訪問いただきまして、ありがとうございます。

2020年06月22日

開幕第2戦

落とせない一戦、オーダーを組み替えての戦い。
相手は昨年度年間優勝決定戦を戦ったチームだった。

1回表1点を先制される。
2回にも追加点。
4回さらに1点。
ここでピッチャーを変える。
これまでうちは、チャンスが1回。
2回裏の1死1、2塁。
後続が立たれ0点。
5回にも1点を追加され0-4。
最終回2死ランナー無しから10番DHがねばって四球で出る。
1番、よく選んで四球。
2番、死球。
突然の相手投手の乱れで2死満塁。
3番バッターが3-2から振り逃げ。
きわどいタイミングで1塁を駆け抜けるが
ボールの方が一瞬速い。
しかし送球がそれファーストの足が離れた。
コーチスボックスにいた私にはそれがはっきり見えた。
ところが、二人制の審判で満塁のため内野の審判は1、2塁間にいた。
その位置からの角度ではファーストの足が離れたことが見えない。
「アウト」の判定。
一瞬私は審判を見て
足が離れたジェスチャーをした。
審判の方は
「そうなのか?」
というような表情を見せた。
しかしそのまま試合終了。

キャプテンは、
「監督抗議しないんですか?」
私は首を振った。
そして試合後アンパイアの所へ行って確認をした。
「さっきの判定、内野の審判から足が離れたのが見えない角度でした。
 こんな場合はアンパイアに抗議してもいいのでしょうか?」

アンパイアの方は言った。
「監督の気持ちはわかります。(アンパイアもセーフだと認めていた)
 しかし、内野の審判が下した判定を
 私が覆すわけにはいかんのですよ」

「そうですよね、わかりました。ありがとうございます。」
と言って私はベンチに戻った。

こういう場合、ローカルルールを作るのが望ましい。
きちんと見えるところの審判の判定を優先すると。
予算の都合で2人なんだからしょうがない。

しかし…開幕の連敗は痛い。
リーグ戦の優勝は完全に遠のいた。

posted by scarecrow at 22:59| Comment(0) | 塾長の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月08日

開幕戦

武漢ウィルスの影響で、3月29日の開幕戦が
やっと昨日岐阜市民球場で行われた。

いつもなら開会式でプラカードを持って入場。
今年は開会式がないのと、試合前のチームの挨拶もない。
少し寂しい試合前である。
相手は昨年4位のチーム。
連覇を狙うわがチームとしては絶対に負けられない。
初戦は昨年とほぼ変わりのない打順、守備位置で対戦した。

1回表、うちのエースが撃ち込まれ5点を取られる。
その裏ワンアウト2,3塁のチャンス。
ここで2点入れば…。
4番三振、5番ライトフライでチャンスがつぶれる。
その後3点を追加され、万事休す。

私が監督になって、初めての1回もサインを出さない試合だった。

相手はすでに何回か試合をしていた。
それに対してうちは今シーズン初の試合。
う〜ん、言い訳はやめておこう。
2週間後の第2戦は、昨年2位のチーム。
これ落とせば今季のリーグ優勝は消える。

昨年度のうちの個人成績を見直して
各自が今まで以上のパフォーマンスを発揮できる
守備位置と打順を考えるのが私の仕事。
過去にとらわれず、少し変えようかな。

posted by scarecrow at 14:02| Comment(0) | 塾長の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月05日

誰も来ないぞ!

コロナの影響で先月29日に開幕する予定の
草野球リーグも未だ延期。
よって今日は江崎グランドで13時から練習。

塾生の中3T君を連れてグラウンドへ。
江崎第2、長良川にまたがるJR線の北側のグラウンド。
長良川右岸を走り合渡橋を渡り少し北上してグラウンドへ。

2キロばかり歩きT君とキャッチボール。
14時、誰も来ない。
キャプテンに電話をする。

「おい、誰も来ないぞ!」
「えっ?山田さん来ないなとみんなで言ってたんですよ」
「俺は1時に来て生徒とキャッチーボールして…」
「えっ、どこにいるんですか?」
「それは、江崎にきまっとる、あっ」

なんと私がいたのは合渡グラウンド。
合渡橋を渡って右折をするところを
私はなぜか左折をしてしまったのだ。
なんで勘違いしたのか自分でもよく分からない(笑)
車に乗ってわずか1キロほど下流の江崎グラウンドへ。

合流して1時間半ほど練習をして帰宅。

あ〜ボケるにはまだ早い気がするんだがな…。
posted by scarecrow at 17:53| Comment(0) | 塾長の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

初優勝

現在の岐阜ミーティングリーグに所属して
かれこれ10年以上がたった。

ついに念願の初優勝。
6日の後期最終戦、勝った方が後期優勝のM戦、
私の采配ミスで今季初黒星を喫した。
20日が年間優勝決定戦だったが前日の雨で
グランドが田んぼ状態で27日に延期。

27日は私は生徒を引率して京都へ坐禅研修。
過去2回年間優勝決定戦で我がヴィクトリーズは負けている。
その2回とも私は仕事で出られなかった。
今回3度目の正直となるか
2度あることは3度あるとなるのか、
研修が終了して駅へ向かう途中でメールを開いた。
やっと優勝。

過去2回の時の様な打線の爆発はなく
せった試合をものにして勝ち続けてきた。
今季はだからコールド勝ちの記憶がない。
きっとうちのチームがリーグで一番
バントが多いチームだと思う。
私がそのサインを出している。
今年私はある試合の前に話をした。

ラグビーの「one for all  all for one」
野球のバントはチームプレイの最たるもの。
草野球では皆打ちたいのはわかる。
それを我慢して、チャンスを作り
次の打者に託すのがチームプレイ。


みな良く頑張ったな。
・・・しかし出たかったな。
出てたら結婚式以来の胴上げだったかな?


posted by scarecrow at 11:41| Comment(0) | 塾長の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月06日

後期優勝はいかに?

昨年年間準優勝のMチームとの後期優勝のかかった一戦。

Mはこれまで8戦無敗。
ヴィクトリーズ(私が監督をしているチーム)は7勝1分け。
今年はこれまで負けなし(前期は8勝1分け)

諏訪山グラウンドで朝一からのの決戦である。
これに勝てば前期優勝の我がチームは、年間優勝。
負ければ、後日年間優勝決定戦がある。

1回裏、3点を先取。
先発のYが2,4回表に1点ずつを返され3-2.
5回裏に1点を入れ4−2.
ここで勝ちを意識した。

マウンドは5回からエースのM。
6回表、時間により最終回を審判から告げられる。
3つの四球で2死満塁。
ここで本来はピッチャーを変えるべきであったのだが
あと一人、なんとかしてくれるのではないかと期待。

その1球目をライトオーバーに持って行かれた。
同点。
ここでピッチャー交代。
ワイルドピッチで逆転された。
その裏の攻撃は3人で終了。

後期は2位で20日に年間優勝決定戦。

本当ならば2人歩かせたときに交代だったよな。
後悔、気分は落ち込む一方。
本日は監督の采配ミスで勝てた試合を落とした。
皆な、ごめん。

20日頑張ろうな。



posted by scarecrow at 19:37| Comment(0) | 塾長の野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました