訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年03月03日

ひな祭り

今日はひな祭り。
我が家では長女も次女も成人して
「ま、いいか」てなかんじで数年前から
お雛様を出さなくなった。

私の故郷、愛媛県八幡浜市真穴地区の雛祭りは4月。
「座敷雛」といって、長女の時だけ
座敷いっぱいに風景を作ってお雛様を飾る。

県外から観光バスが来る。
姪の時、甥の長女の時も座敷雛を作った。
雛大工の下、親戚や近所の人も手伝って
3か月がかりで作る。
4月の2日の夜には「夜雛」のお披露目。
3日は本番。
4日の午前中には取り壊し。
その夜は「雛嵐」といって親戚縁者で大宴会。
甥の長女の時は120人くらいで宴会。



さて、端午の節句は子供の日で祝日なのに
女の子の桃の節句は何故に休みにならない?

「こどもの日」は子供の人格を重んじ、
子供の幸せを図るとともに、母に感謝する
事を趣旨として1948年に国民の祝日として制定。

こどもの日を制定するにあたって、
「3月3日」 「4月1日」 「5月5日」が候補に挙がった。
北海道、東北などの寒冷地でも温暖な時期である
ことを理由に「5月5日」が採用されたとか。

要するに、「こどもの日」と「端午の節句」は
同じ日であるが、意味合いが異なるものである。

ということでこどもの日が5月5日に制定されたため
ゴールデンウィークができたんだな。
桃の節句だと、GWは無かったのかな・・・。

しかし、こどもの幸せと、「母に感謝」、これいいね!

posted by scarecrow at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

歪んだ報道

正男君暗殺事件の報道が一段落すると
森友学園の土地取得問題。

なんでも9億5600万円の土地が
1億3400万円で売却された。
なんと8億2200万円のお値引き。

moritomo.jpg

地下にゴミがありその撤去費用が
8億2200万円かかるそうな。

・・・これは何かある、普通の人なら思うわな。
森友学園以前に近隣の大阪音楽大学が
7億で購入しようとして断られた経緯があるそうだ。
ますますきな臭い。
政治屋の介入が想像される。

こんな土地売買にかかわる真相究明の報道だけなら良い。
ところが左よりのマスコミは、ここぞとばかり
森友学園が経営する「塚本幼稚園」の
教育理念、内容に思いっきり突っ込んでくる。
ちょいと方向が違うんじゃないの?

その前にこの件が公になって以来
2/21までに新聞の取り上げた件数

朝日 17件
毎日 13件
産経  2件
読売  1件
日経  1件

なんと日本を貶めることが大好きな
左寄りの2大新聞が群を抜いている。

TVでもそうだが、坊主憎けりゃ袈裟まで・・・
一私立の幼稚園の教育にあそこまで突っ込むか?
公立ではなく私学である。
何を教えようとよいではないか?
良い悪いは保護者が決めるもの。
良いと思う者は入園するし、嫌なら入らない。
それを鬼の首を取ったかのように
あたかも塚本幼稚園の教育が
間違っているかのような報道。

「安倍総理がんばれ!」の連呼はいかがなものかと思うが
教えていることの基本には共鳴できる。
少々行き過ぎな点はあるが、決して悪くはないと思う。
日本を愛する教育、ナショナリズム、今の時代には大切である。

まあ、これからも朝日、毎日系列は
義務教育でもない私学の幼稚園の指導に
ヒステリックになってバッシングを続けるんだろうな。
いつまで歪んだ報道を続けるのか、あきれた輩である。
こんな新聞社が「社会の公器」と呼ばれているのは
笑えないブラックジョークかな?

posted by scarecrow at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

祝 岐阜薬科大学合格

合格しました!

メールが入った。
今日は岐阜薬科大学の「推薦入試B(センター試験のみ)」
の合格発表。

北高のA君、先月の推薦入試Aでは残念な結果だった。
私は推薦入試A(個別検査)は五分五分と見ていた。

落ちた直後は少しがっかりしていたA君
すぐにねじを巻きなおし、センター試験に向かった。

そして自分の納得のいく結果を出してきた。
本当におめでとう!


posted by scarecrow at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

祝 岐阜大学合格

さっきRさんとご両親が来塾。
うれしい合格の報告だった。

お母さんから手紙をもらった。
めちゃくちゃ嬉しかったな。


春休みから彼女には、学志舎のコーチとして戻ってきてもらう。
今までの経験を活かして、きっといいコーチになってくれるだろう。

本当におめでとう!


追伸

お母さん、子供が卒塾しても
学志舎のイベントの参加はいつでも歓迎ですよ。
今年の11月は木曽三川公園のコースを
チームメイトとして一緒に走りましょう。
お待ちしてます!

私たちを信じてRさんを預けて下さったこと
本当にありがとうございました。
posted by scarecrow at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

トランプ大統領

就任前から何かとマスコミを騒がせるアメリカ大統領。
今回は司法長官代理を解任した。
まあ、民主党政権の残り香である長官代理なので
トランプ攻撃は当たり前のことであり
解任もとくに驚くことではない。

img_c13c372876f5441bd350585a5363861b166773.jpg

ワイドショーでは大統領のやり方を批判的に
紹介しているが、はたしてそうなのであろうか?

お騒がせなのはマスコミであって、
大統領は選挙公約の一つ一つを
確実にそして迅速に実行しているだけである。

メキシコとの「壁」など、多くの人は選挙戦での
パフォーマンスで、本気にした人の方が少ないのでは?

TVでは米国のデモの様子が紹介される。
しかし、そのデモが民主党の支持基盤が強い
場所であることは伏せられている。
あたかもアメリカ国民の大半がトランプに反対のように。
情報操作って怖いと思う。
ウォール街の手先でもある米マスコミを
トランプが毛嫌いすのは当たり前である。

ある意味で、日本の政治家も見習わなくてはならない。
日本では選挙公約はただのリップサービス化している。
本気で実行する政治家など、一握りである。
まともな選挙公約さえできない政治屋もいる。

TPPをやめこれから日本と2国間での協議となるが
安倍さん、さてさてイーブンな交渉ができるであろうか?
そうとうタフなネゴシエーターである。

米軍駐留費の全額負担・・・?
これを機に、自衛隊の在り方なども見直せばよい。
自分の国を自分で守るのは当たり前のことである。
もっと国防に力を入れ、防衛費は使うべきである。
こんなことを言うと、日本はまた戦争に向かう!
などと言う頭がお花畑の人たちがいる。
戦争にならないための防衛力強化なのである。
大陸の一党独裁の赤の大国の横暴はとどまる事を知らない。
東南アジア諸国との安全保障とかを先頭に立って考え、
集団的自衛権など限定的ではなく
当たり前に他の先進諸国と同じように行使できるようにすべきである。

ウォール街をはじめとする、米国アッパー層(グローバリズム)
VSトランプ大統領(反グローバリズム)の戦いは今後も続であろうが、
これは今の世界の流れであり(反グローバリズムを選択した英国のEU離脱も)
いまだにグローバル化をお題目のごとく唱えるまさに周回遅れの日本は
ぼちぼち世界の潮流に気づいてもいい時期なのではないだろうか?
ヒト・モノ・カネの国境を越えた自由移動。
特にヒトの問題で、アメリカ・EUはほころびが出てきているのにね。
その真逆のことを日本ではやろうとしている。

なにはさておき、しばらくは実行の人
トランプ大統領から目が離せない。

posted by scarecrow at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

メジロ

長良川の左岸をジョギングをしていた。

長良橋から忠節橋を折り返し
四屋の交差点手前の階段から上の道路に上がる。
道路を渡っていると、道の真ん中に小鳥が死んでいた。

メジロだった。

そばには山茶花の木があった。
そこから飛び立って車と接触したのであろうか。

車にひかれてペシャンコになると可愛そうなので
とりあえず道路から木の根っこに移動させた。

家に帰りシャワーを浴びてスコップ持って現場に向かう。
金華山から飛んできたんだろうな、と想像し
伊奈波神社の池のわきの木の根っこに埋める。

DSC_8505.JPG

田舎ではよく見た可愛い小鳥である。

      合掌

posted by scarecrow at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

全国都道府県対抗女子駅伝2017

Qちゃんも大学時代に岐阜代表で出場した
都道府県対抗女子駅伝が京都で開催された。

駅伝はなんでも100年前から始まったらしい。
京都は三条大橋から、東京は上野、不忍池まで
23区間514qを昼夜を問わず、3日間かけて走ったそうだ。
参加チームは、京都&名古屋、東京の2チーム。
天竜川や木曽川は渡し船で渡ったという。
いやはやなんとも壮大でのんびりした雰囲気?

ちなみに「駅伝」という名は
主要な道に駅を置き、馬や宿を提供した
古代の「駅馬伝馬」からきている。

さて、京都は吹雪いてコンディションは悪かった。

C2L3Hf3UQAAso-i.jpg

1区の区間賞は埼玉の阿部選手。
区間賞のインタビューに対して

「皆さんのおかげで路上に雪がなくて、すごく走りやすい
コンディションになっていたので、本当にありがたいな
と思って走っていました」

いやいや道路にはところどころに水たまりもあり
1区はまだ吹雪いてなかったといえどコンディションは良くなかった。
う〜む、それなのに感謝をしながら走っていたんだ。

そういう気持ちって本当に大切だと思う。

今日はセンター試験2日目。
6年前の記憶が蘇る。
2年生のGW明けに入塾した長良高校のY君、
部活をやりながらも志望校に向かって猛勉強。
学年で真ん中くらいの成績が、ぐんぐん伸び
3年の春には校内でトップに立ち、
晩秋の全統模試では岐高の生徒もぶっちぎり、
岐阜県でトップに立った。

センター試験の朝5時半に目が覚め
自室で地理の勉強を始めた。
しかし
「何か違う!」
と思い、机の中から便箋を出して
両親に感謝の手紙を書き始めた。
そして会場まで送ってくれたお母さんに渡したそうだ。

偏差値が高ければいいってもんじゃない。
20年も塾をやってると、子供たちに何が必要なのか
そういう思いにとらわれる。
得た知識は、何のために使わなければならないのか。

自分ひとりで生きていけるわけではない。
いろんな人に支えてもらって生きている。
いろんなもののおかげで今がある。
それに気づいて感謝ができるかどうか。
その気持ちが人を向上させる。
モチベーションをアップさせる。
人のために自分の力を活かせる。
人に必要とされ、さらに自己を向上させる。

心豊かな近未来の大人を一人でも多く育てるために
私はこれからも塾を続けるのだろう。
posted by scarecrow at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

センター試験2017

今日はセンター試験。
今年も岐阜大学へ塾生の応援に行ってきた。
繰船橋を渡ると渋滞の列。
南へ逃げ西へ、そして岐大前の道を北上。

今頃試験の真っ最中。
自分の普段の力を出せば大丈夫。
がんばれ学志舎の受験生!

センター.jpg
担当のコーチの激励に、にっこりピース

明日も応援に行く。
posted by scarecrow at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

壮行会・合格祈願

毎年センター試験前の木曜日は壮行会。
今年も伊奈波神社で受験生の壮行会・合格祈願。

18時から始まった御祈祷、一人ひとりの名前、住所、志望校
が読み上げられ、神様に合格を祈願する。
祈願1.jpg

そして巫女さんの神楽。
祈願2.jpg

玉串奉納、二礼、二拍手、一礼。
祈願3.jpg

終了後には、お神酒。
生徒は飲めないので、杯だけを頂く。
祈願4.jpg

保護者は・・・お神酒をいただきます。
祈願5.jpg

塾へ戻り、一人ひとりに受験グッズを渡す。
祈願8.jpg

祈願7.jpg

さあ、高3生は目前に迫ったセンター試験に全力であたれ!
中3生、期末と実テに全力を注げ!



posted by scarecrow at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

勝鳥神社

酉年に勝つ!
受験生にぴったりの神社があった。

次女から聞いた。

なんでもTVで見たらしい。
昨日早速行ってきた。

彦根の田舎の本当に小さな神社。
しかし、観光バスが止まっていた。
おばちゃんたちでいっぱい?
受験生とその親らしき人達もちらほら。

1.jpg

12年に一回賑わう神社なんだろうな。

2.jpg

普段はどこの神社へ行っても、今まで家族が元気で
過ごせたことのお礼をするだけ。、
しかしこの時期だけは違う。
受験生一人一人の顔を思い浮かべて
ここぞとばかり神様に一生懸命お願いをする。

12日も伊奈波神社で再度お願いをする。





posted by scarecrow at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました