訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年05月20日

これがしごき、体罰?

大阪の高校のバレー部の練習が体罰ではないかとの
ニュースを見た。

これを見たバレー経験者の我が家の二人の反応。
小・中でバレーをやってた次女
「は、これが体罰?当たり前の練習じゃん」
小・高でやってた事務長
「うん、これを問題にする人っておかしいんじゃない?
 下手したらパイプいすまで飛んできたよ。
 当たらないようにだけど」

二人の話を総合すると
これを問題にする人は、よっぽど弱い部活か
まともな練習はしていないとのこと。
強いところならごく普通、当たり前の練習らしい。
ニュースに取り上げるまでもない映像だとか。

私の印象も何も問題にするようなことでもないと思った。
100本ノックなどどちらもヘロヘロになるまでやってたな。

こんなので非難されたら、この先生が可哀そうだと思う。
この生徒もしごきだと思ってないらしいのにね。
世の中の「甘ちゃん」の非難に負けず頑張ってほしいね。

話は変わるが・・・
私は中2の時に担任の先生に本気で往復ビンタをやられた。
メチャクチャ痛かった。
もちろん悪いのは私である。
夕飯の時になぜか母から、先生から往復びんたを
食らったことについてこれまた叱られた。

近所に住む野球部のチームメイトが
親切にも私の母にチクッていたのであった(笑)

今だと考えられないことだろうな。
昔は教師も尊敬されていたし、それなりに
威厳をもって生徒に接していた。

いつしか「子供の人権」とやらがさけばれて
教師が生徒のレベルまで下がってしまった。
小学校では男子生徒を「さん」づけで呼ぶ。
聞いていて気持ちが悪い。
小学校の低学年の時は「君」「ちゃん」「さん」づけが多かったが
高学年からは呼び捨てが当たり前だったな。
それが大人だと思っていた。
なんとかならんか…と思う。

posted by scarecrow at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

GWその3

GWの旅行も6日の最終日。
カラオケでは石川さゆりの「天城越え」がお気に入りの
事務長のために用意をしたコース。

まずは「浄蓮の滝」(一番の歌詞)
ここは3年前だったか、保護司会の秋の研修旅行で
稲取温泉へ行く途中で寄った。
次回は事務長と来るんだろうなと思っていた。
滝.jpg

国道を旧道に入り「天城隧道」(3番の歌詞)…車は一台しか通れない
隧道.jpg

そのまま旧道を走ると「寒天橋」(2番の歌詞)結構幅が広い
橋.jpg

おまけに「河津七滝ループ橋」
ループ.jpg
高所及びジェットコースター恐怖症の私にとっては
前回観光バスでこの橋を通った時もこの橋が苦手で、
今回は家族サービスのつもりで頑張って運転した(笑い)

そこから二男の為の浜松航空自衛隊「エアパーク」へ。
しかしまた伊豆から高速に乗るまでが渋滞。
「エアパーク」は4時にて閉門。
何とか3時までに入ろうと、高速に入って休息なしで走る。
3時前に「エアパーク」到着。

エアパーク内では二男は一人旅。
私と事務長は航空自衛隊のいろんな説明を読んで過ごす。
4時の7閉館とともに、ブルーインパルスが宮城へ帰るとのことで
滑走路へ見に行く。
エアパーク.jpg
ここまで初日からずっと運転をしていたが
岐阜まで事務長に運転を代わり、うとうとしながら帰宅。
今回鎌倉大仏、箱根駅伝のコースへ行けなくて残念、次回機会があれば・・・。
これにてGW関東遠征終了。


posted by scarecrow at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

GWその2

3日目はまずは横須賀の三笠公園へ。
戦艦三笠が展示され、東郷元帥の像があった。
ネットで調べると8時からやってるとのことだったが
行ってみると9時からだった。
三笠公園.jpg
時間の都合で、サクッと見てから鎌倉へ急ぐ。

鎌倉へ入ると事前にネットで調べた市役所のPへ。
???無料だったんじゃないのか???
しっかりと券を渡された。

JRで北鎌倉へ。
鎌倉五山2位の円覚寺へ。
ちなみに鎌倉五山は臨済宗の寺である。
円覚寺は日本史で習ったが、舎利殿で有名なお寺である。
さすがに趣がある。
円覚寺.jpg
円覚寺舎利殿.jpg

予定ではそこから東慶寺〜建長寺〜鶴岡八幡宮〜報国寺
バスに乗って鎌倉駅へ。
車で長谷寺へ行き大仏を見て終了。

お次は尼寺の東慶寺。
私の青春時代に「さだまさし(グレープ)」が歌ってヒットした
「縁切り寺」の正式名称である。
明治時代まで、離縁できない女性が逃げ込み
2〜3年ちょいと髪を切って修行すれば
嫌な旦那から離縁できるというお寺。
東慶寺.jpg
歩いているとあのメロディーが頭の中に流れてきた。


次の鎌倉五山第一位の建長寺への途中で
煎餅を焼いている店があり、小休止を兼ねて
大きな一枚を店先のベンチで3人でボリボリ。

一息ついて、いざ建長寺。
建長寺.jpg

さすがに鎌倉の第一位。
ここではダウン症の書家「金沢翔子」氏の個展をやっていた。
いや〜本当にすばらしい書。

二男が少し疲れたようでブツブツ言い始める。
しかし歩く。
鶴岡八幡宮へ。
鶴岡八幡宮.jpg
日差しが強く汗をかく。

ここから報国寺まで歩く予定だったが、
結構距離があるので市役所のPへ戻り車で行くことにする。
裏道を走り報国寺へ。
Pがいっぱいで、そばの第五位の浄妙寺のPに留める。
報国寺は竹林で人気のあるお寺である。
坂を上っていくと長い行列。
なんと1時間待ちとのこと。
あきらめて、長谷寺から大仏へ向かうことにした。

・・・ここも駐車場がない。
歩道はものすごい人。
大仏前を通り過ぎて藤沢方面へ。
鎌倉へ向かう車の行列が延々と続く。
これはもう帰れないと大仏さんもあきらめる。
藤沢で遅い昼食をとり江の島へ。
湘南海岸を小田原へ走る。
道中のBGMはもちろんサザン。
そして今回走りたかった「箱根駅伝」のコースへ。
ところが西湘バイパスを降りたところで道を間違え・・・
ここも芦ノ湖観光からの帰りの車で長い渋滞。
引き返すことができずそのまま芦ノ湖へ。
あの箱根駅伝のくねくねコースをまでも
パスしてしまった。
仕方なく、往路のゴール、復路のスタートの
箱根駅伝ミュージアムへ。
hakoneekidenn.jpg

そして伊豆の宿へ。3日目終了。

posted by scarecrow at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

GWその1

3日は10時前に家を出発。
今回の目的は世界遺産日本版二か所。
まだ行ってない「知床」「白神山地」「富岡製糸場」
「国立西洋美術館」「小笠原諸島」より
関東の二つ、「富岡製糸場」「国立西洋美術館」。
それにプラスアルファの関東遠征。

まずは夕刻に群馬県の「鬼押し出し園」
を見て宿に入る予定だったが、
さすがにGW、高速の渋滞で「鬼押し出園」
の営業時間を過ぎてしまったので翌日にする。

4日の朝、7時に起きて7時半食事、8時前に宿を出る。
8時過ぎに「鬼押し出し園」到着。
高校2年の秋、修学旅行で立ち寄ったところ。
しかし、前日の徹夜ポーカーの影響でバスの中で爆睡し
私と友人は観光しなかった。
改めて41年ぶりにこんなところだったのかと思う。
鬼押し出し.jpg

雄大な浅間山の風景が印象的だった。

続いて「富岡製糸場」
富岡.jpg

運よく近くの民間Pが空いていたのでよかったが
多くの人は徒歩20分くらいの市営無料Pに置いていたような。

次は一路東京は上野の国立西洋美術館へ。

上野に着くとそこは人だらけ。
駐車場は長蛇の列?
待ってるふだけで2時間はゆうにかかりそうだったので
あきらめて横須賀へ走る。

横須賀では米海軍、海上自衛隊クルーズ。

ロナルドレーガン.jpg

案内の若い男性のトークが結構面白く
40分があっという間だった。
イージス艦とほかの艦の簡単な見分け方なども教えてくれた。
潜水艦、イージス艦、そして空母ロナルド・レーガン等々を見た。

ロナルド・レーガンはレーダーが動いており
彼は「近日中にきっと出航します」と言っていた。
一回出航すると、原子力の艦燃料補給をしなくてもいいので
最低半年、へたをすると1年は戻ってこないとか。
「皆さんはラッキーですよ!」と言っていた。
さて近日中の出航はあるのだろうか?

クルーズの後は二男のリクエスト
「海軍カレー」「と横須賀バーガー」
ネットで調べた「TSUNAMI]へ。
TSUNAMI.jpg

5時にしてすでに行列。
待つこと30分、本店の方に入り
「海軍カレー」とハンバーガーは
「チーズバーガー」と「ジョージワシントン」を注文。
店の写真の左上に見える「第七艦隊バーガー」は
恐ろしく大きく4〜5人前。
カレー・ハンバーグ.jpg

大きなハンバーガーには何かしら名前が付いていたな。

というわけで2日目は横須賀泊まり。

posted by scarecrow at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

岡山へ

毎年GWには岡山で映像学習勉強会がある。
今年も会場である市民会館へ行ってきた。


高校生の指導、映像でお世話になっている
(有)学匠の国広先生と島村先生が講師。

@基調講演 大学入試改革未定の中、何が「準備」となるのか

A高校部運営実践
  1)映像授業の用い方〜基本再確認
  2)受験指導分析編 
     「モチベーション」or「出願」の切り札となる
      全国公立大の特殊学科編
  3)映像で学べる高構成にするために


13〜18時まで、今回も中身の濃い勉強会だった。
岡山.jpg

posted by scarecrow at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました