気はまさにキーンと冷え込んでいた。
Tさん、その言葉につられるように外に出て

「ほんとう、冬の匂いがする」

私も外に出て、空気を吸ってみた。
そして思った。
「この二人、すごくいいな〜」

透明感のある、張り詰めた空気の感覚。

今年で30歳になるのかな。
なんだろう、二人ともいいお母さんになるだろうな
となぜか思ってしまう。



さて本日は禁酒最終日。
辛かったのは5日目くらいまでで、
以降は思ったほどでもなかった。
煙草をやめたときと比べ物にならない。
今から思うと、ニコチンの威力は強大であった。

こんな機会でもないと、禁酒の機会はない。

明日飲む酒は決めてある。
ビール、赤ワイン、そしてウィスキー。

多分、今回の2週間の禁酒で今後酒の量が少し減りそうな予感。


posted by scarecrow at 11:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月25日

Birthday

生徒に年を聞かれると毎度「28歳!」と答える。
よって昨日めでたく29回目の誕生日を迎えた。

授業の後、コーチから日本酒とケーキのプレゼント。
誕生日.jpg

ケーキは16分割して残っていた生徒たちと共に頂いた。

誕生日2.jpg
毎年ありがとう。
1週間したらまた28歳にリセットするからね。

これまでお世話になった方々にもお礼申し上げます。
皆さまのおかげで、これまでやってこれました。
これからもよろしくお願い致します!

本当に

ありがとう!!!
posted by scarecrow at 23:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました