訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年03月19日

卒団式と親子試合

今日は二男のスポーツ少年団の卒団式。
1年生の時から始めた野球、何とか最後までやれました。

1時から親子試合。
昨夜の深酒が抜けきれない状態で岐阜小へ。
私はショートで出場。

第一打席四球。
第二打席どん詰まりの左中間2塁打。
第三打席、ピンチヒッター事務長・・・ピッチャーゴロ。

5回より3番手でマウンドへ。
その時のスコアが大人6ー子供0。
コーチから
「山田さん打たせてよ!」
と耳打ちされる。
DSC_0379.JPG

投球練習は全力で投げる。
プレイボールのコールとともに7割くらいの力加減で投げる。
それでも打ってくれない。
6回もマウンドへ。
二男との対決実現。
DSC_0376.JPG
一球目それまでと打って変わって全力投球。
アウトコース低めに決まる。
DSC_0381.JPG
驚いた表情の二男。
両ベンチとも大笑い。
2球目ド真ん中へスローボール。
あえなくボテボテのサードゴロ。

後で二男に
「おとう、急に速い球 卑怯!」

試合は6−5で大人チームの勝ち。

試合後、長男の時からお世話になった
コーチ、監督一人一人に二人でお礼を言って帰宅。

これでスポ少ともお別れだな。
少し淋しいような気もする。
4人の子供たちがお世話になりました。
指導者の皆様、本当にありがとうございました。



posted by scarecrow at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

本年度最後のイベント

2016年度も様々なイベントを実施したが
今日が最後の「ボランティア清掃」。

いつものように9時に岐阜公園へ。
するといつも掃除をする噴水から北へ抜ける道が
異様にきれい。
掃除をした後のようだった。
よって少し中に入って清掃をした。
10時になってひと段落。
ボランティア清掃.jpg

今年のイベントはこれで終了。
参加kしてくれた生徒、保護者のみなさん
本当にありがとうございました。

来年も日本一イベントが多い塾として
様々なイベントを実施しますので
ぜひ参加ください。
posted by scarecrow at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

合格発表

昨日は合格発表の日。

う〜ん・・・絶対大丈夫だと思っていた生徒が・・・。
自己採点でもまちがいなく合格件だったはずなのに。
何があったのだろう?
いまだに信じられない。

久々の公立高校黒星。

しかし高校はあくまでも通過点。
大学の入試では、絶対に志望校に入ってもらう!
と思いを強くする。

なんだろうな・・・長いようで短かった
私の中での2016年度が終わった。

posted by scarecrow at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

髭を剃る

毎年の恒例の三月の口髭剃り。
例年ゲン担ぎで夏休みから伸ばし始める。
二男を除いて、家族には不評の口髭ではある。
年によって今日のような公立高校の発表の日か
もしくは大学の後期入試の発表の日となる。

今年は後期入試を受けた高3生がいないので
公立高校の発表の今朝となった。
ひげそり1.JPG
    before
 ひげそり2.JPG
           after

さて、9時からの発表を待とう。

posted by scarecrow at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

学志舎アワード2016

昨夜は、塾の最大イベントアワード2016を開催。

今回で4回目となったアワードは18:40開場。
19時開演、20時30分終了。

まずは2016年度の振り返り。

そして表彰式。
小学校の低学年は私の独断と偏見で選んだ。
アワード1.jpg
5年生以上は、本年度の全国模試の伸びで選んだ。
アワード2.jpg
特別賞(学志舎賞)は文武&ボランティア活動で。

そして卒塾式。
アワード3.jpg

続いて進年度説明会。
私の挨拶。

最後に塾生一人一人に、コーチからのメッセージ。


これが終わると、1年が終わるような気がする。
しかしまだ、合格発表が残っている。

参加してくれた皆さん、ありがとう!
posted by scarecrow at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました