訪問いただきまして、ありがとうございます。

2016年12月29日

冬プロ2016前半終了

本日で冬プロの前半が終了した。
計画学習が順調な生徒、うまくいってない生徒様々だが
うまくいってなくても、これから修正して立て直せばよい。
それが大切。

人生うまくいくときばかりではない。
自分で修正して、やり直せる人間になってほしい。
一度や2度の失敗などなんのその!?
その練習を今、学習を通じてやっている。

毎年恒例の受験生への一足早いお年玉。

kome.jpg

頑張れ受験生!

posted by scarecrow at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

冬プロ2016

冬プロとは冬期講習会の事。
学志舎の冬期講習会は全員が違う内容。

冬プロ前に「自己分析シート」を書いてもらい
各自の現状と今後の課題を自分なりに考えてもらう。
それによって、館長と話をして塾から一人ひとりに提案書を出す。
そしてその内容に沿って、5年生以上は各自が計画を立てる。
そこから冬プロはスタートする。

冬プロ=winter project のこと。
冬の計画学習である。

昨日午後からの至誠館の様子。
DSC_8449.JPG

DSC_8448.JPG

15時からの10分間の休憩時間、生徒にある提案をした。
みんなノリノリで了承。
しかし笑いをこらえきれず、噴き出す生徒が続出。
撮影は難航したがtake6で完成!


さあ、前半は明日で終了。
計画に遅れがある生徒は、正月も教室に来る予定。

がんばれ!

posted by scarecrow at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

マラソン学習会

今さっき終了。

今日は9時からマラソン学習会。
休憩なしの真冬の8耐。
昼食の時間もなし、食べながらの学習会。
マラソン勉強会.jpg

結構生徒は楽しみながらやってる感じだった。

途中、中3夏プロでは毎度おなじみ「チャンス問題」
で盛り上がり、また学習に集中する。
marasonnbennkyoukai.jpg

さて、今年のイベントは大晦日の
「年越し勉強会」を残すのみ。

年と共に一年が過ぎるのが早くなるような気がする。

参加してくれた生徒たち、お疲れさん、ありがとう!
続きを読む・・・
posted by scarecrow at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

個別説明会

今日は午前中長良で、午後から伊奈波で個別説明会。

午前中来てくれた中1の生徒のお母さん、
一時間半の説明会が終わった後
「この子が小さい頃先生の白黒の
 手書きの新聞チラシを読むのが楽しみでした。
 今でもとっています」

この2年、新聞チラシを打つのをやめている。
10年くらい前は、コピー用紙とか、わら半紙で
モノクロのチラシを打っていた。
うんうんうなりながら、内容を考えていた。
その頃のチラシをまだ残していてくれてるんだ。

懐かしさとありがたさ・・・私のチラシを
楽しみに読んでいてくれたお母さん。
本当にありがとうございます。

ブログはずっと続けていますので読んでください。
チラシ・・・さてどうしようか・・・。
posted by scarecrow at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月10日

年末の教室大掃除

夏と冬には生徒の有志による教室の大掃除をする。
いつも使っている机、イス、本棚他に
感謝の気持ちを込めてきれいにした。
育真館は10時〜12時、至誠館は12時〜1時半。

掃除2.jpg

掃除6.jpg

掃除3.jpg

掃除5.jpg

そして終わったあとは参加者で弁当を食べて解散。

弁当.jpg

みんなご苦労様でした。
教室がピカピカになりました!!!
posted by scarecrow at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

陸上自衛隊豊川駐屯地66周年祭

事務長と二男の3人で陸自豊川駐屯地へ行ってきた。

観閲式の後はパレード。
パレード2.jpg

パレード3.jpg

パレード1.jpg

隊員の家族も結構来ていたような。
私たちの前には二人の女の子がいた。
後ろにお母さんがいて
「お父さんはトラックの助手席に乗っているから」
なるほど、ほどなく前を通ったトラックの助手席の男性が
二人に向かって手を振った。
右下に映っている紺のニット帽の若い女性は
ご主人だろうか、ジープに乗った男性を
一生懸命動画撮影していた。

パレードの後は訓練展示(軍事演習)。

軍事演習1.jpg


戦車の発砲は振動がすごかった。
見ごたえのある迫力ある演習だった。

その後バザーで昼ご飯を食べ
(自衛隊カレー300円、焼きラーメン300円)

装備品展示を見に行く。
豊川.jpg

ここでも隊員の奥さんであろう、
赤ちゃんをベビーカーに連れた女性が
隊員と談笑する姿が見かけられた。

ふと思った。
南スーダンへPKOに行っている隊員の中には
愛する妻や子供を日本に残し任務に着いている
方々も多くいるであろう。
送り出す方も、行く方も心配だろうな。

世界の平和のため、我が国のために
働いている自衛隊員に頭が下がる思いだった。

憲法改正の議論が出るが、
アメリカが作った、今では化石の様な憲法を
後生大事にしていかなくてもよいと思う。
憲法とは時代とともに必要に応じて改正するものである。
日本では過去において9条が神格化されるあまりに
この議論に蓋をし続けてきたもいえよう。

我が国の平和は9条があるからなどと
世界の軍事バランスを含めた情勢がわかっていない
いわば頭の中がお花畑の方々にはため息が出る。

はっきり言えば、この国はいろんな意味で
自衛隊によって守られている。
さらに言えば、対外的には日米安保。

ドイツ59回、フランス27回、カナダ19回
イタリア16回、アメリカ6回。
これは憲法が改正された回数。
70年間も改正されない憲法・・・ギネス申請すればよい。
メキシコのように400回も改正されるのは
はたして憲法といえるのか?とも思うが(笑)

話はそれたが、今後とも自衛隊の方々には
この国の平和の為に頑張ってもらいたい。


posted by scarecrow at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

腕が上がらない…最高のマウンド

初めて長良川球場で試合をした。

同じチームでプレーをする長男は仕事で出場できなくて、
私が試合をすることを羨ましがっていた。
長男は、小学校のスポ少で県大会に出場するも1回戦で敗れ、
ここで試合ができなかった。
中学でも、高校でもここで試合ができなかった。
やりたかっただろうな。

野球1.jpg

さて、試合は優位に進み3回からブルペンでピッチング。
どこでも同じ18.44mなのに、ここはなぜか近く感じられる。
野球7.jpg

そして4回裏からマウンドへ上がる。
野球3.jpg

さすがにプロが使う球場は違う。
めちゃくちゃ投げやすくて最高。
これで観客がいれば、何とも言えないだろうな。
カーブもシュートも真っすぐも、すべて気持ちよく投げられた。

先頭打者はインコース真っすぐをサード後方のショートフライ・・・エラー。
サードのKがマウンドの私に
「監督、敵はショートにいましたね(笑)」

次打者、アウトロー真っすぐで三振。

3人目、インローのカーブをボテボテのサードゴロ・・・エラー。
マウンドからサードのKに向かって
「敵はサードにもいたな(笑)」

4人目、アウトローまっすぐで三振。
5人目、真ん中カーブをセカンドライナー。
でほっとしてマウンドを降りる。
(普段は守備の堅いチームなんだがな・・・)
野球2.jpg

7-1、最高の気分で試合が終わる。

還暦まであと2年、現役でがんばろうと思っていたが
なぜか「もうういいかな」って気がしたりして・・・。

今日はおかげで肩が痛くて腕が上がらない(笑)

野球5.jpg

この年まで野球ができる身体に産んでくれたお袋、ありがとう。
上3人の子供たちの子育てで大変な時期、(3人ともスポ少&ビーバー〜ボーイスカウト)
ぶつぶつ言いながらも日曜日、毎回野球の試合に出させてくれた事務長、ありがとう。
posted by scarecrow at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

これぞ日本男児!

朝のワイドショーで、防衛大学校開校祭の棒倒しを見た。
迫力満点。

かつてはどこの中学校、高校でも運動会では
棒倒し、もしくは騎馬戦があった。
私も中学時代は引きずり落としの騎馬戦を経験した。

このあたりの中学では、長良中の棒倒しが最後だったかな。
いつしかなくなって、見ても楽しくない運動会に様変わりした。
他の中学は力技の種目はとうに姿を消していた。

なんだろう、親からクレームがつくのか、
はたまた、怪我を怖れての学校側の対応なのか?

この辺りの高校では岐阜高校で棒倒しと騎馬戦が残っている。
頑張って続けてほしいものである。

しかしさすがに防衛大学校、すごい!
はなから負傷者が出るものと、担架が用意されている。
国を守る自衛隊の幹部候補生たち。
見ていてゾクゾクする。
うん、これぞ日本男児!
これだけの観衆が集まるのも無理もないわな。
草食系男子と子離れできない過保護の親はいらんね(笑)




posted by scarecrow at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

42.195qリレーマラソン

今回で7回目の参加。
木曽三川公園リレーマラソン。
例年なら300を超すチームが参加しているのに
今年は100チーム少なかった。

岐阜市のムーミンレディースマラソンと
今では日本マラソン100選にも入り
全国区の人気の大会となった
いびがわマラソンが重なったためか?

例年より参加チームが少ないとはいえ
200のチームが参加するこの大会の醸し出す
お祭り騒ぎのようなこの雰囲気、好きだな〜。
全体.jpg

今回生徒チーム、大人&コーチチームの2チームで参加。
おなじみ?「学志舎魂」のビブスをつける。
学志舎魂.jpg

この大会は1周2qのコースを21周と195m、都合42.195qをチームでリレー。
4〜10人でチームを構成する。
例えば10人ならば一人2qを2回(一人は3回)走ればよい。

10時30分のスタート前に全員で気合を入れる。
周りから「何?」と毎度注目を集める。

2つ張ったテントには食料と飲み物を用意。
食べ物1.jpg

食べ物2.jpg
毎年オムスビ100個に菓子パン、チョコ、キャンディー、キャラメル、パイ。

スタート直後の最初のコーナーにて、橋本コーチと福井君。

しばらくは生徒チームと大人チームがせる。
私から事務長へ、中3林さんから花岡さんへタスキリレー。

3時間を過ぎて先に大人チーム、
アンカーの新井コーチと共に全員でゴール。

3時間半を過ぎて生徒チーム、高2の山田君とともに全員でゴール。

今年も無事参加2チーム完走。
完走できたのも全員が頑張ってタスキを次走者に渡したから。
学志舎恒例の、全員感謝の握手でフィナーレ。

全員で、やったぜ〜!
集合.jpg

毎年自分に渡されるタスキが2走目となると汗でぬれてくる。
その意味を感じる、知る生徒が必ずいる。
一人ではゴールできない。
チームの為に自分は走っている。
ゴールできるのはチーム全員のおかげであると。

今年もみんなありがとう。
また来年参加するぞ!!!

最後に、変顔〜!
変顔.jpg
posted by scarecrow at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

中村文昭さんの講演

今日は午前中岐阜西中学へ。
そう、中村文昭さんの講演を久々に聴きに行った。

中村さんには5年前、学志舎の15周年記念講演に来てもらった。
塾生と保護者だけでは文化センターのホールが(500席)が
埋まらないので、一般公開したところ、講演1週間前で
ほぼ満席状態となった。

一昨年は、北九州市の教育委員会の要請で
半月北九州市で毎日、昼間は中学生に
夜はその保護者に講演をしていたそうな。

校長先生は1年越しで来てもらったと言っていた。
なんでも可児にい時に、2回来てもらったらしい。
DSC_8406.JPG

今回の中村さん、ずっとマジな話。
いつもはどこかで大笑いするところがあるのだが
ひたすら真剣な話。

しばらく聞いていると、先生方向けに話しているようにも思えた。
そして生徒、保護者。

いつもはお約束の4つの決まりごとの話が出るのだが
今回はその中の一つ「頼まれごとは、試されごとに特化。

最後はいじめの話。
現在西中は結構荒れて、いじめもあるらしい。
中村さんがいじめにあっていた話は初めて。
自分の経験談を一つ一つ思い出すかのように話した。
いじめられる方もつらいが
いじめた方はその後何年たってもつらい思いをする
そう締めくくった。

高校時代は悪さばかりして、何度も停学になり
校長先生に学校へ来なくていい
とまで言われていた人間に
今では日本中の校長先生から講演依頼来る。

人の運命はどこでどう変わるかわからない。

中村さんは言う。
人の出会いは必然。
ジャストタイミングでくる。
出会いを大切に、
そしていかに人を喜ばせることができるか。

今回もいい講演を聴かせてもらった。
西中のHさん、教えてくれてありがとう!





posted by scarecrow at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最後まで読んでいただきましてありがとうございました