訪問いただきまして、ありがとうございます。

2019年02月21日

事務長の誕生日

昨夜は事務長の誕生日。
今回もコーチと、最後のコマまで残っていた
生徒達が祝ってくれた。

コーチ達からケーキと赤ワイン。
事務長.jpg

何回目の誕生日?

私が毎年29回目の誕生日を迎えるので
24回目の誕生日かな(笑)
(私は生徒に年を聞かれると「28歳!」と答える
 そして誕生日から1週間経つと
 また28歳にリセットされると言っている)

いやいや本当はイケイケ歳で(go!go!)
四捨五入をすると私と同じ年。
これまで35年間お世話になりました。
いつまでも元気で長生きして下さい!
いつもありがとう。
posted by scarecrow at 11:08| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

横須賀2 浦賀

日曜日、ホテルを出て久里浜へ。
1853年、黒船に乗ったペリーが上陸した場所。
ペリーjouriku.jpg

現在はこんな感じ。

ペリー浜.jpg

砂浜でスポ少の野球部か、クラブチームの子供たちが
トレーニングをしていた。

ペリー.jpg

ペリ―上陸記念碑。

「太平の眠りを覚ます上喜撰
 たった四杯で夜も寝られず」

この川柳、いつしか教科書から消えてしまった。

この後鎌倉の大仏を見て帰途に就いた。
大仏.jpg
posted by scarecrow at 23:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横須賀 治外法権の中へ

二男のビームライフルの全国大会で、横須賀に行った。
大会が終わった後、横須賀の選手のお母さん(Gさん)の案内で
治外法権の世界へ。
そう、アメリカ軍横須賀基地。

運転免許証と住民票を提出。

許可証.jpg  

をもらっていよいよ基地の中へ。
基地の中は相当に広い。
学校から病院から娯楽施設から何から何までそろっている。
一つの町である。

8時半ごろchili's restaurantに入る。
案内のGさんおお勧めのドリンクとハンバーガーを注文。
ハンバーガー.jpg

食べ応えあり。
ポテトの量が半端ではない。
デザートも5人でシェアし腹いっぱい。
デザート.jpg

ストアーで色んなお土産を買った後、海辺を案内してもらう。

海軍.jpg

空母ロナルド・レーガン(乗員6000人)ほか何隻か停泊していた。

このだだっ広い基地は元大日本帝国海軍の跡地。

歴史に「もし」はありえないが、
もし…日本が大東亜戦争に勝利していたら
この敷地には日本の軍人さんが歩いていたんだろうな。

毎年ハワイ付近で日米の海軍の運動会?
みたいなものがあるらしいが、
Gさんの御主人いつも日本の自衛隊にロックされて
負けてばっかりだったらしい。
海上自衛隊の人たちのスキルは世界でもトップレベルなんだな。

自衛隊の人たちは日々我が国民の安全を守ってくれている。
頭が下がる想いである。


posted by scarecrow at 13:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月25日

伊奈波神社に鬼が出た

正確に言うと伊奈波神社の
入口にある善光寺さん。

月曜日の朝毎日の参拝に行くとこれ↓

鬼.JPG

誠にユーモラスな、全く怖くない鬼である。
しかし、うちの子供たちが小さい頃は
こんな鬼でも、怖くて仕方がなかったらしい。
今年も節分が近くなったんだな。

昨日ふと思った。
「なぜに鬼のパンツはトラ模様?」

調べましたな。


以下ネットより

日本の鬼の姿は風水などでよく言われる

「鬼門(きもん)」に由来するといわれています。

節分の歴史は古く、藤原京の時代に中国から「追儺」

(ついな、「鬼儺」おにやらい、とも)

という厄払いの儀式が伝わり、

これは陰陽五行に基づいて宮中の年中行事として行なわれていました。

陰陽五行では鬼の出入りする方角は北東、

つまり鬼門とされています。

昔は子(ね)を北として十二支を時計回りに配置していたので、

鬼門=北東は丑寅(うしとら)の方角となります。

つまり、頭が牛で下が虎、牛の角に虎縞パンツ、

というわけなのですね。なるほど!

香港などアジアの地域では今でも盛んな風水。

風水は環境学とも地形学ともいわれ、

地を読むことによって災害などを避けて豊かな生活を

送ることができると信じられてきました。

鬼は平穏な生活を侵犯する異界の存在であり、

不幸や天災の象徴だったのです。

そんな伝統に思いを馳せつつ、

今年の節分もたくさんの「鬼」を退治してしまいましょう!


なるほど、十二支ね。
よ〜くわかりました!


posted by scarecrow at 20:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

センター試験応援

土曜日8:20分、集合時間に5分遅れて
岐阜大の噴水広場へ。
コーチ達は皆集合していた。
センター応援.jpg

今年は寒さはそれほど厳しくなく
生徒を待っていても苦にならならなかった。

センター応援2.jpg

昨日の日曜日は雨。
雨の中コーチ達は傘をさして生徒を待っていた。

初日は多くの塾や予備校が来ているが
2日目は打って変わってどこも来ていない。
なんでだろう、TVの撮影がないと来ないのかな?

コーチ達ほんとうにご苦労さん。

今朝、いつものように登校前の自習に来ていた
A君に聞く。
「どうやった?」
「はい、まあまあです」
「それで?」
「リスニングがいつものように取れなかったんですが、
 それを除いて9割です」
彼の志望大学のセンター試験科目には
リスニングはない。

しかし、これまでのマーク模試では
彼はそこまで取れてなかった。
結果を聞くといつも
「まあまあです」
冬期講習中は、あせりも悲壮感も全くなかった。
きっちり間に合わせてきたんだな。

担当の山口コーチもこれまでも
「あの余裕は不思議でもあり、ある意味ですごいです。
 でも彼は必ずやってくれると思います」

さあ、2次に向かって悔いのないように頑張れ!

posted by scarecrow at 13:47| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月18日

合格祈願

恒例になった合格祈願。
近くの神社で昨夜実施。

一人一人の住所、氏名、志望校を読み上げ
神様に祈願する。

合格祈願.jpg

そして神楽の舞に玉ぐし奉納。
goukakukigann 2.jpg

普段は神社に行ってもなにもお願いはしない。
これまで無事に過ごせたことの感謝だけ。
この時ばかりは精一杯、一生懸命
うちの受験生の合格をお願いする。

そして塾に帰って一人一人に受験グッズを渡す。

合格祈願3.jpg

高3生、明日からのセンター試験、がんばれ!!
posted by scarecrow at 10:31| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

新人研修

今年学志舎に入った新人コーチの研修会を実施。
インフルエンザで一人休みで7人。
学志舎では年3〜4回研修会を実施する。
研修会なくして塾はあり得ない。
学志舎の理念を共有、コーチング、OK学習法の
スキルなどを習得して初めて一人前のコーチとなる。

山口チーフコーチが前半を受け持つ。

研修会2.jpg
各自の自己紹介から始まる。
自己紹介もただの紹介に終わらない。
隣の人を紹介する。
生徒の情報を全員で共有するノート記入から
事前に見てもらった中村文昭氏の講演録の感想。
何を思い、今後どう活かすのか?

なかなかやりますな!

研修会.jpg

予定では後半はコーチングの研修を
と思っていたが、中村さんの
講演録から、人間力の話になった。

コーチの成長なくして生徒の成長はない。

ただ単に分らない所を教えるのがコーチではない。
子どもたちのモチベーションを上げ
自律への道を支援する。
そこに人間力、子どもに対する熱い思いが必要となる。
いろんな引き出しを持ち、懐を広げ
生徒たちに接してほしい。

「傾聴」に関して触れた後、最後にターゲットストローク。
一人一人の良い面を皆で言ってあげる。
言われた時の気持ち、行ってあげるときの気持ち。
みないい顔してたな。

次回はスキルに関してじっくりやろうか。



posted by scarecrow at 20:30| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

日経よお前もか

私が新聞の嘘がわかるようになったのが30代後半。
それまでは新聞は真実を書いているものだと思っていた

今では嘘に情報操作満載、読んでいて面白い。

さて今回は一昨日の日経。
朝コーヒーを飲みながら読んでいると
・・・・あった。
今日、コピーをして赤マジックで書き込みをして
2階の高校生の掲示板に張り出した。


これを普通に読めばドイツが積極的に受け入れたことを
肯定しているかのようである。

実際にあのギリシャだっただろうか
波打ち際に子供の死体が打ち上げられた写真一枚で、
メルケル主導のもとドイツは移民受け入れを
全面的に賛同した。

その結果どうだ。
犯罪率はぐんぐん上がり(特にレイプ)
国民はその恐ろしさを味わった。

今や選挙でメルケル率いる与党は勝てなくなった。
そして任期をまたずして退陣が決まった。

トランプが軍を派遣してまで移民を拒むのは
当たり前の話である。
移民の写真で、小さな子供を抱いた母親を載せた
アメリカマスコミ。
しかし、何千人いるかわからないが
あの国境を越えようとする移民の90%は若者なのである。
これは完全に情報操作と言わざるを得ない。

我が国は今はまだ3%未満なのでその怖さがわからないが
これが10%を超える様になると手遅れになる。

有る地域に移民が固まって済む。
日が沈むと付近の国民は家を出られなくなる。
世界にはそんな例が掃いて捨てるほどある。

この記事を書いた日経の記者はそれを知らないのか?

経済記事を見ても消費税をどうしてもあげたい
財務省の御用新聞になり下がっている。

「国の借金が膨らむ」「未来に負の遺産を残すな」

こんな論調で経済学者も記事を書く。
どうしても国民をミスリードしたいのがバレバレ。

生徒には常々、新聞・TVの嘘を解説する。
そして言う
「先生は30代後半になって
 やっと新聞が嘘を書くことがわかった。
 君らはもっと早く分かるようになりなさい。
 偏差値が70を超えても、自分の事しか
 考えられないような人間になってはいけない。
 本当のエリートとは人生を賭して、
 世の為人の為に、社会のために働ける人間
 のことを言うのだと思う」

posted by scarecrow at 16:12| Comment(0) | 時事問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

冬プロ最終日

今日は冬プロの最終日。

いつも朝一
「塾長、今日何やればいいんですか〜?」
の声に
「体育や、伊奈波神社の上までダッシュ!」
生徒によっては
「うん、やる!」
「えっ?」

今日はご期待に応えて
9時からの授業に来た生徒とコーチ3人で伊奈波神社参拝。
「今から伊奈波神社へ行く人」
全員
「行く!!!」

参拝2.JPG

参拝1.jpg

往復で15分弱。
皆、何をお願いしたんだろう?

この冬もみんなよく頑張りました!!!
posted by scarecrow at 19:33| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

飲み会

昨夜は恒例になった卒塾生(大学生)との飲み会。

年末、いつもの駅構内の店に電話をしようとすると
なんと閉店していた。
急遽場夜を変え、新岐阜近くの居酒屋で開催。

新年会DSC_9186.jpg

会うたびに男の子たちは、
逞しい大人の顔になっていくし
女の子たちはきれいになっていく。

神戸大学のCに、
「お前ら会うたびに別嬪さんになるな」
「塾長それは化粧ですよ!」
・・・。

就職が決まった東京理科大のH、
大手ゼネコンのSをけって別の会社Lへ。
給料だけを考えたら絶対にSであるが
自分のやりたいこと、会社の雰囲気で
Lを選んだそうである。
これには親とも話し合ったそうだ。
本人いわく
「東京の本社か名古屋の支店だったらいいんですが
 北海道から九州までありますので…。」

医者の卵で、この4月から県総合病院に勤める
J君
「卒業しても来年この会に参加していいですか?」
もちろんOK!

2時間があっと今に過ぎる。
2次会(カラオケ)に行くというので
カンパをして私と事務長は帰途に就く。
新岐阜から約40分歩いて帰った。

帰宅後飲み直そうとワインを開けたが
我が相棒はストーブの前でZZZ。

彼らは本当に自分の子供のように可愛く思える。
また来年な!


posted by scarecrow at 09:24| Comment(0) | 塾関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました