訪問いただきまして、ありがとうございます。

2017年05月01日

岡山へ

毎年GWには岡山で映像学習勉強会がある。
今年も会場である市民会館へ行ってきた。


高校生の指導、映像でお世話になっている
(有)学匠の国広先生と島村先生が講師。

@基調講演 大学入試改革未定の中、何が「準備」となるのか

A高校部運営実践
  1)映像授業の用い方〜基本再確認
  2)受験指導分析編 
     「モチベーション」or「出願」の切り札となる
      全国公立大の特殊学科編
  3)映像で学べる高構成にするために


13〜18時まで、今回も中身の濃い勉強会だった。
岡山.jpg

posted by scarecrow at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

GW前の独り言A麻生財務相

先週麻生財務大臣は
「消費税が上げやすい状況になった」
と発言した。

ん???

安倍さんは口が裂けても言えないと思うが
アベノミクスは誰が見ても大失敗。
総理就任以来日本のGDPは減少している。

麻生さんの発言の裏には何があるのか?
私には「上げやすい状況」が何かさっぱりわからない。
財務省の思惑があるのだろうか。
財務省は何かあるときには(増税)
政治家や識者のもとへ2、300人態勢で
レクチャーに走るらしい。

経済の「け」の字も知らない政治家などは
財務省の官僚の言うことを鵜呑みにして
恥もなくTVでお題目のごとく聞いた話をそのまま発言するらしい。

昨年春に安倍さんは
ノーベル経済学者のスティグリッツ教授と
スティグリッツ.jpg

消費増税を安倍さんにとどまらせたクルーグマン教授に
kuru-gumann.jpg

あえて「財政出動」を言わせたのではなかったのか?
財務省が何としてもやりたくない財政出動を。

過去に例を見ない金融緩和政策に走った日銀。
それはそれで間違っていない。
しかし政府は緊縮財政と言うブレーキを踏み続けてきた。

デフスパイラルの今だからこそ政府が財政出動して
需要を作り景気を刺激しなければならない。
先行きが見えない現状で、いくら金利が低いとはいえ
起業が金を借りて投資をするはずがないではないか。
内部留保と自社株買いに走るのは当然である。

需要がないのであれば、それを作るのが政府の役目である。
少子化が問題となっている今こそ
将来のためのインフラ等にガンガンお金うべきである。

大型コンテナ船は日本の港が小さく浅いため入れず
韓国の港に入港後、小分けして日本に運ぶそうな。
だったら港湾整備をすればよい。
高速道路は韓国より短い。
(総キロ数ではなく、国民一人当たり)
災害大国日本、高速道路網の整備、老朽化した高速の
整備もするべきであろう。
インフラをしっかりと整備して生産性を上げることは
将来の日本に間違いなく必要なことである。
こういうと「土建業者に金をばらまく!」と
言う輩がいる。
何が悪いのか論拠もないままににね。
おまけに赤字国債と建設国債をごっちゃにして・・・。
さらに言うと、北海道あたりの高速を例に出して
無駄に税金を使ってます!
それはほんの一部の話でしょ。
さらに
「家計では、収入より出費が多いのはありえないでしょ」
あのな〜家計と、国家とは違うんです。
家計では収入以上に出費をすることはできないが
国家ではそれをしないといけない状況ではやるんですよ。
そのために国はやれる仕組みになっている。

塾の生徒には何度も口を酸っぱくして言っているが
「国の負債は1000兆円」
「国民一人当たりの借金は八百万円」
こんな財務省のウソに騙されてはいけない。

赤字国債って何?

政府が借りたお金でしょ?
多くは銀行、証券会社など。
政府の子会社ともいえる日銀が
お金を刷って買い取ればハイ終わり。
現実には、各銀行の日銀当座預金の残高が増えるのだが。
現実ここ数年で2〜3百兆買い取ったんじゃないのかな?
残高は急激に減少している。
そうすると「ハイパーインフレになる」
という経済学者がいたが、
この数年国債を日銀が買いまくっても
一向にインフレになる様子がない。

飲む打つ買うのぐうたら亭主が、いかにサラ金で金を借りても
お母ちゃんが、押し入れの中に造幣機を持っていれば
全然平気でしょ?
諭吉さんをガンガン刷って、いくらでも借用証書を引き取ります。

おまけに言うと、銀行が国債を買うそのお金って
誰が預金したものなの?
国民、企業でしょ。
そうすると、国民に債権はあれど借金は無いのでは?
財務省は増税したいと「国の借金」のまやかしのレトリックを使い
政治家や小賢しい識者の口から出まかせを言わせ
増税やむなしの雰囲気作りに奔走する。

生徒には
「国の借金が〜」
とTVで言ってる政治家や経済学者は
国賊者であると認識せよと言ってある。

ちなみにヨーロッパのギリシャとかが経済破綻したのは
通貨がユーロであるから自国でお金が発行できないからでしょ?
ユーロ建ての負債だから。
けっしてギリシャ国民が怠け者で働かないからではありません。

日本は未来永劫破綻することは無い。
地球が破滅する日がきても。
それなのに格付け会社は日本を・・・よくわからんね。
アメリカよりもマイクロソフトの方が格付けが上ってのも
あり得ない話である。
それを考えるとムーディーズ、S&Pなどの名だたるは
格付け会社がいかにいい加減であるかが分かる。

何が言いたいのか分からなくなってきたが
麻生さんの発言から何かきな臭いもを感じる。
安全保障では何とか及第点ではあるが
経済政策はさっぱりの安倍さん、さてどうするのかね。

最後に、デフレ下で自由貿易を推進したらどうなるか、
米国抜きでもTPPを推進しようとしている麻生さん。
いつまでたってもインフレの世界はこないのでは?

行き過ぎたグローバル化を是正しようともがいている
先進諸国の中で、周回遅れのランナーのごとく
唯一「グローバル化」を叫んでいる日本。
政治家の方々は、確かに学校のお勉強はできたかもしれないが
社会に役に立つお勉強をもっとしてほしいね。

あ〜終わらなくなってきた、ハイ終了、ちゃんちゃん!


posted by scarecrow at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

GW前の独り言@小池都知事

緑のイメージカラーで、圧倒的な支持を得て
都知事に当選した小池百合子氏。
koiuke.jpg

何やら師である小泉元総理よろしく

4875855.jpg

敵を作ってはそれに対峙するヒロイン役のように
振舞う劇場型の政治に邁進しているように見える。

築地移転問題など、一体どうするつもりであろうか?
豊洲の地下に「盛り土がない」を騒ぎ立てた
共産党に乗っかったがいいわ、
今では引くに引けなくなってしまった。

盛り土をした場合、地下からの汚染水が
地表まで染み出す可能性があるので
地下にモニタリング空間を作り
そこから地表に出ないようにポンプで汲みだす。
科学的に安全な方策をとったまでの事だった。

それが、鬼の首を取ったかのように
「盛り土」「盛り土」とマスコミとともに大連呼。
「盛り土」をしないようにした犯人?探しに躍起。

世界に誇る日本の科学では
地下空間を作り、汚水をくみ出す方が
    「安全」
だということが分かっていたから
盛り土なしにしたのにね。
たとえ環境基準の何倍もの濃度があっても
地表に出なければ何の問題もない。

私はワイドショーを見ながら???
良い方に方向転換したのに
都民に黙って盛り土をしなかったのが悪い?
何を問題にしたいのかさっぱり分からなかった。
本当の論点は安全か安全じゃないかでしょ?

小池さん先月には苦し紛れに
「安全だが安心ではない」
と意味不明なコメント。

はあ、それを言うなら
安心でなくしたのは誰なんだ?
それは貴女でしょ。

都はすでに移転補償金などで95億円の負担を強いられるらしい。
小池都知事はどう思っているのだろうか?

お金の問題で都庁を追われた前舛添知事は
いくらの浪費で辞めさせられたんだ?
AS20160520004378_comm.jpg

それを考えれば小池さん、この件だけで辞職ものではないかな。
小池さんに乗っかったマスコミはいまさら叩けないんだろうね。
本当に毎度生徒に言っているが日本のマスコミのレベルは低い。

石原元都知事が小池さんを批判したのは
もっとも至極なことだと思う。
無駄にお金をどぶに捨てているのだから。
都民は知事に対して怒らねば!
都議選のための人気取りに、しょうもないことを政争にする知事に対して。


posted by scarecrow at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

吉野千本桜

この5年間、ずっと行きたいと思っていた吉野の桜、
本日やっと行けた。

駐車場に着いて、P代を取りに来たおばちゃんに聞く。
「奥まで行くにはどのくらいかかりますか?」
「15分、いや30分くらいですかね」
??15分と30分ではずいぶん違うぞ??

夕方の授業に間に合うように帰らないといけないので
往復1時間なら何とかいける。

吉野の桜は入口の方から
上千本、中千本、下千本、奥千本と4つにわかれている。

駐車場を出るとすぐに上千本が見える。
上千本.jpg

上千本から中千本へ向かう。
平日だというのにすごい観光客。
この時点ですでに20分を超過。
中千本では40分。
おばちゃん、話が全然違うじゃないか!!!
中千本.jpg

下・奥千本へ行くのをあきらめて引き返す。
しかし、吉野の桜は噂にたがわず美しかったな〜。

また来てみたい。
その時は奥まで行けるように時間にゆとりをもってね。


続きを読む・・・
posted by scarecrow at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

長野・ 善光寺へ行く

昨日長野へ行ってきた。

飯田に住む姉に用事があったので
ついでに長野市まで足を伸ばした。

長野の目的は善光寺。
それは・・・事務長の以前からの要望。

9時に岐阜を出発。
飯田で姉に会いそばを食べ、1時間ほど話をして善光寺に向かう。
片道4時間の車の旅。
善光寺2.jpg

善光寺・・・高校の修学旅行以来42年ぶりかな。
1975年10月23日の午後だった。
22日に愛媛を出発して松本泊。
翌日美ケ原高原美術館、松本城見学の後に善光寺へ。
そして志賀高原泊。
徹夜で賭けポーカーに興じていた私と友人は
翌日の午前中の観光はパスしてバスの中で爆睡。
そんなことを許してくれた担任もおおらかだったな〜?(笑)
24日は湯元温泉泊。
25日は東京泊、私の17歳の誕生日会
を友人がやってくれてうれしかったな。
26日大阪行きの寝台列車泊、愛媛へ帰る。
5泊6日の旅だった。

修学旅行の数日前に、友人宅に7,8人が集まり
とりとめもない話をしたことを覚えている。
その時に一人が
「21世紀には俺たちは40過ぎのおっさんやな〜」
そんなのありえないってかんじで皆で笑った。
そんな日が来るなんて、その時には想像もできなかった。
自分がオッサンになるなんて。

今となっては40歳って若いと思う。
人生の折り返し地点をとっくに過ぎ
残りの人生を考える年となった今
何のために仕事をしているのか
自分なりの明確な答えがある。

人材育成。
そう、エリートを育成したい。
私の言うエリートとは世間で言うのと少し違う。
世のため人のために、自分の人生を賭して
仕事ができる人間。

世に出て役に立たない偏差値馬鹿(お勉強だけはよくできる)
だけは作りたくない。

以下は誰が言ったか知らないが、
数年前にネットで見たこと。

成功者には3種類の道があります。

1.この世において地位名誉、財産を残した生き方をして成功した人。
2.この世において社会に貢献する組織を残して成功した人。
3.この世において後世に社会に貢献する人材を残して成功した人。

このことを昔の偉人は
小さく成功した者は“お金”を残した人である。
中くらいに成功した者は“組織”を残した人である。
最大の成功者は後世に向かって“人材”を残した人である。
と言い伝えられています。

さて、あなたはどの
成功者の道を選びますか。



だから私の塾は、子供たちの
「自律」
を全力で支援する。
posted by scarecrow at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

野球開幕

開幕と言ってもプロ野球ではない。
私のチームが所属している草野球
「岐阜ミーティングリーグ」

昨日7時半に岐阜市民球場に集まる。
8時から開会式。
私は役員としてスーツで参加。
DSC_8540.JPG

そして開幕戦は1時から。
相手はここ数年分が悪いF。
ロースコアの僅差の接戦を落としている。

一回表四球の先頭バッターを一塁に置いて
三番のNが右中間へフェンスオーバーのホームラン。
エースも好投し、3−0で勝利。

私は最終回一死1塁から代打で出場。
1−2からスライダーに絞っていた。
しかしアウトハイのストレートを見逃がしの三振。
はっきり言って、手が出なかった。
若い時ならカーブを待っていても手が出ていたのにな。
Fのエースからいくつめの三振だ?
悔しくて悔しくて・・・。
後期に対戦する時は何としても打ちたい!
この年になると、自分の子供のような年の子たちと
多く対戦する。
・・・毎日素振りをしよう。

posted by scarecrow at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

岐阜祭り宵宮

今夜は岐阜祭りの宵宮。

全く行く気がなかったのだが、
事務長がなぜか「ねえ、行かない?」
と何度も誘うので行くことにした。

自宅の100mくらい北の交差点へ。
そして伊奈波神社へ(歩いて2,3分)。
うん、久々に来てみたが結構よかったな。
小さい頃田舎では春と秋にお祭りがあった。
気分はうきうきで、小遣いをもらって出店で
いろんなものを買うのが楽しかった。
神社ではお神楽があり、小さい頃は怖かった。
青年団の人たちの牛鬼も見ごたえがあった。
酔っぱらって、海へ突撃するのが楽しみだった。

祭り・・・東北三大祭りが見てみたいね。
特にねぷたかな。
いけるかな・・・?
posted by scarecrow at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

USJバス旅行

昨日は塾のバス旅行。
昨年はTDL,今年はUSJ。
6時20分伊奈波神社でバスに乗る。
DSC_8531.JPG

10時過ぎUSJに到着。
チケットを配り三々五々に皆思い思いのところへ。

DSC_8532.JPG

私は事務長とまずはジュラシックパークへ。
11時ごろから雨が降り始めrた。
続いてスパイダーマン。

昼食はハンバーガーセット。

食後に一昨年乗れなかったハリーポッターへ。
DSC_8533.JPG

この日最後にシン・ゴジラ。
合羽を着て傘をさして列に並ぶ。
あとは寒かったので土産売り場の中でウロウロ。

6時過ぎにバスに戻り本を読んでいたら睡魔が襲う。

7時50分全員がバスに戻り、岐阜に向かう。
11時半伊奈波神社到着。
最後までバスの中は元気な生徒達で騒がしかったな。

来年はTDSかな。
posted by scarecrow at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

胃カメラを飲んだ

今朝次女に日赤へ送ってもらう。

10時15分内視鏡科へ。
問診票の「鎮静剤」のところだけ空欄にして出した。

ほどなく看護師さんが
「山田さん、鎮静剤はどうされますか?」

「足立先生は打たない方がいいと言ったんですが、
 どうしたらいいのかわからないもので・・・」

「9割の人は打ちませんよ。のどの麻酔をしますから
 まあ大丈夫かとは思いますが」

意を決して
「じゃあ、なしでお願いします。(オレはびびりじゃないぞ!)」

椅子にかけて待っていると70歳くらいのおじいちゃんが呼ばれた。
「〇〇さん、鎮静剤を打ちますから・・・」
えっ?打つ人いるんだ、あ〜打っとけばよかったのかと少し後悔。

看護師さんに渡された注意事項を読む。
「胃カメラを飲んでいるときは力を抜いてください。」
そうか、皿に上のプッチンプリンになればいいんだな。

名前を呼ばれ部屋に入る。

紙コップ一杯の胃の泡を消す薬とやらを飲む。
まずくはない。
続いて肩に胃の動きを抑える筋肉注射。

「筋肉注射ですから少し痛いかもしれません。
 液が入るとき、また痛いと思います」

そう言えば小学校の頃のインフルエンザ、日本脳炎の
注射痛かったな〜と、あの痛みを思い出す。

しかし、まったく痛みを感じない。
やはり緊張していたのかもしれない。

ベッドにあおむけになり、ゼリー状ののどの麻酔剤を
注射器で口の奥へ。

「3分間、のどの奥にためといてください」

そう言われてもなかなか難しい。
入れらてすぐに少量ゴックン。
のどを動かすたびにゴックンゴックン、少しずつ飲みこんでしまう。
3分後吐き出す時にはほとんどなかったような。
しかし、のどの奥はしびれているから大丈夫?

最後に先生、のどの奥へトドメのスプレー。


そして左を下に横になり、いよいよ胃カメラ登場。
P1010754.jpg

先端が不気味にチカチカ点滅している。
「体の力を抜いてくださいね」
と看護師さん。
内心で
「わかってます、わかってます、プッチンプリンになればいいんでしょ」

マウスピースをくわえさせられ
いよいよ胃カメラが口のなかへ。
胃カメラ2.jpg
   (私ではありません)

まずは一番の難所ののどから食道へ。
ここでまず「オエッ」とえづく。
涙が出そうになる。
鼻で息をすることができない。
「えっ?どうしよう・・・あ、口で息はできる」

気づくと体に力が入っている。
「いかんいかん、俺はプッチンプリンだ」
皿に乗ったプッチンプリンをイメージする。

先生はモニターを見ながらカメラを奥へ入れる。
私にはモニターが全く見えない。
きっと食道から胃へ入るときだったと思う
再び「オエッ」

再び気づくと力が入っている
「俺はプッチンプリンなんだ」
ボヨヨ〜ンと脱力していなければ。

苦しいような苦しくないような変なかんじ。
胃の中で動いている感じがわかる。
そして先生はまたカメラを奥に入れる。
胃から十二指腸に行ったかな?
嫌な感じ・・・。

少しずつ抜きながら写真を撮っているのだろうか。
と思うとまた入れる。
「エッ、何か悪い部分が見つかったのかな・・・」
不安になる。

またもや体に力が入っている。
「プッチンプリン、プッチンプリン」
思い浮かべてもこの時ばかりは食べたいと思わない。

胃から食道へ。
また何か作業をしている。
「異常な部分があるのだろうか?」
さらに不安はつのる。

そして胃カメラは抜き去られた。
できればあまり飲みたくない代物だった。

終わった・・・苦しい?いや気持ち悪い?
何と表現したらいいのだろう。
隣の部屋でしばし待たされる。

そして先生、PCの写真を見ながら解説。
食道から胃への入り口周辺が赤くなっている。
食道炎.jpg
 (私の食道ではありません)

「逆流性食道炎ですね」

その言葉に肩から力が抜ける。
「よかった、癌じゃなかったんだ」
胃の中はきれいだった。
先生はやはりその奥の十二指腸付近までカメラを送っていた。
十二指腸もOK。

のどのつっかえは、赤く炎症が起きているところだとか。

日赤から歩いて帰り、伊奈波内科へ。
処方された薬をもらい帰宅。


本当はこれまでの不摂生を考えると
半分覚悟していた。
ネットで見ると、自覚症状がある食道ガンは早い。
半年くらいかな?
私の友人も手術後半年で逝ってしまった。

でも不思議とガンでも死なないんじゃないか
と楽観視していた自分がいた。
まだまだやらなければならないことがある。
まだで死んでなるものか。
そんな思い。

今回の事象は私に何が言いたいのか?

わかってます、わかってます。
もう少し老いゆく部品をいたわって、大事に使おう。
残りの時間を完全燃焼しなさい!






posted by scarecrow at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

医者へ行く

先々週から胸・・・食道がつかえる違和感。
事務長に言うとアッサリ「食道癌じゃない?」
先週末に少し良くなりかけたが、土曜日の飲み会でまた復活。
冷たいもの、熱いものが通るとしみるような感じがする。
正月以来皆勤賞だったアルコール、
日曜日から今日まで4日間、体が受け付けない。
体が少ししんどくて、飲みたいと思わない。

午前中事務長が
「医者に行ってきたら。伊奈波内科午前中はやっとるやろ?」

伊奈波内科へ行き、先生に症状を言うと
「山田さん、心電図とレントゲンとりますね。」

両方が終わり診察室へ。
「心電図、心臓は異常ないですね。
 食道はこれ(レントゲン)だけではわかりません。
 健康診断は受けたことは?」

「27年間ありません」

「胃カメラを飲んだことは?」

「ありません」

「じゃあ、一度見てもらいましょうか」

「先生、X線写真では分からないんですか?」

「詳しくはわかりませんね。」

「胃カメラってどんなもんでしょう?」

「う〜ん、まな板の上のコイですね。」

「辛いんですか?」

「まあ大丈夫だと思いますが、ビビりの人は
鎮静剤を打ってもらうということもありますが
あまりお勧めしませんね」

私はビビリだと思われているのだろうな。
事務長はよく言う
「お父さんは痛みにからきし弱いしビビリだ」

そして日赤への紹介状を書いてもらうことになった。
病状について何の言及もなくて、
「胃カメラで検査をしましょう」
がなにか不安を掻き立てる。

食道ガンなのか?

午後から受付のお姉さんから
29日の10:15に予約が取れたとの電話。

あ〜何か不安・・・。

結果は神のみぞ知る。

posted by scarecrow at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました