訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年08月06日

原爆投下の日に

75回目の広島原爆の日。

18歳の時に初めて原爆資料館を訪れた。
あまりのむごさに鳥肌が立った。

そして数年前に訪れた時に違和感を持ったことがあった。
それはこれ。
800px-Cenotaph_Hiroshima.jpg

アップすると
wQu3_MFA

安らかに眠ってください。
過ちは繰り返しませんから。

問題は二行目。
生徒たちにも言った。

過ちは繰り返さない…それはアメリカが言うべきことだと。

以下2017年の私のブログより。






18歳の夏休みの終わり、京都に帰る途中広島に寄った。
そして原爆ドーム、平和記念資料館を見た。
鳥肌が立った。
この世のものとは思えない地獄絵図。
0a135e078cbcb7857eaebb597c5e2ee8.jpg
b_08279127.jpg
当時の交戦国家間の取りきめ、国際条約の
ハーグ条約にはこういう文言がある。

23条に禁止条項として
2.敵の国民を殺傷すること
5.不必要な苦痛を与える兵器、投射物、その他の物質を使用すること

またこういう文言もある
 規則の条項に違反した交戦当事者は、
 損害ある時は賠償の責を負うべきものとする。

戦後日本はGHQによって、

「日本は他国を侵略する悪い国である」
「だから反省と陳謝をしなければならない」

7年間も洗脳し続けられた。
また、日教組もその片棒を担ぎ続けた。
そして今の様な事実にそぐわない教科書、
それを学習させ祖国に誇りを持てない若者を育てた。
謝るべきは米国である。
罪を償うべきは米国である。
国際条約を破って罪なき日本国民を大量虐殺した。
原爆だけではない。
東京をはじめとする大空襲。
我が国民が大量に殺された。

私の母は学徒動員で愛媛師範学校時代に
名古屋の三菱の飛行機工場で働いた。
名古屋の空襲で逃げ惑う母から50mくらいの所に
爆弾が落ち、もう命はないと覚悟したこともあったとか。

平和記念公園の石碑に刻まれた言葉
1111633295404_1111632890024_image1.jpg

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませんから」

トルーマン大統領に捧げたい。
いや、彼が言うべき言葉であろう。

d75504f9738ce7e116156c1be3a528ea.jpg

     罪なき犠牲者の方々に 合掌


posted by scarecrow at 22:23| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月09日

豪雨災害

熊本が大変なことになっている。
球磨川の氾濫。
「球磨」というと、私には球磨焼酎しか頭になかった。
冗談はさておき・・・
2年前の西日本豪雨災害の時もそうだった。
はたしてこれは天災なのだろうか?

武村正義という滋賀県知事から国政に出てきた
経済に無知な男が大蔵大臣になり
「このままでは日本は財政破綻をする」
と宣言をした。
(財政赤字=政府の借金がいくらあろうと
 円建てである限り、日本は地球が滅亡するまで財政破綻はしない)
takemura.jpg
これを受けて、1997年から緊縮財政が始まった。
それまで公共事業費は毎年3%増加していた。
政府は以降緊縮財政にまい進する。

先進諸国なら当たり前のこの数字、政府がこれまで実行していたなら
日本中に高速網が張り巡らされ、新幹線は整備されていたはず。
そして大きな河川の危険なところは、
もれなく護岸工事がなされていたはず。

だから豪雨災害で亡くなられた方、被害にあわれた方
私にはとても天災で、とは思えない。

コロナ、いや武漢ウィルス。
これも天災と呼べるのであろうか。

台湾が1月27日に中国からの流入ををシャットアウト。
2月1日には北朝鮮までもそうした。

その前に中国に忖度するWHOのテドロスは何と言った?
tedorosu.jpg

1/19 人から人への感染リスクは少ない
1/22
 緊急事態には当たらない
1/28
 WHOは中国政府が迅速で効果的な措置を取ったことに敬意を表する
1/29
 中国から外国人を避難させることは勧めない
1/31
 渡航や貿易を不必要に妨げる措置をすべきではない 

コロナ、いや武漢ウィルス。
これも天災と呼べるのであろうか。

まあテドロスのコメントには開いた口が塞がらない。
その頃、日本の北京大使館HPでは我が国に中国人を誘う
安倍総理の能天気なコメントが…。

豪雨で、武漢ウィルスで亡くなった方には
本当に気の毒ではある。



posted by scarecrow at 19:52| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月07日

東京都知事選

小池氏の圧勝だった。
いいのかな都民の皆様。
小池.jpg
私は豊洲移転の時の、あまりに無知でパフォーマンスばかりの
税金無駄使いが印象的で、この勝ち方???と思ってしまう。

個人的には、あまり好きではないが
山本氏の経済政策を見たかったな。
都債発行15兆円?20兆円?
山本.jpg
今の党首でまともな経済政策を訴えているのは
山本氏と国民民主党の玉木氏だけ。
玉木.jpg
MMT理論に基づく、財政拡大ー国債発行、消費税0論。
財務省に正面からものを言えるのもこの御仁くらいである。

安倍さんの後の自民党総裁レースに名前があってはいるものの
どうも先生方からは人気がない岸田さん、
MMT理論の勉強会を開いたはいいが
反MMT理論の、財務省お抱え経済学者を4人も呼んだらしい。
岸田.jpg
いったい何を勉強したんだろう???
彼自身がすでに財務省に洗脳されているから仕方がないことではあるが。
こんな輩が首相にでもなったら、日本の経済はいつまでたっても
出口が見えないトンネルの中。

さて安倍さんはというと、国民の生活のために、
と思っていたら、とっくの昔に財務省と戦うのをやめていた。

山本氏に、政府ができないことを東京から発信してほしかったな。



posted by scarecrow at 15:48| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月11日

どうにかならんかこの国?

北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父、滋さんが亡くなった。


23年前、自宅近くで拉致された。
まともな国なら、何としてでも救出に向かうだろう。
ところがこの国は何もできない。

つらかっただろう、悔しかっただろう。
北朝鮮に、娘が、この国の国民が拉致されているのが
わかっていても何もしてくれない祖国が。

長男が滋氏と酒を飲んでいた時
「金正日をぼこぼこにしてやりたい」
といったそうな。
それに対して滋氏は
「それだけじゃあすまない」
と返したとか。

その気持ち、子を持つ親なら誰しもが思うであろう。

いつぞや殺人事件(幼い子供が殺された)のニュースを
TVで見ていた時、事務長は言った。
「私、うちの子が殺されたら、犯人を殺すと思う。
 そのあと私はどうなってもいい。絶対に許さない」

それが自分の腹を痛めて産んだ子供を思う
母親の本当の気持ちであろう。

アメリカによって作られた憲法は化石のごとく存在する。
先進諸国では、時代によって憲法を改正するのが当たりまえ。
9条…これがために何もできない。

私にとっては改憲だの護憲だのどうでもよい。
他国にによって作られた憲法を後生大事にしないで
自分たちの手で創憲することが望ましい。

現行の憲法下では、武装した相手に対して
自分から先に発砲することができない。
武装地帯で、相手に銃を向けるということは
どういうことを意味するのかは言うまでのこともない。
自分でなくとも、たとえ仲間に向けて相手が銃を向けて、
まさに発砲しようとしていても助けることができない。

相手が銃を乱射してきたとしよう。
それに応じて迎撃したとして、
相手の中に民間人が何かの間違いで紛れていて
民間人に流れ弾が当たったとしたら…
普通の国ならば、現地で軍法会議が行われ
いたしかたのないことで無罪放免となる。
しかし現憲法下では、国内に帰国し
その地方で殺人罪で裁かれる。
この場合、絶対に無罪にはならない。
自分の命、同僚の命を守って有罪になるって…ありえない。

こんな憲法下で、政府の言う非武装地帯
現実ではそうではない地域に自衛隊は派遣されている。
結婚している方で、奥様の気持ちを思うと
私はやるせなくなってしまう。

現実を見れば、もはや9条は絶対に変えるべきであろう。
今の世界では、外交は「力」なくしてできない。
「武」の圧力があってこそ成り立っているのが現実。

しかい護憲派の識者は言うだろう。
「あなたの子供が戦地へ行くかもしれないんですよ!
 それでいいんですか?」
日本国から他国を侵略することはあり得ない。
他国から侵略されないための軍事力なのである。

フィリピンを見ればよい。
アメリカが撤退した後、そしてオバマが
「アメリは世界の警察ではない」
とコメントした後、南沙諸島(ミスチーフ礁)はどうなったか。
中国に占領され、今や軍事基地化している。
国連海洋法条約に基づくオランダ・ハーグの仲裁裁判所
フィリピンの領海であり、国際法違反である、との判決が出ても
国連常任理事国である中国は全く無視している。
(国連ルールを無視する国が常任理事国だって、ブラックジョークか?)
中国は尖閣諸島を、そして沖縄まで自国の領土であると言っている。
そして我が物顔で領海侵犯を繰り返している。

日本人の手による「日本国憲法」…かなわぬ夢なんだろうな。
私たちの代ではそうかもしれないが
子供の、孫の代では自立した日本国になってほしいと切に願う。

posted by scarecrow at 22:03| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

ネット上の誹謗中傷

某女子プロレスラーが自殺したとか。
ここのところネット上の誹謗中傷が多々あるとか。

私のブログのアクセスは0時を過ぎると多くなる。
夜中に見に来る方々って?
そう塾関係者であろうと推測される。

9年も前のこと、このようなコメントをもらった。

「中小零細塾は、すぐにコロコロ内容を変える。
 だから一貫性がない。
 大手のようにしっかりとしたものがないからだろう。
 だから小さな塾はだめなんだ」

実際はもう少し長くて、嫌みな言い方だったな。
投稿の時刻は夜中、内容から推測するに、
大手塾の、比較的若い教師のように感じた。

私はコメントでは返さなかった。
すぐにブログでそのコメントに対する私の考えを書いた
彼に対しての返事のブログだったのである。
特に最後の「虎屋」の社長の言葉は present for him.

さあ、これにどうコメントを返してくる?
私はワクワクして彼のコメントを待った。
しかし彼からのコメントは以降なかった。

私は思う。
コメントするなら、特に批判を言いたいのなら
自分の名前を書いてこい!
返信を受ける度胸がないのだったら、はなから書かなきゃいい。
要するに卑怯者だよな。
自分の姿をはっきりとさせず、暗闇から攻撃しているようなもの。
相手に対して、正々堂々正面からぶつかれないのだから。

ネット社会ではこういう輩が増えたのかな?

posted by scarecrow at 09:30| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました