訪問いただきまして、ありがとうございます。

2018年09月25日

創立22年講演会

9月16日で学志舎は22才。
これも皆様のおかげです。
ありがとうございます!

昨夜は長良川スポーツプラザで創立記念講演会。
講師は鈴木稔先生。
演題は「折れない心を作る3つの方法」

講演会-2.jpg

今回は親子のワークが多く、アンケートをみると
今までで一番長い感想だったような。
全員が「来てよかった」に丸印をつけてくれた。

講演会-5.jpg

何のために人は仕事をするのか。
何のために子どもたちは学習をするのか。

講演会-3.jpg

先生の気迫に満ちた講演、そして感動の動画。
1回ならずも、2回涙したお母さんたちが…。

先生は昨年一度心肺停止状態になった。
迎えの車の中で、いろいろ話をしてもらった。
やはり先生の講演は、以前にましてパワーアップしていた。

講演会-1.jpg

終了後の一枚。
先生、ありがとうございました!

私の頭が年々薄くなって行くのがよくわかる(笑)

posted by scarecrow at 10:41| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

稲刈り体験

初夏に植えた苗が、秋風に黄金の波を打つ季節。

さて5月の田植え体験の苗がたわわに実った。
私はこの間毎月イネの状態を見にきた。

6月.jpg
 6月

7.jpg
 7月

8.jpg
 8月

見に来るたびにグングン伸びる苗を見ていると
子供たちのこれからを見るようでうれしくなった。

さて、10時半に前回と同じ下城田寺公民館に集合。
農協の職員の方の指導のもと稲刈りをした。
30分ほど刈ると汗ばんでくる。
子供たちは楽しそうに稲刈りを楽しんでいた。


稲刈り1.jpg

稲刈り2.jpg

稲刈り3.jpg

ふと10年以上前に見たTV番組を思い出す。
それは佐渡の「不耕起栽培」

普通作物を作るのに、田畑を耕して種なり苗なりを植える。
しかしそれは耕さず、硬いままの土壌に植える。
当初は耕した田んぼの苗の成長に追い付けない。
しかし6月、7月になると固い土の中に根を伸ばした苗は
グングン成長し、秋には追い付き美味しいお米を実らせる。

番組の最後にTVのリポーターの

「不耕起栽培とは?」

の質問に対する職員の答えが印象的だった。

「それは、イネを甘やかさないということです」

人にも当てはまりそうな…。

posted by scarecrow at 16:41| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

勉強会

事務長と大阪へ行ってきた。

秋は塾の勉強会、説明会など目白押し。
第一弾、某教材会社が主催する
「本物の国語力を養成する○秘指導法」
都麦.jpg

13:30〜15:30。
講師の方の言うことに全て納得。
終了して、岐阜へとんぼ返り。
駅へ向かう途中で事務長曰く
「お父さんの考え方と一緒だね」

全ての教科の基本は「国語力」。

この晩秋に出る教材、けっこういい!
早く使ってみたいね。

posted by scarecrow at 20:29| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

帰ってきた娘2

昨夜は、娘ならず息子が帰ってきた。

今春卒塾したM君は、中1の途中で一度退塾している。
高校1年の1月に戻ってきた。
「僕、大学に行きたいんです」

話を聞くと、中2・3年生ではかなり荒れていた。
髪の毛も時に色が・・・。
当時は大学、いや高校進学もやめようかとも思っていたらしい。
当然勉強はしていなくて、推薦でやっと私学に入る。

そして一念奮起、大学に行きたい!
そこで学志舎に戻ってきた。
彼の高校のクラスでは、大学に行く生徒は推薦のみ。
担任に
「自力で受験して大学に行きたい!」
というと、
「無理」
と言われたそうだ。
それが悔しくて、何とか見返してやりたい
とも思ったそうだ。

彼が再入塾して事務長がまず彼に渡したもの
それは、中学レベルの英語のテキスト。

「これを完ぺきにやれたら次に進みましょ!」

彼は穴ぼこだらけだった。
しかし彼は必死にやった。

時にへこむこともある。
何度も夜遅くまで事務長と、時に長良から帰って
私も彼と話をした。

そして彼は
「教師になりたい!」
と言った。
そこから教育学部を目指してねじを巻いて頑張った。

合格をした時に事務長は言った。
「彼はほかの学生にない経験があるから
 生徒の気持ちがわかるいい教師になると思うわ」
私もそう思った。

笑顔のM君
「大学入ってすごい勉強していますよ!」

うんうん、頑張れよ。
今やりたいことを学んでいるんだな。

「正月には飲むぞ!連絡するからな」

「はい、楽しみにしています!」

うれしいね。

帰ってくる子どもたち。成長していく姿を見るのは、塾人として至福の時である。




posted by scarecrow at 12:35| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

帰ってきた娘

昨夜のこと、今春卒塾し、長野県立大学に進学した
Nさんが塾にひょっこり顔を出した。

元気そうな顔を見てホッとする。
そこから事務長と3人でしゃべるしゃべる。
大学の事、サークルの事、文化祭の事、バイト先の事
先生の事、将来の事、あっという間の1時間だった。

本当にうれしいね、卒塾生が帰ってきてくれるのは。
自分の娘の様に思える。

次回会うのはは正月恒例の卒塾生新年会かな。

帰ってくる子供たち、みんな堰を切ったかのように
色んな事を話してくれる。
聞いているだけでほっこりするね。

ほんとにありがとう!
posted by scarecrow at 20:52| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました