訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年05月20日

これがしごき、体罰?

大阪の高校のバレー部の練習が体罰ではないかとの
ニュースを見た。

これを見たバレー経験者の我が家の二人の反応。
小・中でバレーをやってた次女
「は、これが体罰?当たり前の練習じゃん」
小・高でやってた事務長
「うん、これを問題にする人っておかしいんじゃない?
 下手したらパイプいすまで飛んできたよ。
 当たらないようにだけど」

二人の話を総合すると
これを問題にする人は、よっぽど弱い部活か
まともな練習はしていないとのこと。
強いところならごく普通、当たり前の練習らしい。
ニュースに取り上げるまでもない映像だとか。

私の印象も何も問題にするようなことでもないと思った。
100本ノックなどどちらもヘロヘロになるまでやってたな。

こんなので非難されたら、この先生が可哀そうだと思う。
この生徒もしごきだと思ってないらしいのにね。
世の中の「甘ちゃん」の非難に負けず頑張ってほしいね。

話は変わるが・・・
私は中2の時に担任の先生に本気で往復ビンタをやられた。
メチャクチャ痛かった。
もちろん悪いのは私である。
夕飯の時になぜか母から、先生から往復びんたを
食らったことについてこれまた叱られた。

近所に住む野球部のチームメイトが
親切にも私の母にチクッていたのであった(笑)

今だと考えられないことだろうな。
昔は教師も尊敬されていたし、それなりに
威厳をもって生徒に接していた。

いつしか「子供の人権」とやらがさけばれて
教師が生徒のレベルまで下がってしまった。
小学校では男子生徒を「さん」づけで呼ぶ。
聞いていて気持ちが悪い。
小学校の低学年の時は「君」「ちゃん」「さん」づけが多かったが
高学年からは呼び捨てが当たり前だったな。
それが大人だと思っていた。
なんとかならんか…と思う。

posted by scarecrow at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

GW前の独り言A麻生財務相

先週麻生財務大臣は
「消費税が上げやすい状況になった」
と発言した。

ん???

安倍さんは口が裂けても言えないと思うが
アベノミクスは誰が見ても大失敗。
総理就任以来日本のGDPは減少している。

麻生さんの発言の裏には何があるのか?
私には「上げやすい状況」が何かさっぱりわからない。
財務省の思惑があるのだろうか。
財務省は何かあるときには(増税)
政治家や識者のもとへ2、300人態勢で
レクチャーに走るらしい。

経済の「け」の字も知らない政治家などは
財務省の官僚の言うことを鵜呑みにして
恥もなくTVでお題目のごとく聞いた話をそのまま発言するらしい。

昨年春に安倍さんは
ノーベル経済学者のスティグリッツ教授と
スティグリッツ.jpg

消費増税を安倍さんにとどまらせたクルーグマン教授に
kuru-gumann.jpg

あえて「財政出動」を言わせたのではなかったのか?
財務省が何としてもやりたくない財政出動を。

過去に例を見ない金融緩和政策に走った日銀。
それはそれで間違っていない。
しかし政府は緊縮財政と言うブレーキを踏み続けてきた。

デフスパイラルの今だからこそ政府が財政出動して
需要を作り景気を刺激しなければならない。
先行きが見えない現状で、いくら金利が低いとはいえ
起業が金を借りて投資をするはずがないではないか。
内部留保と自社株買いに走るのは当然である。

需要がないのであれば、それを作るのが政府の役目である。
少子化が問題となっている今こそ
将来のためのインフラ等にガンガンお金うべきである。

大型コンテナ船は日本の港が小さく浅いため入れず
韓国の港に入港後、小分けして日本に運ぶそうな。
だったら港湾整備をすればよい。
高速道路は韓国より短い。
(総キロ数ではなく、国民一人当たり)
災害大国日本、高速道路網の整備、老朽化した高速の
整備もするべきであろう。
インフラをしっかりと整備して生産性を上げることは
将来の日本に間違いなく必要なことである。
こういうと「土建業者に金をばらまく!」と
言う輩がいる。
何が悪いのか論拠もないままににね。
おまけに赤字国債と建設国債をごっちゃにして・・・。
さらに言うと、北海道あたりの高速を例に出して
無駄に税金を使ってます!
それはほんの一部の話でしょ。
さらに
「家計では、収入より出費が多いのはありえないでしょ」
あのな〜家計と、国家とは違うんです。
家計では収入以上に出費をすることはできないが
国家ではそれをしないといけない状況ではやるんですよ。
そのために国はやれる仕組みになっている。

塾の生徒には何度も口を酸っぱくして言っているが
「国の負債は1000兆円」
「国民一人当たりの借金は八百万円」
こんな財務省のウソに騙されてはいけない。

赤字国債って何?

政府が借りたお金でしょ?
多くは銀行、証券会社など。
政府の子会社ともいえる日銀が
お金を刷って買い取ればハイ終わり。
現実には、各銀行の日銀当座預金の残高が増えるのだが。
現実ここ数年で2〜3百兆買い取ったんじゃないのかな?
残高は急激に減少している。
そうすると「ハイパーインフレになる」
という経済学者がいたが、
この数年国債を日銀が買いまくっても
一向にインフレになる様子がない。

飲む打つ買うのぐうたら亭主が、いかにサラ金で金を借りても
お母ちゃんが、押し入れの中に造幣機を持っていれば
全然平気でしょ?
諭吉さんをガンガン刷って、いくらでも借用証書を引き取ります。

おまけに言うと、銀行が国債を買うそのお金って
誰が預金したものなの?
国民、企業でしょ。
そうすると、国民に債権はあれど借金は無いのでは?
財務省は増税したいと「国の借金」のまやかしのレトリックを使い
政治家や小賢しい識者の口から出まかせを言わせ
増税やむなしの雰囲気作りに奔走する。

生徒には
「国の借金が〜」
とTVで言ってる政治家や経済学者は
国賊者であると認識せよと言ってある。

ちなみにヨーロッパのギリシャとかが経済破綻したのは
通貨がユーロであるから自国でお金が発行できないからでしょ?
ユーロ建ての負債だから。
けっしてギリシャ国民が怠け者で働かないからではありません。

日本は未来永劫破綻することは無い。
地球が破滅する日がきても。
それなのに格付け会社は日本を・・・よくわからんね。
アメリカよりもマイクロソフトの方が格付けが上ってのも
あり得ない話である。
それを考えるとムーディーズ、S&Pなどの名だたるは
格付け会社がいかにいい加減であるかが分かる。

何が言いたいのか分からなくなってきたが
麻生さんの発言から何かきな臭いもを感じる。
安全保障では何とか及第点ではあるが
経済政策はさっぱりの安倍さん、さてどうするのかね。

最後に、デフレ下で自由貿易を推進したらどうなるか、
米国抜きでもTPPを推進しようとしている麻生さん。
いつまでたってもインフレの世界はこないのでは?

行き過ぎたグローバル化を是正しようともがいている
先進諸国の中で、周回遅れのランナーのごとく
唯一「グローバル化」を叫んでいる日本。
政治家の方々は、確かに学校のお勉強はできたかもしれないが
社会に役に立つお勉強をもっとしてほしいね。

あ〜終わらなくなってきた、ハイ終了、ちゃんちゃん!


posted by scarecrow at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

GW前の独り言@小池都知事

緑のイメージカラーで、圧倒的な支持を得て
都知事に当選した小池百合子氏。
koiuke.jpg

何やら師である小泉元総理よろしく

4875855.jpg

敵を作ってはそれに対峙するヒロイン役のように
振舞う劇場型の政治に邁進しているように見える。

築地移転問題など、一体どうするつもりであろうか?
豊洲の地下に「盛り土がない」を騒ぎ立てた
共産党に乗っかったがいいわ、
今では引くに引けなくなってしまった。

盛り土をした場合、地下からの汚染水が
地表まで染み出す可能性があるので
地下にモニタリング空間を作り
そこから地表に出ないようにポンプで汲みだす。
科学的に安全な方策をとったまでの事だった。

それが、鬼の首を取ったかのように
「盛り土」「盛り土」とマスコミとともに大連呼。
「盛り土」をしないようにした犯人?探しに躍起。

世界に誇る日本の科学では
地下空間を作り、汚水をくみ出す方が
    「安全」
だということが分かっていたから
盛り土なしにしたのにね。
たとえ環境基準の何倍もの濃度があっても
地表に出なければ何の問題もない。

私はワイドショーを見ながら???
良い方に方向転換したのに
都民に黙って盛り土をしなかったのが悪い?
何を問題にしたいのかさっぱり分からなかった。
本当の論点は安全か安全じゃないかでしょ?

小池さん先月には苦し紛れに
「安全だが安心ではない」
と意味不明なコメント。

はあ、それを言うなら
安心でなくしたのは誰なんだ?
それは貴女でしょ。

都はすでに移転補償金などで95億円の負担を強いられるらしい。
小池都知事はどう思っているのだろうか?

お金の問題で都庁を追われた前舛添知事は
いくらの浪費で辞めさせられたんだ?
AS20160520004378_comm.jpg

それを考えれば小池さん、この件だけで辞職ものではないかな。
小池さんに乗っかったマスコミはいまさら叩けないんだろうね。
本当に毎度生徒に言っているが日本のマスコミのレベルは低い。

石原元都知事が小池さんを批判したのは
もっとも至極なことだと思う。
無駄にお金をどぶに捨てているのだから。
都民は知事に対して怒らねば!
都議選のための人気取りに、しょうもないことを政争にする知事に対して。


posted by scarecrow at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

歪んだ報道

正男君暗殺事件の報道が一段落すると
森友学園の土地取得問題。

なんでも9億5600万円の土地が
1億3400万円で売却された。
なんと8億2200万円のお値引き。

moritomo.jpg

地下にゴミがありその撤去費用が
8億2200万円かかるそうな。

・・・これは何かある、普通の人なら思うわな。
森友学園以前に近隣の大阪音楽大学が
7億で購入しようとして断られた経緯があるそうだ。
ますますきな臭い。
政治屋の介入が想像される。

こんな土地売買にかかわる真相究明の報道だけなら良い。
ところが左よりのマスコミは、ここぞとばかり
森友学園が経営する「塚本幼稚園」の
教育理念、内容に思いっきり突っ込んでくる。
ちょいと方向が違うんじゃないの?

その前にこの件が公になって以来
2/21までに新聞の取り上げた件数

朝日 17件
毎日 13件
産経  2件
読売  1件
日経  1件

なんと日本を貶めることが大好きな
左寄りの2大新聞が群を抜いている。

TVでもそうだが、坊主憎けりゃ袈裟まで・・・
一私立の幼稚園の教育にあそこまで突っ込むか?
公立ではなく私学である。
何を教えようとよいではないか?
良い悪いは保護者が決めるもの。
良いと思う者は入園するし、嫌なら入らない。
それを鬼の首を取ったかのように
あたかも塚本幼稚園の教育が
間違っているかのような報道。

「安倍総理がんばれ!」の連呼はいかがなものかと思うが
教えていることの基本には共鳴できる。
少々行き過ぎな点はあるが、決して悪くはないと思う。
日本を愛する教育、ナショナリズム、今の時代には大切である。

まあ、これからも朝日、毎日系列は
義務教育でもない私学の幼稚園の指導に
ヒステリックになってバッシングを続けるんだろうな。
いつまで歪んだ報道を続けるのか、あきれた輩である。
こんな新聞社が「社会の公器」と呼ばれているのは
笑えないブラックジョークかな?

posted by scarecrow at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

トランプ大統領

就任前から何かとマスコミを騒がせるアメリカ大統領。
今回は司法長官代理を解任した。
まあ、民主党政権の残り香である長官代理なので
トランプ攻撃は当たり前のことであり
解任もとくに驚くことではない。

img_c13c372876f5441bd350585a5363861b166773.jpg

ワイドショーでは大統領のやり方を批判的に
紹介しているが、はたしてそうなのであろうか?

お騒がせなのはマスコミであって、
大統領は選挙公約の一つ一つを
確実にそして迅速に実行しているだけである。

メキシコとの「壁」など、多くの人は選挙戦での
パフォーマンスで、本気にした人の方が少ないのでは?

TVでは米国のデモの様子が紹介される。
しかし、そのデモが民主党の支持基盤が強い
場所であることは伏せられている。
あたかもアメリカ国民の大半がトランプに反対のように。
情報操作って怖いと思う。
ウォール街の手先でもある米マスコミを
トランプが毛嫌いすのは当たり前である。

ある意味で、日本の政治家も見習わなくてはならない。
日本では選挙公約はただのリップサービス化している。
本気で実行する政治家など、一握りである。
まともな選挙公約さえできない政治屋もいる。

TPPをやめこれから日本と2国間での協議となるが
安倍さん、さてさてイーブンな交渉ができるであろうか?
そうとうタフなネゴシエーターである。

米軍駐留費の全額負担・・・?
これを機に、自衛隊の在り方なども見直せばよい。
自分の国を自分で守るのは当たり前のことである。
もっと国防に力を入れ、防衛費は使うべきである。
こんなことを言うと、日本はまた戦争に向かう!
などと言う頭がお花畑の人たちがいる。
戦争にならないための防衛力強化なのである。
大陸の一党独裁の赤の大国の横暴はとどまる事を知らない。
東南アジア諸国との安全保障とかを先頭に立って考え、
集団的自衛権など限定的ではなく
当たり前に他の先進諸国と同じように行使できるようにすべきである。

ウォール街をはじめとする、米国アッパー層(グローバリズム)
VSトランプ大統領(反グローバリズム)の戦いは今後も続であろうが、
これは今の世界の流れであり(反グローバリズムを選択した英国のEU離脱も)
いまだにグローバル化をお題目のごとく唱えるまさに周回遅れの日本は
ぼちぼち世界の潮流に気づいてもいい時期なのではないだろうか?
ヒト・モノ・カネの国境を越えた自由移動。
特にヒトの問題で、アメリカ・EUはほころびが出てきているのにね。
その真逆のことを日本ではやろうとしている。

なにはさておき、しばらくは実行の人
トランプ大統領から目が離せない。

posted by scarecrow at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました