訪問いただきまして、ありがとうございます。

2019年01月07日

日経よお前もか

私が新聞の嘘がわかるようになったのが30代後半。
それまでは新聞は真実を書いているものだと思っていた

今では嘘に情報操作満載、読んでいて面白い。

さて今回は一昨日の日経。
朝コーヒーを飲みながら読んでいると
・・・・あった。
今日、コピーをして赤マジックで書き込みをして
2階の高校生の掲示板に張り出した。


これを普通に読めばドイツが積極的に受け入れたことを
肯定しているかのようである。

実際にあのギリシャだっただろうか
波打ち際に子供の死体が打ち上げられた写真一枚で、
メルケル主導のもとドイツは移民受け入れを
全面的に賛同した。

その結果どうだ。
犯罪率はぐんぐん上がり(特にレイプ)
国民はその恐ろしさを味わった。

今や選挙でメルケル率いる与党は勝てなくなった。
そして任期をまたずして退陣が決まった。

トランプが軍を派遣してまで移民を拒むのは
当たり前の話である。
移民の写真で、小さな子供を抱いた母親を載せた
アメリカマスコミ。
しかし、何千人いるかわからないが
あの国境を越えようとする移民の90%は若者なのである。
これは完全に情報操作と言わざるを得ない。

我が国は今はまだ3%未満なのでその怖さがわからないが
これが10%を超える様になると手遅れになる。

有る地域に移民が固まって済む。
日が沈むと付近の国民は家を出られなくなる。
世界にはそんな例が掃いて捨てるほどある。

この記事を書いた日経の記者はそれを知らないのか?

経済記事を見ても消費税をどうしてもあげたい
財務省の御用新聞になり下がっている。

「国の借金が膨らむ」「未来に負の遺産を残すな」

こんな論調で経済学者も記事を書く。
どうしても国民をミスリードしたいのがバレバレ。

生徒には常々、新聞・TVの嘘を解説する。
そして言う
「先生は30代後半になって
 やっと新聞が嘘を書くことがわかった。
 君らはもっと早く分かるようになりなさい。
 偏差値が70を超えても、自分の事しか
 考えられないような人間になってはいけない。
 本当のエリートとは人生を賭して、
 世の為人の為に、社会のために働ける人間
 のことを言うのだと思う」

posted by scarecrow at 16:12| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

イッテQ

日本テレビンの「イッテQ」でラオスの祭りだと報道したものが
どうやらヤラセだということが発覚したようだ。

番組では「橋祭り」なるラオスの祭りを紹介。
しかし地元でその祭りを知る人はいないし、
ラオスでは番組で流した映像のように
自転車に乗る文化がないそうである。


またおなじみ、文春砲で責められ、
「地元のTV局でも取り上げられていると」
反論したが、真っ赤な嘘であることがばれ、赤っ恥。

しかし、私は別に驚かなかった。
私の故郷は年に1度くらいTV局が取材に来る。
(全国屈指のミカンの産地であるため)
TVで放送されるたびに、長姉から電話がある。

何年前だったか、姉の電話でTVを見ていると
なんと「みかん餅」なるものをついている。
インタビューに答えた地元の知ってるおばちゃん
「毎年つくんですよ!」
「???」
18年間の田舎での生活で、みかん餅なるものを
食した記憶が全くない。

オヤジに電話をした。
すると、
「見たことも聞いたこともない。
TVを見ていて変やなと思った」
とか。

なるほど、TV局はないものを作ってしまうのか、と思った。
それ以来そういうこともあるんだという目でTVを見てきた。

ということで、「橋祭り」なるものを作り上げて
放送したことになにも驚きはなかった。

日本のマスコミのレベルの低さは生徒たちに
常々言っている。
まともな世界のニュースさえ流せないんだから。
posted by scarecrow at 13:15| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

伊方原発再稼働

昨年12月、広島高裁で運転差し止めの仮処分を受け
私もあまりにあきれてブログで書いたことがあった。

本年9月に仮処分取り消しを受け、
再稼働の準備をしていた3号機
めでたく再稼働をした。

原発反対派にとっては歯ぎしりものだと思う。
しかし前回も言及したが、原発は必要である。
全ての電力供給をを原発にする必要はない。
現時点では原発、火力、その他の3つの電力が必要だと思う。

3.11で管直人は全ての原発を止めるという
考えられない暴挙に出た。
その夏、中部電力は人間に例えるならば90才を超える
武豊の火力発電所まで稼働させて電力の供給をした。
このときは100%に近い電力供給であったらしい
電力会社は不測事態に備えて
常に30%くらいの余力を持って稼働させている。
原発を突然止められた電力会社はどこも四苦八苦であった。

過日の北海道地震でブラックアウトをしたとき
知事も議会も北電を非難した。
全くのお門違いである。
泊原発が稼働していたら…。

ところが「原発に固執していた北電が悪い」
こんな論調でマスコミは報道した。
あいた口がふさがらないとはこういうことを言うんだろうな。
原発反対派に何か弱みでも握られているのか?
北電はやれる限りのことはやっていた。
原発を稼働できなくしたのは誰なんだ?

自然エネルギーがどうだのこうだのという輩
太陽光パネルでの電力を、3.11以来どさくさにまぎれて
世界で最も高額な値段で電力会社に買わせる法律を作ったやつら、
私は許せない。

北海道の季節がもし真冬であったなら、
死者はかなり出たはずである。
原発反対派の人間たちは、
薪を焚けばよい、石油ストーブ(ファンヒーター?)を使えばよい
と言ったらしい。
いまどきどこの家に暖炉があるんだ?
ごくごく少数だろう?
一酸化炭素中毒で死ねと言うのか?
あ〜あ〜言い始めたらきりがない。

原発反対派の連中は、日本のエネルギーの安全保障
について、全く考えてないとしか思えないね。

posted by scarecrow at 18:45| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

消費増税

過去2回、橋本政権、安倍政権で敢行。
見事に日本経済は潜水艦。
橋本さん
「火だるまになって行革を遂行する」
と言って増税によって日本経済を「火の車」にした。
後に
「大蔵省に騙された」とか?

安倍さん、前回の増税の後にやっと真実が分かったみたい。
2回の増税延期は財務省とのガチの戦い?

増税をするにあたって、お約束の様に
「国の借金が〜〜〜〜〜 
 次の世代に負担をかけてはいけない〜〜〜〜」
「国民一人当たり800万円の借金が〜〜〜」

げに恐ろしかな財務省。

国の借金などありもしないのに
悲しいかなレベルの低い日本の低いマスコミは
財務省の言いなりになって大合唱。

黒いものでも毎日「白だ!」と何回も言われ続ければ
「うん、白だ!」となってしまう。
それと同様に増税前には必ず
前述の様な大合唱が新聞、TVから聞こえてくる。

あるのは正しくは「政府の借金」
それも子会社の様な日銀が国債を買い取れば終了。
すでにこの5年くらいで350兆は買い取ってきた。
自国通貨建ての借金なんてあってないようなもの。
デフォルトした国は、すべて他国通貨(ドル)建ての借金。

日銀がお札を刷って国債を買い取ることができるのだから
話は簡単である。(実際は銀行などの日銀当座預金の残高が増えるだけ)
キーボードをポンと押すだけである。

絶対にやってはいけない消費増税。
財務省は簡単に取れる所から取りに行く。
広く薄く?
平等な税?

一見公平な様で、こんな不公平な税はない。
格差をどんどん広げるだけである。
例えば
年収300万円の家計ならば
ほぼ全額を消費してしまうであろうから
24万円、すなわち8%そのものである。

年収3000万円の家計で
1000万で生活するとしたならば、
消費税は80万円。
80÷3000=2.6%

要するに高所得者に優しく、低所得者に厳しい税なのである。
過去2回の増税で、景気が冷え込んだことは
まぎれもない事実。

さらに日本は借金大国ではない。
世界で一番の債権国なのである。
(ちなみに世界で一番の対外債務多い国は?
 はい、アメリカです。絶対にデフォルトしません)

生徒にも何度もこの解説はしてきた。
そして国借金・・・というキャスター、政治家、学者、
エコノミストは信じるな、と。

税収が増えるような政策をすれば、消費税など上げなくて済む。
それをさせないのが務省。
PB黒字化を題目のように唱え
デフレはマネーサプライだと・・・。
今必要なのは、政府がお金を使って(財政出動)需要を作っていくこと。
デフレ下こそ政府が主導して、がんがんやらねばならないのである。
まるで家計と国の会計を同一線上で考えているかのようである。

デフレ下で実質賃金が下がり続けている現在
家計ではそれなりに支出を控えなければならない。
そうすることによって、物は売れなくなり
企業は先が見えず投資に資金を回さなくなる。
自社株買い、内部留保。
だからこそ、政府が主導してお金を使って需要を喚起する。
それが民間に浸透するまで財政を出動し続けなければならない。
使い道はいくらでもある。
いまこそ古くなったインフラ整備をして
次の世代に渡さなければならない。

遅々として進まない整備新幹線。
田舎へ行くと片側1車線の「信号のない地道」とも言える高速。
軽トラ一台でアウトです(笑)
災害大国の日本であるからこそやらなければならない
インフラ整備は山のようにある。

安倍さん頑張れるかな?

安藤提言、政治家の中にもしっかり仕事をしている
人がいることを認識させられた。
こんな人を応援しなければならないんだよな。
我が地元の大臣先生、マンナンライフの時もそうだったが
ふるさと納税の言動で、私は再度目が点になった。

その自治体に任せればよい。
それで地元の企業が活性化して、
経済がうまく回るならば良いではないか。
入らぬお節介としか私には思えない。

次世代に良き日本を渡すべく
我々大人は真実に目を向け
正しい判断をしなければならないと
ここ最近つくづく思う。

posted by scarecrow at 11:07| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

もったいないな

今日は朝から夕方まで所要で大阪へ。
ついでに森友問題でお騒がせの
「瑞穂の国小学校」
を見てきた。

う〜ん、いい感じの小学校。
隣の公園からの1枚。
(校庭のように見えるが、公園です)
DSC_8862.JPG

右端に映っているキャップをかぶっている方も
ご夫婦で記念写真を撮影していた。

正面はこんな感じで、柵の後ろには雑草が。

DSC_8864.JPG

実にもったいない。
この土地、かつで隣の大阪音楽大学が買いに行って
近畿財務局に断られた経緯がある。
使わない手はないわな。
音大が買い取って(時価の8億円年引き?)
経営すればいいのにね。

本当に立派な小学校です。

さてさて森友問題では財務省は致命的な
「書き換え」ということがばれてしまった。
これは相当大きな罪である。
責任を取らせなければ納得できない。

今度は加計学園問題が蒸し返し。
どうしても安倍さんをやめさせたい勢力があるんだな。
相も変わらず、野党はこんなどうでもいい問題で
無駄な時間を費やしてる。

首相主導でやるのが特区でしょ?
風穴ができてよかったんじゃないかな。
今まで獣医大学新設を認めなかった事の方が
よっぽど問題だと思う。

デフレ脱却が、今の日本の最大の問題であり、
アベノミクスが失敗であったにもかかわらず
なに一つ追及できない野党にはホトホトあきれるばかり。
国会で安倍さんを森友・加計問題で追及すればするほど、
自分たちがアホで無能であることが証明される。
とうてい与党にはなりえないね。

ついでにマスコミも同様になんともならないね。
観点が全くずれている。
まあいつも生徒には、日本のマスコミのレベルの低さを
ぼやいているが・・・いつになったらまともになるのかね(笑)




posted by scarecrow at 20:42| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました