訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年10月22日

中津川フォークジャンボリー’71

飯田に住む姉が、埼玉に引っ越すことになった。
この11年、何回か飯田に遊びに行った。
最後に一緒に昼飯でも、と思って事務長と訪れた。

姉夫婦と4人でソバを食べた。
初めて飯田で食べた蕎麦屋がおいしくて
姉にそこを指定したのだが、あいにくの休み。

別のソバ屋で11時から2時間の歓談。

その後中津川へ行った。
目的は2つ。
栗きんとんと、今から49年前フォークジャンボリーが
開催された椛の湖畔の会場がどんなところだったのか見るため。

1971年の第3回ではなんと2万人を上回る若者が集まった。
出演者は
吉田拓郎 五輪真弓 ガロ 長谷川きよし 小室等と六文銭
岡林信康 山本コータロー はしだのりひこ かまやつひろし他
錚々たるメンバーが集まった。

「椛の湖」を目指して車を走らせる。
そこは今ではキャンプ場になっていた。

サブステージで伝説が生まれる。
前奏者の時からウィスキーをラッパ飲みしていた吉田拓郎が
酔っぱらって歌い始めた。

するとアクシデント、PAが故障したのである。
そこで小室等と六文銭を呼んでマイクなしで演奏を続行。
そこから「人間なんて」1曲を、こんな短い曲を延々2時間歌い続けた。
それを聞きつけ、サブステージに人がどんどん集まってきたという。


今では何の変哲もない広場である。
よくここに2万人の若者が集まったものだと思う。
今では林となっている斜面は当時木が生えてなかったらしい。
(キャンプ場の係りのお兄さん談)
ジャンボリー1.jpg
ジャンボリー2.jpg

8月7〜9日、熱い熱い夏の3日間だったに違いない。

目を閉じると、酔っぱらった拓郎が、六文銭の演奏をバックに
途中でギターを置いて「人間なんて」を絶叫する、そんな光景が浮かんだ。

ここで一句

夏草や若者どもが夢の跡???

おあとがよろしいようで。


ちなみに私は拓郎の曲の中で「マークU」が一番好き。

中学生の頃、兄の影響で拓郎を聴き始めた。
この歌を初めて聞いたとき、最後の詩にしびれてしまった。
この詩がなければ、聞き流していたかもしれない。

♪年老いた男が 川面を見つめて

 時の流れを 知る日が来るだろうか♪

私の頭の中で…

季節は晩秋、周りには人影はない。
石でできた低い橋の上に、
コートの襟を立てた初老の男が一人たたずんでいる。
枯葉が一枚ゆっくりと流れていく。
過去を静かに振り返るように
男は枯葉を追うでもなく、川面の一点をただ見つめている。

そんな光景が浮かんだ。

自分にそんな年代が来るなんて想像もつかなかった。
しかし、もう遠くないんだな…。


初めて聞いたときのアコースティック1本でのライブ版もいいが
10年後のこのライブでのアレンジも結構好き。



posted by scarecrow at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月05日

彼岸花

昼過ぎに長良川の左岸を上流に向かって走っていた。
すると左手に、緑の中に真っ赤な光景が。

DSC_9682.JPG

長良川にかかるJRの鉄橋の南側である。
思わずウィンカーをだして道を降りる。
そして南へ向いて策があるところまで行き、そこから歩き。

まるで絨毯のようだった。

その向こうでは、ススキが出番を待っているかのように
その穂を伸ばしていた。

秋だな。

自然の美しさに触れると、「日本人でよかった」と思う。

ハワイで生まれ育っていたら・・・
う〜ん、年中「夏期講習」かな(笑)


posted by scarecrow at 22:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月02日

中秋の名月

昨夜は十五夜、中秋の名月。

塾が終わって夜空を見上げると

満月.jpg

いや〜きれいな満月。
思わずキ〜ンと冷えた、おいしい日本酒が飲みたくなった(笑)
23時からはいつものアルコールタイム。
あいにく日本酒を切らしていたので赤ワインで乾杯。

事務長思わず

「あっ、お団子買うの忘れた!」

昔の人はこの月を見て「うさぎ」の影が見えたのかな?




posted by scarecrow at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月29日

半沢直樹 終了

この日曜日は半沢直樹2の最終回。

今回の10話もすべて視聴率20%超。
やはりすごい人気だった。
しかし・・・原作とかなり違っていたな。
しかしそれでも面白かった。
大和田常務、本来ならば前回でお役御免なのだが
準主役で香川照之絶好調。

ただ気になったのが、あまりに誇張された顔芸。

Ed2q_aiUYAAiGDt.jpg

a72029ac2ece43b47c30dc1024507789.jpg

伊佐山部長、大和田常務とも少し

「や・り・す・ぎ death !」

個人的には、箕部幹事長役の榎本明がすごみがあってよかった。
榎本明.jpg

最終回の箕部幹事長に半沢が投げた言葉、
これって、今の日本の政治家に当てはまるのではないかな。

またその前夜、花が半沢をねぎらうシーンなど、
見ていて胸が熱くなったな。

001_size6.jpg
花ちゃん、大好き!(笑)

それにもまして渡真利、いつ見てもいい味出してる。
9.20.2-1a3a9.jpg

ということでこれからの日曜日、寂しくなるわよね〜。
1f947ce5.jpg


ああ、半沢ロスになりそう?!

posted by scarecrow at 14:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

ドローン

友人からの紹介で、家屋のチェックをすることにした。

調査は無料で、異常があればその会社が損保の会社に請求。
そしてその額の35%を報酬とする。
とにかく無料なので申し込む。
調査方法が「ドローン」で30〜40分ということで興味もあった。

若い社員さんが愛知県からやってきた。
裏の駐車場からドローンを飛ばす。

このドローンは中国製で本体は20万くらいでもろもろ込みで30万?
周りの家に挨拶をして2階、3階、屋上を40分かけて調査。
ドローンを飛ばしている間、彼とずっと話をしていた。
この仕事は会社の一つの部門で、ドローンを使ったほかの仕事があるそうだ。

そして出た結果・・・何も異常はありません。

「秋に台風が来る可能性があります。
 その時に何かあるかもしれませんので、
 映像は残しておきます。」

と言って次の家へと彼は去った。

ん〜10年前までこんな商売ができるとは予想だにしなかった。

生徒にはドローンでトマトを集荷宇する時代がそこまで来てる。
とか、これまで足場を組んで、職人さんが金づちでコンコンやって
何週間もかけて検査していたマンションの改築工事の壁の検査も
ドローンがあっという間に、やってしまう日が来るだろう。
と言っていたが、本当に来るんだな。

時代は変わるね。



posted by scarecrow at 14:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました