訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年08月18日

帰省3

15日は午前中、次男のリクエスト、大和ミュージアム。
4年前に何か見落としたものがあるらしい。
ヤマト.jpg

今回は特別展示があった。
それは呉市の潜水調査の成果。

前回なかった南の海に眠る大和の姿だった。
大和は二つにちぎれ、200m四方に散らばって沈んでいる。

乗員3332名のうち生還者は276名。
その中の清水少佐の手記が展示してあった。
大和がいかにしてサンドバック状態で魚雷を受け
沈んで行ったか。
そして少佐がどうのようにして助かったか。
大和が沈むのとともに海中に引き込まれ、
大和の爆発で海面に押し戻された。
海面に出た時には、わずかな生存者だった。
少佐は後に戦闘詳報に懲罰を覚悟で参謀本部の
この無謀な作戦を断罪している。
simizu.jpg


第2艦隊司令長官伊藤少将は、レイテ沖海戦後
数えるほどになった艦隊、その艦隊をまともに動かすことが
出来るほどの燃料もない状況を鑑み、
艦隊を解散し、人員をと艦船を本土防衛に回すことを
連合艦隊上層部へ具申する手はずを整えた。
71LdvXsDn-L._AC_UL320_SR224,320_.jpg
しかし時すでに遅し。
草野中将から信じられない作戦命令を聞く。
大和をはじめとする第二艦隊を特攻兵器として利用するというのだ。
伊藤司令長官は最初は拒否したが、
大本営の正式承認の作戦であることを理由に聞き入れない
草野中将にどれだけ反論しても無駄だと悟った。

そして死への旅立ち。
雲霞のごとく群がる3回にわたる敵機の攻撃にさらされ
反撃という反撃もできないまま左舷に魚雷を集中され
2時間後大和はその時を迎える。
伊藤司令長官は総員退艦を決意した。
大和の出撃は特攻作戦で、乗員の生還はありえない。
そんな中で伊藤長官は独断で部下の退艦命令を下した。
この決断で清水少佐をはじめとする276名の命が助かるのである。

そして自身は生存者の脱出を見届け艦長室に籠り自決、
大和とともに鹿児島県の南、坊の岬沖の海底に沈んだ。
この無謀な作戦でも多くの優秀な軍人が死んでいった。

10分の一のスケールの大和の展示室の隣には
人間魚雷「回天」が展示されていた。
神風特攻隊とともに大本営の狂気の作戦で散って行った若き命。

生き残った人々は必死で日本の再興のために身を粉にして働いた。

何とかフライデーだの週休3日だの
わたしは時代遅れなのかもしれないが
どうにも受け入れがたい。
今の日本を、空の上からどう思って見ているのだろうか。

知覧でもそう、靖国神社の遊就館でも、そしてここでも、
あの戦争で散って行った人たちに日本人としての
本物の矜持というものを感じる。
我々の世代は次の世代にどんな日本を残していけるのか?
これから大人になっていく若者に、本物の教育をしたい。
偏差値だけ高くて、人としての心がない、
自分のことだけしか考えない、似非エリートだけは
育てたくない、そう思う。
本物のエリートとは、自分の人生を賭して
社会のために人のために働ける人だと思う。

明治が始まったころ、むか〜し昔の政治家、官僚は優秀だった。
今は・・・?

posted by scarecrow at 12:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

帰省2

14日は朝から毎年のお約束、母の実家のお墓掃除。
県道から結構きつい坂を100mくらい登る。
私は母にこの坂を登れるよう、毎日歩くように言ってある。

90にしてまだまだ頑張って坂を登る母。
あと何回母とここへ来れるだろうかとふと思う。
目一杯汗をかいて掃除終了。

海では次男が甥姪たちの子供たちと泳いでいた。
というか、ヤスで魚をついていたが
次男につかれるようなボーッとした魚はもちろんいない。

昼ご飯を食べた後、呉へフェリーで渡るために松山観光港へ向かう。
呉について、鉄板焼き屋で広島焼き等を食べて就寝。
posted by scarecrow at 13:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

帰省1

12日夕方6時半、岐阜を出発。
渋滞の中、予定を大幅に遅れて日付が変わる直前に姫路着。
ホテルの近くの居酒屋で飲んで食べる。

13日は姫路城。
姫路城.jpg

25年ぶり。
前回来た時は両親と事務長と長男長女の6人。
長男は2歳、長女は半年くらいだったかな。
今回は子供達とそのパートナー2人を合わせ8人。

ニュースで改修して真っ白になった姫路城を見たが
確かに真っ白になっていた。
しかし近くまで来ると、結構薄汚れていたかな。

11時に姫路城を出て一路愛媛に向かう。
5時前に実家到着。
30分くらい話をして、宴会へ。

今回は母の卒寿の祝い。
会場を借りて26人が集まった。(37人中)
4つのテーブルに田舎の大皿料理が並ぶ。
遠くは埼玉から、藤沢から孫たちが集まった。
甥姪.jpg
甥姪たちのテーブル。

女4代.jpg
母と二女(私の下の姉)とその長女(姪)とその長女の女4代。


久しぶりに会う甥っ子姪っ子、兄弟との話に花が咲く。
楽しい時間はあっという間。
年より席.jpg
宴もたけなわ、しかし締めの時間。
また集まろうね!ということで万歳三唱で終了。

子どもが4人、孫が10人、ひ孫が11人。
甥姪たちのラインでは、また集まりたいとかで、
次回はひ孫が間違いなく増えているはず。

このあと甥姪たちとカラオケに行って就寝。


posted by scarecrow at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

原爆投下72年目に思う

18歳の夏休みの終わり、京都に帰る途中広島に寄った。
そして原爆ドーム、平和記念資料館を見た。

鳥肌が立った。
この世のものとは思えない地獄絵図。
0a135e078cbcb7857eaebb597c5e2ee8.jpg

b_08279127.jpg

当時の交戦国家間の取りきめ、国際条約の
ハーグ条約にはこういう文言がある。

23条に禁止条項として

2.敵の国民を殺傷すること
5.不必要な苦痛を与える兵器、投射物、その他の物質を使用すること

またこういう文言もある

 規則の条項に違反した交戦当事者は、
 損害ある時は賠償の責を負うべきものとする。


戦後日本はGHQによって、
「日本は他国を侵略する悪い国である」
「だから反省と陳謝をしなければならない」
7年間も洗脳し続けられた。
また、日教組もその片棒を担ぎ続けた。
そして今の様な事実にそぐわない教科書、
それを学習させ祖国に誇りを持てない若者を育てた。

謝るべきは米国である。
罪を償うべきは米国である。

国際条約を破って罪なき日本国民を大量虐殺した。

原爆だけではない。
東京をはじめとする大空襲。
我が国民が大量に殺された。

私の母は学徒動員で愛媛師範学校時代に
名古屋の三菱の飛行機工場で働いた。
名古屋の空襲で逃げ惑う母から50mくらいの所に
爆弾が落ち、もう命はないと覚悟したこともあったとか。



平和記念公園の石碑に刻まれた言葉
1111633295404_1111632890024_image1.jpg

「安らかに眠ってください 過ちは繰り返しませんから」

トルーマン大統領に捧げたい。
いや、彼が言うべき言葉であろう。

d75504f9738ce7e116156c1be3a528ea.jpg


罪なき犠牲者の方々に 合掌


posted by scarecrow at 14:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

オールナイト学習会2017

昨夜22時30分〜今朝の6時30まで
真夏の8時間耐久学習会オールナイト学習会を開催。

本来小学校5年生からだが、今回は4年生2人が参加。
小4〜高3の有志で開催。

10時30分、附属中3年Nさんの生徒先生で始まる。
生徒宣誓.jpg

宣誓、我々は睡魔と正々堂々と戦い
朝まで寝ることなく頑張ることを誓います。
平成29年7月28日
生徒代表 岐阜大学教育学部付属中学3年 N

これを言うのに途中でつまり、take7でやっと成功。
余談ではあるが、これは一昨年冬の当時中央中3年のI君の
take6の記録を超える新記録(笑)

休憩時間はドリンクにお菓子にパン、何でもOK。
みな真剣に学習を始める。
中学生は4月〜7月までの単語テスト合格がノルマ。
オールナイト1.jpg

今回夜を徹して生徒をサポートするのは、橋本・新井コーチ。
オールナイト7.jpg
橋本コーチ、なにやら目つきが怖い(笑)

今年も12時30分の休憩時間に現れた、怪しいカキ氷屋のおっちゃん。
ねじり鉢巻きに「ありがとう」のウチワをさしている。
オールナイト2.jpg

草木も眠る丑三つ時。
オールナイト5.jpg

元気っぱい、まだまだ頑張っています。

あと30分で終了となった6時、気の緩みか
撃沈1号、2号、3号。

撃沈3.jpg

撃沈2.jpg

撃沈1.jpg

そしてその時はきた。

皆で記念撮影。
オールナイト4.jpg

参加してくれてありがとう。
また来年!!!

本荘小5年Iさん

私は7月28日〜29日のオールナイト学習会に参加しました。
オールナイトは夜10時30分から翌朝の6時半まで
寝ないで勉強ばかりして、とっても疲れました。
今も眠たいです。(現在6時25分)
家に帰ったらすぐ寝ます。
つかれたけど休みと勉強の時間がしっかりしていて良かったです。
この機会に友達もできました。
8時間勉強ができて、自分でもびっくりしたし、
このようなイベントは大切だなと感じました。


posted by scarecrow at 15:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

平成の大横綱

昭和の大横綱と言えばもちろん大鵬。

さて平成は?
勝ち星、優勝回数で行くと白鵬なのだろうか?
maxresdefault.jpg

しかし、昨日の宇良戦を見てがっかり。
立ち合いで変わるか?


勝負の決着は豪快な投げで、視線はそちらに行ったが
どうにもあの小細工は頂けない。
横綱の相撲とは思えない。

するとやはりこの人しかいないだろう。
tak912-jlp01142854.jpg

貴乃花光司

曙、武蔵丸の全盛期に、優勝22回は立派なもの。
一切小細工なし、受けて立つ相撲は見ていて気持ちが良かった。
横綱としての品格も文句なし。
千代の富士の様な八百長相撲は一切なし。
ガチンコ相撲一筋だった。
まぎれもなく彼が大鵬に続く大横綱と言えるであろう。

返す返すも昨日の白鵬の相撲はがっかり。
続きを読む・・・
posted by scarecrow at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

不覚をとる

泣くまいと思っていた。
いや泣かないだろうと思っていた。
しかし不覚を取ってしまった。

先月のブログを書いているときに、
結婚式のときに流す分の涙は出しつくしたと思っていた。

バージンロードをエスコートして歩く。
組んだ腕をほどき、娘の手を新郎に渡すとき
やばい、と思って必死にこらえた。

式が終わり、新郎新婦が退場する前から
長女の昔からの思い出が頭をめぐる。
こらえきれず涙が流れる。

退場していく二人に顔をそむけてしまった。
すると目の前は事務長。
しっかりと見たれてしまいましたな。

親としてはただただ娘の幸せを祈るだけ。

次女のときもこうなるのかな・・・。

DSC_0539 (1).JPG

posted by scarecrow at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教室の大掃除

10時より教室の大掃除。
普段使っている机、椅子、床、トイレ、本棚、
教材等に感謝をしてきれいにする。
souji.jpg

11時半からお弁当を食べ解散。
参加してくれた生徒たちありがとう。

掃除.jpg

次回は12月です!
posted by scarecrow at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

都議選

小池さんの圧勝、自民の自滅。
小池百合子アイキャッチー-1.bmp
しかしここまでの結果になろうとは・・・。
自民の国政の偉い先生方のオウンゴールの連発が
地方政治(東京は地方ではないか?)に大きく影響したな。
まあ、その器でない方を選んだのがそもそもの原因とはいえ、
民進に比べればまだましだとは思うんだが。
民進は党首そのものが論外であるからな。

「築地を守り、豊洲を活かす」
何ともわけがわからない、玉虫色のご意見。
前にも書いたが、この問題ですでに損害が100億とも言われている。
都民の税金から無駄なお金が100億円。
いくら年間予算が13兆ほどあるとはいえいかがなものか?
それも「安全」のための地下室を「安心」ではなくしたのは誰?
前都知事のケチな散在に比べれば、相当な罪にも思える。

また本来は築地を4000億円で売却する予定だったのが
売却なしで築地で食のテーマパーク?
環状2号は築地で止まったまま。
オリンピック間に合うのかい?
都議会自民憎しで、豊洲に反対の共産党に乗かった小池さん、
行き当たりばったりの政策に邁進しなければよいが・・・。

それでも都民は圧倒的に「小池さん」が良かったのかね。
地滑り的な結果なんだろうか。
あまりにも一方的な結果に私の中では???
と言うより、はっきり言って、都知事失格だと思うのだが。



posted by scarecrow at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

父の日

早朝野球から帰ってひと眠りから覚めると
長女からの荷物が届いていた。

私の大好きな「ちりめん山椒」
「お父さんありがとう」の文字が透けて見える。
父の日.jpg

送り主の名前は「山田」ではなく
この3月に変わった名字。
分かっていても何か不思議な気がする。
「お父さん、お父さんとお母さんの結婚記念日に
 私入籍していい?」
その時は
「うん」
と言う以外に言葉が見つからなかった。

ちりめん山椒の箱を見ていると
小さいころからの思い出が走馬灯のように…。

かつてこんなブログを書いていたが・・・。


その時期は過ぎて、新しい世界へ旅立っていった娘。
井上陽水のこの曲が頭に浮かぶ。


来月結婚式を挙げる。
その件で先日電話があった。
「お父さん、途中まで私と一緒に歩いてくれる?」

そうなんだよな、親は途中までなんだよな。
いつか子どもたちは旅立っていく。

本当にいろんなことがあった。
いいことも、その逆のことも。
もっともっと父親としてしてやれることがあったんじゃないか?
本当に全力でこの子と向き合ってきたんだろうか?
ただ、今は娘の幸せを祈るだけ。
ごめんな、父親らしいことが満足にしてやれなかったんじゃないかな。
でも、お父さんの娘として産まれてきてくれてありがとうな。

この曲聞きながらキーボード打っていたらもうだめ、
涙が止まらなくなってきた。
私は立派な親バカです。
ごめんなさい、今日はこれにて終了。

posted by scarecrow at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました