訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年08月29日

ミサイル発射

朝6時過ぎ、事務長の携帯が鳴った。
異常な音にすぐに目が覚めた。
ミサイル発射?
北海道から長野までに警報が出ている。
堅固な建物、地下に避難するように。
長野?隣じゃないか、大丈夫かと思った。

すぐにTVをつけると各局ともミサイルの報道。
しばらくして、ミサイルは襟裳岬沖に、という結果。

なめられたもんだね。
グアムではなく日本をまたいで太平洋?
日本だからやられてしまう。

だれかこいつを何とかして!

20160831-00061707-roupeiro-000-15-view.jpg



posted by scarecrow at 22:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

夏の甲子園2017

決勝戦は広島の広陵高校vs埼玉の花咲徳栄。
私の予想では少し広陵有利かな?と思っていた。
ふたを開ければ一方的な試合となった。
埼玉県勢としては初優勝おめでとう。
埼玉県が優勝がないってのが意外だった。

しかし飛ぶね〜。
ボール・・・ミズノさん大丈夫かね(笑)

今回少々後味が悪かったのは大阪桐蔭vs仙台育英。
あの2番の子のファーストへの走塁。
一塁手の足を蹴ったことが最終回の一塁手の
あのプレーにつながったと言うが・・・。

You Tubeで見てみると確かに蹴っている。
左足は駆け抜けたんじゃないね。
よけようとする意志も感じられない。
故意に蹴ったと言われても仕方がないと思う。


蹴られたことがあのプレーの原因かどうかはわからないが
スポーツマンとして、フェアプレーではないわな。
翌日先発メンバーから外されて当然だと思う。
これだけが残念な2017夏の甲子園かな。

10年前だったか、広陵が佐賀北高校に敗れた試合。
現広島カープの野村投手が投げた低めのスライダーが
ボールの判定で押し出し四球。
そして3番バッターに痛恨の逆転満塁ホームラン。
あのボールの判定での野村投手の表情、
現巨人の小林捕手のミットを地面に叩いての悔しがりよう、
それまでは間違いなくあのコースを
アンパイアはストライクのコールをしていたのだろう。
私も後で映像を見てストライクだと思った。
アンパイアの1球で試合が変わった。
私は公立高校の佐賀北高校を応援していたが
広陵にはなんとも気の毒な試合だった。

今年もそんなに試合を見たわけではないが、
審判によってストライクゾーンが違うように思えた。
なんとか統一できるといいね。


posted by scarecrow at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

民進党代表選

前原氏と枝野氏。
民進党の次の代表になるのはどちらか?
pic01.jpgque-1167097411.jpg

どちらになっても、今のままの民進党では
泥船での出航の様な気がする。

蓮舫氏を代表に選んだ時点で半分終了してたかな?
「2番じゃだめなんですか?」
かつてあの言葉に私は耳を疑った。
資源のない日本は何を持って何を売って生きるのか?
技術は1番だからこそ求められ、売れるんでしょ?

国籍問題にしても本人はわかっていたはず。
よくもこんな人間を代表に選んだものだと。

かつて民主党が第一党となり政権を担った。
それまでの自民党のおごりに国民は(私も)お灸をすえた。
ところが民主党のあまりのひどさに
選んだ国民は逆にお灸をすえられた(笑)

その象徴である鳩山氏は今もなお海外で、
我が国に害を及ぼす行動で活躍中である。
菅氏のおかげで電気代には不必要なものが付いている。
何を狂ったか原発を全部止める暴挙に出て
外国からは足元を見られ、高い燃料を買わされ続けた。
野田氏、財務省のいいなり?で
財政健全化(PB黒字化)を唱え続けた。

前原氏、消費増税を言い始めた。
この時点で氏は、はい終了である。
枝野氏は消費増税反対。
消費増税には法人税減税がセットであることに言及。
デフレから脱却できないわが国で今一番大切な経済。
消費増税は絶対にやってはいけない政策である。
いかに消費を喚起するか。
デフレ下では税収が下降線をたどるのは必然。
財務省の抵抗を押し切っての
政府の大胆な財政出動が待たれる。

港湾を整備するもよし。
新幹線の整備をするのもよし。
高速道路網を広げるのもよし。
今は過去の遺産で我々の便利な生活は成り立っている。
これからの世代のためにそういったインフラ整備のために
財政を出動させ、需要を喚起しデフレを脱却をしないといけない。

安倍政権は5年間経済策を間違った。
まやかしの実質GDPの上昇を声高にいう。
名目GDPが落ちて、デフレによる物価下落で
そのフィルターを通して実質GDPが
上昇しているにすぎない。

日本は地方から確実に疲弊している。
大企業が集まる都会に住んでいると
それを感じないかもしれない。

だから小池知事の本当は安全な豊洲移転延期のつけ
100億円もなんのその、都民ファーストに
あれだけの票を入れた。
これが鳥取県だったら100億をどぶに捨てられるか?
知事の首は一発で吹っ飛ぶわな。

一つの小学校、大学の問題より大切な日本の経済、
言うならば国民の暮らし、安倍政権の5年間の失敗を
なぜ追求しないのか不思議でならない。
我が党ならは○○◇◇の政策を実行し国民生活を
豊かにします!ときちんとした対案を出せばよいものの、
言い方は悪いが枝葉末節の問題ばかり追求し
国民にとって最も重要な問題に目が向いていない。
こんな政党にだれが政権を担当させるであろうか?

よって、今の状態では民進党には残念ながら
期待はほとんどできないような気がするね。

本当は頑張ってほしいのだが・・・。


posted by scarecrow at 14:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

帰省3

15日は午前中、次男のリクエスト、大和ミュージアム。
4年前に何か見落としたものがあるらしい。
ヤマト.jpg

今回は特別展示があった。
それは呉市の潜水調査の成果。

前回なかった南の海に眠る大和の姿だった。
大和は二つにちぎれ、200m四方に散らばって沈んでいる。

乗員3332名のうち生還者は276名。
その中の清水少佐の手記が展示してあった。
大和がいかにしてサンドバック状態で魚雷を受け
沈んで行ったか。
そして少佐がどうのようにして助かったか。
大和が沈むのとともに海中に引き込まれ、
大和の爆発で海面に押し戻された。
海面に出た時には、わずかな生存者だった。
少佐は後に戦闘詳報に懲罰を覚悟で参謀本部の
この無謀な作戦を断罪している。
simizu.jpg


第2艦隊司令長官伊藤少将は、レイテ沖海戦後
数えるほどになった艦隊、その艦隊をまともに動かすことが
出来るほどの燃料もない状況を鑑み、
艦隊を解散し、人員をと艦船を本土防衛に回すことを
連合艦隊上層部へ具申する手はずを整えた。
71LdvXsDn-L._AC_UL320_SR224,320_.jpg
しかし時すでに遅し。
草野中将から信じられない作戦命令を聞く。
大和をはじめとする第二艦隊を特攻兵器として利用するというのだ。
伊藤司令長官は最初は拒否したが、
大本営の正式承認の作戦であることを理由に聞き入れない
草野中将にどれだけ反論しても無駄だと悟った。

そして死への旅立ち。
雲霞のごとく群がる3回にわたる敵機の攻撃にさらされ
反撃という反撃もできないまま左舷に魚雷を集中され
2時間後大和はその時を迎える。
伊藤司令長官は総員退艦を決意した。
大和の出撃は特攻作戦で、乗員の生還はありえない。
そんな中で伊藤長官は独断で部下の退艦命令を下した。
この決断で清水少佐をはじめとする276名の命が助かるのである。

そして自身は生存者の脱出を見届け艦長室に籠り自決、
大和とともに鹿児島県の南、坊の岬沖の海底に沈んだ。
この無謀な作戦でも多くの優秀な軍人が死んでいった。

10分の一のスケールの大和の展示室の隣には
人間魚雷「回天」が展示されていた。
神風特攻隊とともに大本営の狂気の作戦で散って行った若き命。

生き残った人々は必死で日本の再興のために身を粉にして働いた。

何とかフライデーだの週休3日だの
わたしは時代遅れなのかもしれないが
どうにも受け入れがたい。
今の日本を、空の上からどう思って見ているのだろうか。

知覧でもそう、靖国神社の遊就館でも、そしてここでも、
あの戦争で散って行った人たちに日本人としての
本物の矜持というものを感じる。
我々の世代は次の世代にどんな日本を残していけるのか?
これから大人になっていく若者に、本物の教育をしたい。
偏差値だけ高くて、人としての心がない、
自分のことだけしか考えない、似非エリートだけは
育てたくない、そう思う。
本物のエリートとは、自分の人生を賭して
社会のために人のために働ける人だと思う。

明治が始まったころ、むか〜し昔の政治家、官僚は優秀だった。
今は・・・?

posted by scarecrow at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

帰省2

14日は朝から毎年のお約束、母の実家のお墓掃除。
県道から結構きつい坂を100mくらい登る。
私は母にこの坂を登れるよう、毎日歩くように言ってある。

90にしてまだまだ頑張って坂を登る母。
あと何回母とここへ来れるだろうかとふと思う。
目一杯汗をかいて掃除終了。

海では次男が甥姪たちの子供たちと泳いでいた。
というか、ヤスで魚をついていたが
次男につかれるようなボーッとした魚はもちろんいない。

昼ご飯を食べた後、呉へフェリーで渡るために松山観光港へ向かう。
呉について、鉄板焼き屋で広島焼き等を食べて就寝。
posted by scarecrow at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました